子育て・教育

秋山悠紀秋山悠紀

子どものキャリア教育のカギは親が働いている姿を見せることだった!

子どもは仕事の大切さや働くことの意義を知ることで、自分のやりたいことや興味のあることを知ったり、進路を考えたりすることができます。

逆にいうと、そういったことを知る機会がなければ現実的に仕事や働くイメージを持つことができず、勉強や進路選択に戸惑ってしまうこともあるようです。

そんな子どものへのキャリア教育に大切なこととは、いったい何でしょうか。

“身の回りで働く大人の姿”を応募テーマとする小・中学生、高校生対象の写真コンテスト「はたらくすがた」を開催する株式会社アイデムは、小学校1年生から高校3年生の子どもを持つ男女3,489名を対象に、子どものキャリア感醸成に関する調査を実施しました。

今回はその結果をご紹介します。

親の働く姿を見ている子どもは将来働くことが楽しみに

まずは子どもたちに「将来働くことが楽しみか」という質問をしたところ、学年が低い子どもほど「楽しみ(「どちらかと言えば楽しみ」も含む)」回答が多くありました。

また「将来なりたい職業があるか」という質問には、学年が上がるにつれて割合が低くなりました。

学年が低い子どもほど、働くことへの希望や仕事の夢を抱いている傾向が強いようです。

アンケートアンケート

そして、「親の働く姿を見たことがあるかどうか」「親の仕事の充実度」との関係を見ると、親の働く姿を見たことがあったり親の仕事が充実していたりする家庭の子どもほど、働くことを楽しみにし、また将来への夢を抱いていることがわかりました。

アンケート

これは学年が上がるにつれて深い関係になっており、進路や働くことを現実的に捉え始める学年の子どもほど、身近な大人の働く姿が将来の自分の仕事への期待につながっていることが見てとれます。

オフィス

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

また、母親の仕事の充実度よりも父親の仕事の充実度の方が、子どもが将来なりたい職業があるかどうかに影響が強いこともわかりました。

夫婦共働きが増えたといっても、子どものキャリア感の醸成には父親の働く姿が大きな役割を持っているようです。

 

子どものなりたい職業と親がなってほしい職業は、こんなに違う!

また、将来なりたい職業が「ある」と回答した子どもたちに、職業リストの中からあてはまるものを選んでもらいました。

さらに子どもに将来なってほしい職業が「ある」と回答した子どもを持つ者(親)に、職業リストの中からあてはまるものを選んでもらいました。

その結果は以下の通り。

アンケートアンケート

小・中学生、高校生とも、子ども自身がなりたい職業には「ケーキ屋・パティシエール」や「保育士・幼稚園教諭」「サッカー選手」「医者」「教師」など、根強い人気を持つものが上位にランクイン。

ケーキ屋

hikko / PIXTA(ピクスタ)

一方で、親が子どもに将来なって欲しい職業には「医者」や「公務員」「薬剤師」「教師」といった職業が並びます。

医師

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

「医者」や「教師」は上位で共通するものの、高収入や安定が見込める職業など、より現実的な職業を親が望んでいることがうかがえる結果となりました。

教師

kou / PIXTA(ピクスタ)

 

キャリア教育には“親が生き生きと働いている姿”がとても重要!

さらに、今回の調査によって将来なりたい職業があり、その夢のために具体的な工夫や努力をしている子どもたちも多くいることがわかりました。

そしてその子どもたちは、親の仕事の充実度が高いということも判明。

親の仕事への姿勢を見ている子どもたちは、自分の好きな仕事をするために、今のうちにどのような勉強をするべきなのか、どんな進路に進むべきなのかといったことを考えやすい環境にあるようです。

今回の調査結果から、親が生き生きと仕事をしている様子、頑張って働いている姿がいかに子どもに影響を与えているのかが、そして子どもの働く意欲やキャリア感をいかに醸成しているのかがわかります。

ビジネスマン

muu / PIXTA(ピクスタ)

子どものキャリア教育には、家庭内教育がとても重要だということがわかった今回の調査結果。

子どもに仕事の大切さを教えるには、言葉で懇切丁寧に説明するよりも、親の職場を見学させたり、仕事の楽しさや生きがいを家庭内で表現したりといったことの方が効果的なのかもしれません。

 

【参考】

※ 子どもへのキャリア教育のカギは、親が「仕事を充実させる」「働く姿を見せる」こと?子どもの夢の有無や、働くことへの肯定感などで有意差が出る結果に

  • B!