【日刊Sumai】編集部・丸の取材、ときどきプライベート日記 vol.49

素敵なお宅があると聞けば北海道から九州まで、どこへでも!

フットワークの軽い『住まいの設計』編集長・丸(56)の取材こぼれ話や、男前なプライベートをチラ見せ!

格安の中古別荘を買って、リノベーション!

森のなかに佇む「小さなおうち」

森のなかに佇む「小さなおうち」って感じの家。

別に小さくはないのですが、回りの樹木が巨大すぎるので、小さく見えちゃうんですね。

長野県の高原に移住した建築家とご家族のお話です。格安の中古別荘を買って、リノベーションして暮らしています。

人って実行力があれば、自分の好きなところに住めて、納得のいく暮らしができるんですよね。

『住まいの設計2018年12月号』でご紹介します。

 

ラグジュアリーすぎる卓球台

ウォールナットのダイニングテーブルが卓球台に!先日訪れたマスターウォール銀座(MASTERWAL GINZA)さんの展示風景です。

わが家のダイニングテーブルも子どもが小さい頃、雨の日や寒風吹きすさぶ日には卓球台として重宝してくれました。

素材は野球のバットにも使用されるというタモだから、なーんも問題ありません。でもウォールナットの卓球台って、ちょっとハードル高いですよね。

 

芸人さんもたくさん出てます


森のなかに佇む「小さなおうち」

『住まいの設計2018年12月号』絶賛発売中です!

家好き芸人としても知られるアンガールズ・田中卓志さんの連載「建築家の自邸探訪」。

注目の双子のオネエ芸人・広海深海さんの連載「住宅展示場さんぽ」。

また「事故物件住みます芸人」としてブレイク中の松原タニシさんのインタビューも!

もちろん素敵なお宅もたくさん載ってますので、じっくりいろいろ、ご覧いただけたら嬉しいです。

 

「地方移住の心得帖」もぜひご覧ください!

オトナリノベーションNo.4

住まいの設計12月号と同じ11月15日に『オトナリノベーションNo.4』も発売になりました!

今回ぜひ注目して欲しいのが、地方移住や二拠点生活を実現したお宅の特集。

『ぼっち村』で人気の漫画家、市橋俊介さんによる「地方移住の心得帖」も読みごたえがあります。ぜひご覧くださいね。