ニトリ「 IH卓上鍋土鍋風」は「土」じゃない?使って実感したおすすめポイント

「あったか料理が恋しい」季節が近づいてまいりました。

寒くなると、食べたくなる料理と言えば「鍋!」ですが、みなさん土鍋はお持ちですか?

かさばるし、重いし、ちょっと苦手かな?というご家庭におすすめの「土鍋風」の鍋、ニトリで見つけてきましたよ。

ニトリの土鍋じゃない鍋って?「土鍋風」ってどういうこと?

IH卓上鍋土鍋風

この鍋、何だと思いますか?

「土鍋でしょ?」という声が聞こえてきそうですが、土鍋じゃないんです。「土鍋風」の鍋なのです。

土鍋とは普通、土で焼いた鍋のことを指しますが、こちらはアルミニウム合金でできています。つまり、一般的な調理鍋なんです。

でも、どう見ても「土鍋」でしょ?と食い下がりたいお気持ちもわかります。

艶消しされた黒い本体と、盛り上がったフタの形、筋の模様に鷲づかみしないと開けられないフタの形状は「土鍋」そのもの。

ちょっと裏を見てみましょうか。

IH卓上鍋土鍋風

このプツプツ模様はもしや、IH?

そうです。IH対応の「土鍋風」アルミニウム合金の鍋なのです。

IH卓上鍋土鍋風

フタを開けて中を覗けば、鍋のフチの厚みからも、普通の鍋だと確認できます。

だからとっても軽いんです。ニトリの店頭で、重厚感ある見た目とのギャップに、思わず「軽いっ!」って言ってしまいました。

このニトリ「IH卓上鍋土鍋風」の特徴と、おすすめのポイントをお伝えしますね。

 

「土鍋風」鍋は、土鍋の良さを取り入れた「普段使いできる」鍋でした

IH卓上鍋土鍋風

土鍋をIHクッキングヒーターで使っている? ちょっと不思議な光景に見えますが、これは「土鍋風」鍋だからできること。

もちろん普段の料理にも使えて、底が平べったいので食材に火が通りやすく、料理の時短にもつながります。

作った鍋料理を温め直したり、こちらで調理してから鍋をみんなで囲む、なんてもの良いですね。

IH卓上鍋土鍋風

普通だと土鍋のフタは、ふきんを挟んで持ち上げるイメージですが、この「土鍋風」鍋は、フタのつまみがフェノール樹脂でできているので熱くなりにくく、調理の合間にも素手で開けることができました。

IH卓上鍋土鍋風

つまみが幅広なので、独立して置くことも出来ます。まるでサカヅキのようですね。

IH卓上鍋土鍋風

両手鍋の持ち手には220℃まで耐えられる、シリコーンカバーが付いています。取り外しが可能です。

IH卓上鍋土鍋風

ガスでも使えるので、カセットコンロに使用することも出来ます。

鍋を囲んでワイワイできるのが、お鍋の楽しいところですよね。

つまみは箸を一時置きできる形状になっていて、この「土鍋風」鍋には、土鍋の良さがたくさん盛り込まれています。

IH卓上鍋土鍋風

2サイズ展開で、こちらは24センチサイズの3~4人用(税込2,990円)、20センチサイズの2~3人用(税込2,490円)もあります。

鍋料理は具材をたっぷり入れたくなってしまうお料理なので、家族の人数より大きめを選ぶと良いかもしれません。

わが家は4人家族なので、欲を言うならもうひと回り大きいのが欲しいかも……。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。きっとニトリのお店で「軽いっ!」って言ってしまいますよ。