「断熱」どうする?ライフスタイル別アイディア3つ

寒くなるこれからの季節に向けて、そろそろ暖房の準備が必要ですね。

しかし、室内が外の冷たい空気の影響を受けやすい状態だと、せっかく暖房をつけても効果が薄れてしまいます。

効果的に部屋を暖めるポイントは“断熱”にあります。新築やリノベーション、賃貸物件でも利用できる断熱のアイディアをライフスタイル別に3つご紹介します。

羊毛断熱材「サーモウール」って?

羊毛断熱材

壁の中に断熱材を入れて外の空気を遮断するのが“断熱”です。

家の断熱を行うと「夏は涼しく冬は暖かい」効果が得られて、まさに一石二鳥。

エアコンや暖房器具をフル稼働させなくても快適に過ごせるので、エコや電気代の節約にもなります。

断熱材にはいくつか種類があり、繊維や天然素材、発砲プラスチックをもとにしたものに大別できます。

素材によって効果や性能に違いがあり、価格にも差がでます。

断熱材

どの断熱材を選べばいいのか迷うところですが、天然自然素材にこだわるなら羊毛断熱材がオススメ。

こちらの記事では、羊毛断熱材「サーモウール」にこだわった理由、実際に住んでみた体感について紹介しています。

詳しくは記事をチェック!

壁は発砲ウレタン、窓は二重サッシで断熱!

断熱材

築年が古い物件は、断熱材が入っていないことがよくあります。

中古マンションをリノベーションするとき、壁に断熱材を入れる工事は必ず検討しなければなりません。

こちらの実例では、グラスウールやスタイロフォームといった断熱材との比較の末、発砲ウレタンを採用しています。

さらに壁だけでなく、窓にも断熱を行うとより効果がアップします。

サッシ

普通のサッシを使っている部屋なら、断熱効果の高い二重サッシに取り換えるのがベストです。

窓やサッシの交換ができないときは、既存のサッシに加えて新サッシをDIYでプラスすることも可能です。

詳しくは記事をチェック!

 

あと付けOK!イケアの断熱ブラインド

ブラインド

壁や窓の断熱となると大掛かりな工事が必要で、敷居がちょっと高いのが難点ですよね。

賃貸ならなおのこと、勝手に工事を行うわけにもいきません。

そんなときは、イケアの「HOPPVALS(ホップヴァルス)断熱ブラインド」が頼りになります。

窓に設置するブラインドですので、自分で簡単に取り付けができますし、価格もお手頃。

断熱層をつくるハニカム構造で、窓からの温度変化を遮断することができます。

断熱ブラインド

イケアの「HOPPVALS(ホップヴァルス)断熱ブラインド」は最近になって新型が登場しましたが、旧型との違いはどこにあるのでしょうか?

詳しくは記事をチェック!