20代の夫婦が最も「家事分担」できている!共働き世帯の理想と現実

”共働きの世帯数””夫が正社員・妻が無職”の世帯数を上回ったのは、今から21年前の平成9年以降だったそうです。

妻の勤務形態がパートタイムのみならずフルタイムである世帯も珍しくなくなりました。

そこで気になるのが”家事分担の実態”

“父親は働き、母親は家事というイメージのもと育ってきた世代””母親が働く姿を見て育った世代”では、大人になったときの家事分担の価値観は違ってくるものなのでしょうか?

今回は、「世代別の家事分担」についてのお話です。

フルタイム世帯の家事分担の実態

株式会社「マクロミル」が調査した、“共働き夫婦の家事分担”

まずは、夫婦の就業状況を”世代別”に見ていきましょう。

アンケート

”共働き世帯”(フルタイム勤務、フルタイム勤務以外の合計)は、20代が46%、30代が52%、40代が61%と年代が上がるに連れて増加しています。

また、共働きではない世帯は年代が上がるに連れ減少しており、夫婦のどちらかが“フルタイム以外”の形態で就業する家庭が増加している傾向がうかがえます。

次に調査対象のうち、”夫婦ともにフルタイム勤務世帯”の家事分担上昇を見てみると……、

アンケート

家事を”妻がほとんど担う”と回答した世帯は約27%。

”妻が主だが、夫も少し分担”38%で、妻メイン家事を担っている家庭は全体の64%。

”妻と夫で分担”とハッキリ回答できている世帯は31%という実態が明らかになりました。

夫家事

saki / PIXTA(ピクスタ)

 

家事分担比率の理想と現実

”フルタイム世帯で家事分担できていると回答した世帯が31%”という結果は、筆者からするとそれほど悪くはない結果という印象を受けますが、実際はどう感じているのでしょうか?

アンケート

”理想”では、「夫50%:妻50%」と夫婦平等に分担したい人が4割でトップ

次いで「夫40%:妻60%」が2割、「夫30%:妻70%」が2割となりました。

家事分担

Yannamelissa / PIXTA(ピクスタ)

反対に、”現実”を見てみると、最多は「夫10%:妻90%」が2割、次いで「夫20%:妻80%」も2割弱と、やはり家事をメインに担当するのは妻であることがわかります。

そして、理想のトップに挙がった「夫50%:妻50%」を実現している夫婦はわずか1割程度。

理想と現実の間には大きな開きがあることがわかりますね。

家事分担

ヒロシ / PIXTA(ピクスタ)

 

若い世代ほど家事分担をしている!

家事分担の現実を見てみると、理想へたどり着くには程遠い……という印象を受けてしまいますが、家事分担の比率を”世代別”に焦点を当ててみると、大変興味深い結果が明るみになりました。

アンケート

”20代の家事分担の現実”を見てみると、「夫50:妻50」というアンケート対象者が理想としていた家事分担の比率の割合が他の世代よりも高い結果となりました。

「夫40%:妻60%」の割合もこの世代は高く、さらに「夫10%:妻90%」の割合が、30代、40代のそれと比較すると最も低く、若い世代ほど家事分担は進み、妻に協力的である傾向であることがわかりました。

家事分担

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

共働き世帯の増加により、”家事分担”については結婚と同時に夫婦間で協議してきたであろう若い世代。

家事分担が身近なテーマであるからこそ、家事に協力的なのかもしれませんね。

大切なのは、家事分担の比率ではなくお互いを思いやる気持ちや行動であると感じますが、仮に家事分担の比率が50:50になれば、今以上に社会での女性の活躍が期待できそうですね。

 

【参考】

※ 2018年 共働き夫婦の家事分担調査(定量調査編)。若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに(マクロミル調べ)-PR TIMES

※ 共働き等世帯数の推移-内閣府男女共同参画局