アイロン台はカバーだけで十分!? 年末までにスッキリさせたいこと5つ

2018年も1か月半を切りました。

12月に入ると様々なイベントの合間に年末年始の準備や大掃除に取り掛かると、あっという間に月日が過ぎていきます。

おまけに寒さが増し、ちょっとした外出や小さな事をすませるのが億劫になる季節ですね。

ところで皆さんは、つい後回しにしてしまう「家にまつわる懸案事項」はありませんか。

具体的には、粗大ごみや古着の処分、節約のために携帯電話、保険やライフラインの見直しなどです。

筆者は今困らないことは後回しにしてしまう性格ですが、どこかで気になっておりモヤモヤした気持ちが時折やってきます。

今秋に身の回りをスッキリさせた、家にまつわる懸案事項の対処法5つご紹介します。

 

準備編「TODOリスト」に項目を書く。これで問題の明確化と達成感を味わえる!

まずは片付けたいこと・整理してスッキリしたいことをメモ書きすることをオススメします。

筆者はメモ型のふせんに書き出し、手帳に貼り付けました。

TODOリスト

ひとまず期日を1か月程度に設定し、済んだものは消していきます。

手続きをしたことで、新たなTODOが増える場合もありますので、その場合は赤ペンで書き足します。

やるべきことを明確化し、さらに終わったあとの達成感を味わって自分を応援!

すべてが終わり、メモを処分する時がとてもスッキリしますよ。

では、筆者が実際にスッキリさせた5つのことをご紹介します。

 

1.「ネット環境」の見直しで家がスッキリ!節約も!

10月に自宅の「ネット環境」を見直しました。

光回線を利用していましたが、かさばる機器やゴチャゴチャの配線にモヤモヤしていました。

ネット環境

ネット環境

見直しを後押ししたのは、プロバイダーからの契約自動更新の郵便通知でした。

契約は2年ごとに自動更新されるのですが、契約月に解約をすると約10,000円の解約手数料がかからないという案内がありました。

ネット費用をもっと抑えたいと思っていたので、10月に店舗で試算してもらいました。

今までかかっていた機器のリース代がなくなり、ネット料金が月1,500円程度下がることがわかったため、プロバイダーを変えずに光回線から据え置き型無線Wi-Fiに変更しました。

ネット回線

変更前 ネット光回線機器一式

ネット回線

変更後 機器が1つ減り配線もなくなると……

ネット回線

棚にスッキリ収まります

事務手数料やリース機器の返送料の経費も掛かりましたが、3か月で元が取れる予定です。

年間約18,000円の固定費の削減が実現したと共に、部屋もスッキリ!

※ ネット通信は有線の光回線の方が安定しています。無線のポケットWi-Fiはお住まいの地域や使用時間帯で通信速度が遅くなったりする場合がありますので、事前に確認してください。

 

2.「アイロン台」を使わない!カバーだけで十分だった!?

苦手な家事のひとつ、アイロンがけ。極力アイロンなしの暮らしを徹底しています。

アイロン台

クローゼット内でかさばるアイロン台……

アイロン自体使わずに処分することも考えましたが、ハンカチやお稽古で着る道着のシワ取りのため、たまの出番ではあるけれど筆者にとってアイロンはやはり必要なものです。

先日、試しにアイロン台のカバーを外しました。

アイロン台

台は処分し、カバーをテーブルにのせてアイロンがけをしてみると……、きちんとシワが取れました!

アイロン台

おまけに使わない時は丸めてコンパクトに収納できます。

この話を知人にしてみると「アイロンがけはバスタオルを使っている」という強者もいます。

アイロンに限らず、アイデア次第であって当たり前を無くしても良いかもしれませんよ!

※熱によって変色するテーブルなどがあり、上記の方法は不向きな場合もありますのでご注意ください。

 

3.「休眠口座」は閉じる!手続きが面倒なケースもあるので注意!

使わない銀行口座、いわゆる「休眠口座」をいくつお持ちですか?

目的別に分け、複数口座を所有している方が多いと思います。

筆者も複数行の口座を持っていますが、休眠口座が2つあり、10月に口座を1つ閉じました。

預金通帳

預金通帳

ある銀行では、窓口で口座閉鎖の手続きをしましたが、とても混雑しており1時間以上待ちました。

別の銀行では通帳を処分してしまったため、その場で手続きができず、一度口座紛失届の手続きをする必要がありました(所定の手数料がかかります)。

さらに、口座開設の支店のみでしか閉設の手続きができないため、近所の支店では即日完了できませんでした。

筆者は口座を開設した支店のあるエリアへ出向くことがほとんどないため、口座閉設は保留中ですが機会を設けて手続きする予定です。

 

4.「バスアイテム」は専用容器より小さいもので清潔に!

3~4年使った専用リンス容器を100均の小さなボトルに移し替えました。

リンス容器

詰め替えパックの中身を一気に入れられないというデメリットがありますが、洗面器にリンスを入れてお湯に溶かして使うため、筆者にとっては量を微調整でき、使いやすくなりました。

 

5. 「SNS」は自分に向いているものだけに

筆者は4つのSNSのアカウントを持っていますが、主に使うのは1つか2つ。

SNS

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

SNS同士を紐づけでき、情報発信者にとっては便利機能がたくさんありますが、毎日来る膨大な「お知らせ」をチェックしきれずにいました。

通知オフにしても届くお知らせがあり、投稿や閲覧もしていないため、まったく使わないSNSを2つ閉設しました。

積極的にアンテナを張らなくても色んな情報を届けてくれるSNSはとても便利ですが、自分の暮らしのリズムにあったものを選ぶのが大切だなと思います。

 

いかがでしたか。

見た目はさほど変わらないダウンサイジングやマイナーチェンジ。

それでも「あの時やっておいて良かった!」ときっと思える日が来ると思います。

日々の暮らしを楽しむためにも手つかずの事を済ませ、みずみずしい気持ちで新しい年を迎えてみませんか。