家づくり 連載

種市勝覺種市勝覺

受験生の子どもの個室。おすすめのインテリアは?【風水で解決】

人間関係やお金に関する、さまざまな悩み。

もしかしたら“風水”に解決のヒントが見つかるかもしれません。

風水コンサルタントの種市勝覺(たねいち しょうがく)先生が、あなたの悩みを、風水の観点から、解決します!

Q: 今年受験する我が子に一人部屋を作りました。風水的に理想的な受験生向けのインテリアを教えて下さい。

受験勉強

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

ご相談ありがとうございます!

一つの空間に置かれたもののすべてが自分に影響を与える、というのが風水の考え方です。

つまり、脳は無意識のうちに空間に何が置かれているかをすべて理解していて、それらが“自分に危険を及ぼすかどうか”まで察知しているということ。

そのため氣がかりなものがあれば、意識がすべてそちらに向けられてしまって、本来集中したいことに氣持ちを向けられなくなるのです。

以上をふまえると、受験生のお子様の部屋づくりにあたって、勉強の集中力を欠くものやいらない連想を引き出すものを徹底的に視覚から排除することが一番。

また視界に入ったときに「勉強頑張ろう」と思えるものを置くことも、とっても大事です!

 

勉強部屋にいらないものとは?

参考書

CORA / PIXTA(ピクスタ)

勉強の集中を阻害する最たるものといえば、不要な文字情報です。

たとえば本の背表紙の文字がぱっと目に入るだけでも、脳は無意識のうちに文字がもつ意味を読み解こうとします。

今やっている教科「以外」の参考書だって、視界に入れば脳に影響を与えています。

言ってしまえば「〜必勝」「絶対合格」みたいな文字列も、取り組む教科とは無関係な文字情報になります。

ハチマキ

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

そのため、まず本棚は無地の布などで目隠ししてしまう、やっていない教科のものはどこか見えないところに片付けるなど、いらない文字情報は排除しましょう。

今“無地の布”と言いましたが、目隠しの布に限らず、ベッドカバーやカーテンなども、できるだけ柄や模様の入ったものは避けた方がいいでしょう。

柄や文字などで動きがあるものは活性度が高く、氣が散る原因になりかねないので、できるだけ無地のものを選んでいただきたいです。

また風水では色も重視します。

部屋の壁紙の多くは白色かと思うのですが、光が反射するために“強すぎる白”は実は「落ち着かない」色なのです。

しかし、壁紙を変えるのはなかなか大変ですから、「暖色系(電球色)の照明」をつけて白色を緩和するなどして、部屋全体のバランスをとることが大事です。

 

勉強部屋に置くといいものとは?

一輪挿し

amethyst / PIXTA(ピクスタ)

リラックスした氣分になれる、自然を連想させるものが理想的。

たとえば一輪挿しや鉢ものの観葉植物などは、自然を連想させてくれますし、心をほっと和ませてくれます。

勉強している最中に顔を上げた位置に置くと、それだけでいい氣分転換になります。

また、できるだけ緊張をといた状態で勉強できる環境にするには、足元の冷えを防ぐことも大事です。

下半身が冷えて血流が悪化すると、交感神経が優位になりやすく、身体は緊張状態になって集中力を欠く一因に。

ルームソックス

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

床暖房やホットカーペット、ルームソックスなどで温かい状態を保ちましょう。

もしも受験後に行きたい旅行先などがあれば、その場所の写真などを飾るのもいいでしょう。

「勉強を頑張ればここに行って楽しもう!」というポジティブなモチベーションに繋がるはずです。

風水上、受験生の部屋におすすめのカラーはうすい青や緑などの寒色系(リラックス&集中の色彩)。目隠しの布等につかうのもいいでしょう。

ただし、寝具など体に触れるモノは、ホッと安心して暖かみのあるもの(暖色系)がこのましいので、
ベージュや薄いイエローなどがおすすめです。

寒色系のカーテン

ぺかまろ / PIXTA(ピクスタ)

受験生の部屋の環境が整った後も、お子さま本人が「雰囲氣を変えたい」と感じたときは柔軟に模様変えをしましょう。

マンネリは脳の疲労につながりますし、適度な刺激があると脳もほどよく活性します。

それに一番大事なのは「受験部屋の空間がお氣に入り」とお子さま本人が思うことです。

戦略の一つとして、ぜひ風水を取り入れてみてはいかがでしょうか。

受験で納得のいく成果を上げられますよう、お祈りしています!

(取材・文 門上奈央)

 

■種市勝覺(たねいち しょうがく)

種市先生

撮影 難波雄史

風水コンサルタント、密教風水カウンセラー。「財・体・心の流れを整える」を軸に、風水コンサルタント・密教風水カウンセラー・密教阿闍梨として活動。氣持ちよく暮らす為の住居探し、良き環境を作る為の風水鑑定、独自の手法を用いたカウンセリング、コンサルテーション・社員研修・各種セミナー・出張鑑定などを、2001年より精力的に行っている。環境脳科学、環境心理学の視点から風水を身近なモノとする「無料メールセミナー・風水入門」は3,000名を超える登録者数。著書『ここに気づけば、もうお金には困らない』(サンマーク出版)、『感情を整える片づけ』(アチーブメント出版)も好評発売中。最新刊は『自分を変える「身口意」の法則』(フォレスト出版)。

種市勝覺-オフィシャルブログ 

fusui

人気連載

READ MORE