収納術

小林 ユリ小林 ユリ

床下収納のおすすめの利用法は?しまうといいモノ、お手入れの方法も紹介

床下収納

意外に奥行があり活用できる床下収納ですが、スペースを効率的に使えていない人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめの利用法を紹介。しまうといいモノ、ごちゃつかない収納の仕方、湿気対策などお手入れの方法も解説します。ぜひ参考に!

床下収納にはカビにくい長期間の保存ができるモノを入れるのがおすすめ

床下収納には調味料などを収納するとよい
床下収納には常温保存ができる缶詰めやビンに入った飲料、調味料などを入れるのがよいでしょう。
ホットプレート
また、床下収納は土鍋やホットプレートなどの年に数回しか使わないようなアイテムの収納にピッタリです。

床下収納に清掃用具を収納するのもよい

買い置きの洗剤やお掃除グッズなどを収納してもいいですね。

床下収納に野菜を入れる場合はカビに注意

「根菜類を入れていたら、うっかり忘れてドロドロに腐ってしまい掃除が大変だった」という声も聞かれたのですが、床下収納は湿度や温度が一定とは限りません。

カビが生えてしまうこともありますので、床下収納での野菜の保存はあまりおすすめできません。

床下収納に非常袋を入れている人もいる

この他に、非常用グッズを入れているという人も結構いました。

しかし、冷蔵庫が倒れてきたり食器棚が崩れてくる可能性がある位置に床下収納がある場合には、扉が開かなくなってしまう可能性があるため、注文住宅の営業をしている方に伺ったところ、あまりおすすめできないとのことでした。

床下収納はフタを開けたとき分かるよう「縦方向」に区切るのがポイント

床下に収納するモノは立てると分かりやすい

整理収納アドバイザー2級の知識からすれば、横方向に区切って収納するのはNG。ただ積んでいってしまうと、奥の方(下の方)に何が入っているのか分からなくなってしまいます。

その点、本棚のように縦方向に区切って(モノを立てて)収納すれば、フタを開けたときに何が入っているのか一目瞭然。

床下収納は立てて収納するとよい

もちろん箱でもよいのですが、取り出しやすいように取っ手つきのケースや紙袋などを駆使するのがおすすめです。

それでも何を入れていたか忘れてしまうという人は、床下収納庫のフタの裏に区切りの区分表と収納しているアイテムの名前を書いて貼っておくのもよいかもしれませんね。

床下収納は除湿剤をいれるなど湿気対策も忘れずに!

季節や天候によって湿度が上がりやすい床下収納では、湿気対策を怠らないようにしなければなりません。

新聞紙や珪藻土マットを敷く、除湿剤を入れるなどの方法が手軽で簡単な方法です。

床下収納の湿気を取ってくれる珪藻土マット

皆さまも、こちらの記事を参考に、床下収納を上手に使用して収納力アップを図ってみてください。

画像/PIXTA(1、4、5、6、9枚目)