9割近くの親が減ったと実感!「子どもの外遊び」はどこまで大事?

兄弟や友達と一緒に暗くなるまで外で遊ぶ。

秘密基地を作ったり、ごっこ遊びをしたりなど、アイデア豊富な子どもにとって外遊びは得意分野。

そんな幼少期を過ごてきた親たちは、現代に生きる「子どもの外遊びの機会」を”減った”と感じています。

実に86.3%の親がそう感じているようですが、東京都に限るとこの割合は90.7%

子どもの外遊びの減少とその理由、気になりますよね。

今回は「子どもの外遊び」についてのお話です。

子どもの外遊び、なぜ減った?

子どもの外遊びが減ったと感じる親が約9割いるという驚きの実態が明るみとなった、

子ども向けスポーツ・アウトドアイベント「アクティブキッズフェスタ」を主催する「一般社団法人YBP PROJECT」のアンケート調査。

まずは保護者たちが“外遊びが減ったと感じる理由”から見ていきましょう。

アンケート

子どもの「外遊び」が減少したと感じる理由は?

トップは、「テレビゲームなど室内玩具などで遊ぶ機会が増えた」54.2%

ゲームをする子ども

AOI / PIXTA(ピクスタ)

次いで「習い事にいく機会が増えた」50.1% となりました。

習い事

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

確かに、昔は男の子が楽しむイメージの強かったテレビゲーム。

近年は女の子用のゲームも多く、小さな子どもでも簡単に操作できるものも豊富。

また、習い事も昔よりも選択肢が多いために平日5日すべて習い事で埋まっているというお子さんも珍しくありません。

しかし、気になるのは45.8%の方が「区画整理によって近所の道ばたなど遊ぶ場所が減った」、さらに37.5% が「その他公園のルールが厳しい」と回答していること。

公園 マナー

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

子どもを外遊びさせたくても、遊ばせる場所が減少しているんですね。

もちろん遠方の公園まで連れていくという選択肢もありますが、往復の移動時間、子どもの機嫌、帰宅時間などネックになる要素が多々あります。

近所に手軽に遊べる公園があったら……と感じながらも”室内遊び”を選択する親はかなり多い、というのは親としては非常に難しい問題です。

 

8割以上の親が子どもにスポーツをさせている!

外遊びが減ったという自覚もどこかにあるからでしょうか?

アンケート

子どもは現在、何かの「スポーツ」に取り組んでいますか?

多くの親が、子どもにスポーツを取り組ませているようで、その割合はなんと86.7%

アンケート

子どもに「スポーツ」をさせる目的は何ですか?

その目的を見てみると、「体力向上のため」が89.2%と最も高く、次いで「子どもの経験を増やしたい」が81.2%

スイミングクラブ

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

「友達・仲間づくり」や「社会性を身につけるため」と回答した方も半数を超えています。

野球チーム

おてつ / PIXTA(ピクスタ)

筆者の娘もダンスを習っていますが、仲間と一緒に達成感を感じること、いつまでにこれを完璧に練習するなど目標も立てることも学び、精神面も発達したように感じます。

スポーツをさせる理由は、”運動不足の解消”というより、経験や達成感など”子どもの人格形成を左右するような目に見えない期待”を親たちは抱いているように見受けられます。

 

親はなぜ「外遊び」が大事だと思っているのか?

本調査では、回答者全員が子どもにとって「外遊び」は大切と思うか”という質問に対し、”そう思う”と答えています。

外遊びの経験、自然とのふれあいは大切、と自身の経験から感じているんですね。

外遊び

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

外遊びをすることは、“体力の向上”、”五感の発達”、早寝、早起き、食欲など、”生活リズムを整えること”などが期待できます。

虫を捕まえる、泥んこになって遊ぶ、草花で花かんむりを作る……。

虫取り

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

想像力豊かな子に育つことは、将来の学習能力そして社会に出たときにもいきてくると考えられます。

花飾り

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

でも毎日外遊びを子どもに強制させたり、将来のために……と必死になって外に出かける必要は筆者はないと思っています。

雨上がりの匂いや、かくれんぼで見つけられにくい場所など、親が子どもに教えたいことを挙げてみると、案外、外遊びのハードルも下がってくるかもしれませんね。

 

【参考】

※ 子どもの「外遊び」が減少したと感じる保護者は86.3%【子どもの「外遊び」と「スポーツ」の取り組み】に関する、保護者を対象としたアンケート調査を実施