グラスをペイントするだけでOK!なオシャレアイテムをDIY

どこにでもあるガラス容器(グラス)を使って、おしゃれな「カラーグラス」をDIYします。

グラスの内面と外面で、カラーリングや質感が異なるちょっと変わったカラーグラスですが、実はこれ、ガラス容器に色を塗り重ねるだけで作ることができるんです!

今回は、その「色合わせ」についても詳しくご紹介しようと思います。

ペイントだけでOK!おしゃれな「カラーグラス」を作ろう!

コーナーにひとつ置くだけで部屋の雰囲気をガラリと変えてくれる「カラーグラス」。

光沢のある上品さと落ち着いたマットな質感が、清涼感のある空間を演出してくれます。

カラーグラス

フィンガースイーツもグッとおしゃれな装いに。

透明ではないのにどこか透き通ったような爽やかな佇まいは、さまざまなシチュエーションで活躍します。

アクセサリーの収納やおもてなしの器にもぴったりですね!

カラーグラス

 

準備するもの「ガラスの容器」だけ!

準備するのは「ガラスの容器」だけ。

今回は100均のガラス製グラスを使ってみましたが、ガラスの容器であればどんなものを使ってもOKです。

カラーグラス

 

作り方はとっても簡単!2色の塗料を塗り重ねるだけ!

グラスの外面に下地となる色を塗ります(写真左)。

これがグラスの「内面」から見える色になります。グラス内面には色を塗らないよう注意しましょう。

下地が完全に乾いたら、「外面」になる色を上から塗り重ねます(写真右)。

カラーグラス

鮮やかなツートンカラーのカラーグラスができました!

グラス内面は下地の色だけが見えるので、光沢のあるガラス本来の質感が残ります。

対してグラス外面は実際に塗った塗料がそのまま見えるので、テクスチャー感のあるマットな質感になります。

光沢とマットという、相反する質感の組み合せがユニークですね。

カラーグラス

今回使用したのが「ミルクペイント for ガーデン」という塗料。

”バタークリーム”と”ミルクティーグレージュ”の2色を重ねてみました。

ミルクペイントシリーズは、ツヤのないマットな質感に仕上げられるのが特徴の水性塗料です。

こちらの塗料を使って、さらにペイントアレンジしてみましょう。

 

さらにアレンジ!いろいろなカラーグラスを作ってみよう!

ミルクペイントの”ピスタチオグリーン”と”クリームバニラ”を使ったカラーアレンジです(写真上)。

一見すると相性の悪そうな色合わせですが、組み合わせればご覧の通り。

器そのものがまるで宝石のような、深いグリーンに淡いバニラカラーがよく合います。

”スノーホワイト”と”ヘンプベージュ”という、同系色の組合せも相性抜群(写真下)。

カラーグラス

どちらも「光沢とマット」という相反する質感の組合せが、器の個性をグッと引き立てます。

 

「カラーグラス」をインテリアレイアウトしてみよう!

ソフトな色合わせはナチュラルな空間にしっとりと馴染みます。

中にお気に入りの小物を入れれば、やさしくフェミニンな空間を創造できます。

カラーグラス

光が差し込む窓際にレイアウトするのがポイント。

透明感のある美しい光を放ちます。

カラーグラス

煌びやかなアクセサリーの収納にもぴったり。

ゴールドやシルバーの輝きがより一層引き立ちます。

カラーグラス

グラスの内側は未塗装なので、中に食べ物を直接入れてもOK。

フィンガースイーツを添えれば、おしゃれなおもてなしアイテムとして活躍してくれます。

 

いかがでしたか?

ガラス容器の外面に塗料を塗り重ねるだけで、こんなにおしゃれなカラーグラスを作ることができました。

パーティーシーンの多いこれからの季節にぴったりのアイテムです。

みなさんもぜひ作ってみてください!