築古マンションのガス栓、交換費用はいくらかかる?【なんでも大家日記@世田谷】

だんだんと寒さが厳しくなってきました。

うちのマンションではリビングにもガス栓が設置されており、ガス暖房機器(ガスヒーターやガスストーブ)を接続することができます。

我が家でも毎年冬になるとガスヒーターを使っています。

エアコンにくらべて空気が乾燥しすぎることもなく、足元から暖まるので重宝しています。

ですが、仕事場として利用している別室にはガスヒーターを置いていませんでした。

昨冬の猛烈な寒さを思い出すと、エアコンでは心もとないと思い、今年はガスヒーターを購入しました。

ところが、長年使われていなかったガス栓を使おうとしたところ、これが意外にも苦労することに。

今回は、築古マンションでガス栓を使う場合に注意したいポイントや交換にかかる費用などをまとめてみます。

ガス栓が引き出せない?長年使っていなかったガス栓には要注意

ガスストーブこちらが部屋に設置されているガス栓です。

ガス栓

左のフタを開けると、ガス栓の本体が収納されています。

ガス栓

ん?僕が暮らしている部屋のガス栓と形がちがう気が……

ガス栓

我が家のガス栓はこちらです。左のキャップをはずしてガス栓を見てみると、

ガス栓

やっぱり先端の形状がちがいます。

我が家のガス栓も古くさいデザインだと思っていましたが、仕事場のものとくらべるとまだ新しいタイプのようです。

古いガス栓にガス暖房が接続できるのか、ちょっと不安になってきました。

なにはともあれ、とにかくガス栓を引き出してみましょう。ガス栓のプレートには、こんな注意が書いてあります。

ガス栓のプレート

ちょっと見えづらいですが、〇で囲ったところが「・印」です。

指示どおり「・印」の部分を押しますが、ビクともしません。

ガス栓のプレート

※写真は別の部屋のガス栓です

本来ならこんな具合にガス栓が出てくるはずなのですが、うちの部屋のガス栓はぜんぜん動きません。

ひょっとして故障?もうガスヒーターも買っちゃったのに……。

ワラにもすがる思いで東京ガスのホームページをチェックしてみると、うちのガス栓(壁埋込式)はかなり古いタイプらしく「ガス栓のお取り替えをおすすめします」と説明されているではありませんか。

そこで、東京ガスの方に来てもらうことにしました。

 

ガス栓の交換工事の費用はおよそ8000円

現場を見ていただくと「ガス栓の可動部分に塗られたグリースが固まってしまって動かなくなっている」ことがわかりました。

こういう場合、ムリに動かそうとするのは危険。ガス栓が破損するとガス漏れの怖れもあるとのこと。

長年使ってこなかったガス栓には思わぬ危険が潜んでいるんですね。

そもそも、このガス栓のままでは最近のガスヒーターに直接接続することはできません。

というわけで、この機会に新しいガス栓(コンセント式)に交換してもらうことになりました。

以下は、日をあらためておこなっていただいた交換工事の模様。まずはプレートを外します。

ガス栓

中央にあるガス栓の本体をはずします。

ガス栓

ここに新しいガス栓を取り付けます。

ガス栓

コンセント式に変わりました。

コンセント式

プレートをかぶせて完成。見た目もだいぶきれいになりました。

所要時間は30分ほどでしょうか。素人目には意外に簡単に終わった印象でした。

使用するときは、プレートのトビラを開け、

プレートのトビラを開け

ガスコードのソケットをパチッと差し込むだけ。

ガスコードのソケットをパチッと差し込む

外すときは、横のグレーのボタンを押すと、

ガスコードのソケットをパチッと差し込む

パチッと外れます。

同じコンセント式でも、我が家のような少し古い型の場合は元栓の開け閉めをおこなう必要がありますが、

コンセント式

最新式のガス栓には元栓がなく、ただ抜くだけで自動的に栓が閉まるようになっているそうです。

交換にかかった費用はおよそ8000円。

安心してガスを使えて見た目もきれいになることを考えれば妥当な金額だと思います。

 

ついでに知っておきたいガス栓の種類~「ホースエンド式」と「コンセント式」

最後にガス栓の種類によって接続方法が異なることにも触れておきましょう。

上に挙げた「コンセント式」のほかに、「ホースエンド式」というガス栓が設置されている場合もあります。

うちのマンションの部屋に2つのガス栓がならべて設置されているところがあったので、そちらをご覧いただけるとわかりやすいと思います。

2つのガス栓がならべて設置

左が「ホースエンド式」、右が「コンセント式」

こうして見ると、形がちがうのがよくわかりますね。

では、ホースエンド式はどのように接続するか、ガスコンロの例で見てみましょう。

「ホースエンド式」のガス栓には、ソフトコードと呼ばれるガスコードを接続します。

ソフトコードと呼ばれるガスコード

このコードをガス栓の赤い線のところまでぎゅっと押し込みます。

コードをガス栓の赤い線のところまでぎゅっと押し込む

バンドで固定すればOKです。

バンドで固定

ちなみに、ガス栓が「コンセント式」だった場合、

ガス栓が「コンセント式」

ソフトコードをそのまま接続することはできません。専用のソケットをガスコードの先につけて接続しましょう。

さまざまなタイプのガス栓

このように築古マンションでは新旧さまざまなタイプのガス栓が設置されています。

もしガス栓の種類や接続方法がわからなければ、とにかくガス業者さんに相談するのが安全です。

足元からポカポカにしてくれるガス暖房。正しく使って、寒い冬を暖かく過ごしてください。

 

【参考】

※ 東京ガスホームページ「ガス栓の種類」

※ 東京ガスホームページ「ガスストーブの接続方法」