子育て・教育

たかこたかこ

小児科の受診年齢は何歳まで? 何歳から内科に移ればいい?

いよいよ本格的な冬の到来。

子育て中の親のみなさんは、風邪やインフルエンザ対策として子どもに予防接種や手洗いうがいの徹底、お部屋の湿度管理、除菌など忙しくされているのではないでしょうか?

しかし、あらゆる対策を施しても、学校や幼稚園など集団で過ごしている子どもたちはどうしても感染してしまいますよね。

「混雑した小児科を受診するより、内科で受診したほうが早く済むかしら……」「坑インフルエンザウイルス薬や抗菌剤ってどのように処方されているの?」など、みなさんも疑問を抱いたことがあるはず。

今回は、そんな「小児科についての疑問」や「小児科から一般内科への移行年齢と処方薬」についてのお話です。

小児科は0歳児から成人まですべての患者が対象!

0歳児のころから予防接種や定期健診を始め、お世話になることが多い小児科。

小児科

tkc-taka / PIXTA(ピクスタ)

小児とは一般的に15歳くらいまでを指すそうですが、子どもの風邪や肌荒れ、心身症まで診てくれるなどの守備範囲の広さから、小児科は親にとっては強~い味方。

筆者としてはなるべく長くお世話になりたいくらいですが、子どもが成長すると「小児科は小さい子どもが多いから、なんとなく恥ずかしい」などという感情が芽生え、一般内科に移行する子どもが多いようです。

しかし、小児科について定められた年齢制限はないそう。

実は筆者も、子どもの予防接種ついでに30代にして小児科を受診した経験があります。

小児病棟には、高校生や成人の患者さんが入院することも珍しくはなく、0歳児から成人まですべての患者が対象と考えていいようです。

小児科

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

 

小児科医と一般内科医でまったく違う”移行期間”

小児科受診に定められた対象年齢はないということは分かりましたが、”小児科から一般内科への移行期間の目安”について、医師たちはどう考えているのでしょうか。

「株式会社アンテリオ」は、過去1か月間に小児患者(15歳以下)を10名以上診療した医師を対象に「小児患者の受診」について調査を実施しました。

小児科から一般内科への移行時期の目安となる年齢についてのアンケート結果を見てみると……、

アンケート

最も多い回答は、一般内科医は「12歳(中学校入学)ごろ」小児科医は「15歳(高等学校入学)ごろ」となりました。

なんと小児科医と一般内科医では、移行期間の目安に3歳もの差があることが判明!

両者の回答を見てみると移行期間は12歳~18歳頃と幅広く、一般内科への移行は親やお子さんが判断されても問題はないようにうかがえます。

診察室

kou / PIXTA(ピクスタ)

 

薬の処方方針は年齢によって違う?

次に、小児科医の坑インフルエンザウイルス薬の処方方針を見てみましょう。

アンケート
”1歳未満の新生児・乳児に対してはほとんど処方しない”と回答した医師が17%いるものの、ほとんどの医師がどの年齢の患者に対しても坑インフルエンザウイルス薬を投与しているという実態が明らかになりました。

6歳まではドライシロップ(粉薬)が多く処方されていますが、6歳を超えると薬の選択肢が増え、10歳以上になると吸入薬が約6割。

ワクチン

tkc-taka / PIXTA(ピクスタ)

年齢に合った剤型が処方されているようです。

アンケート

更に、厚生労働省で適正使用を求められている”抗菌剤”の使用について見てみると、かぜ症候群(主に上気道症状、発熱等)に対する抗菌剤の使用については、小児科では「ほとんど処方しない」とする医師の割合が85%。

その一方で、一般内科では「積極的に処方する」と「患者側の希望により処方する」とする医師数を合計すると半数にのぼることがわかりました

抗菌剤は中耳炎や気管支炎、肺炎、扁桃炎など細菌による病気を早く治すためや、重い病気から命を救ってくれるものでもありますが、普通の「かぜ」であればウイルスが原因のため効きません

普通のかぜのときに予防のために抗生物質を飲むことは、体内の菌のバランスが壊れ耐性菌(抗生物質が効かない菌)ができてしまうこともあるのです。

中耳炎に対しては、ペニシリン系抗菌剤を使う医師の割合が、一般内科よりも小児科の方が高いため、小児科医師の抗菌剤の適正使用に前向きな姿勢がうかがえました。

抗生物質

tadamichi / PIXTA(ピクスタ)

 

いかがでしたか?

子どもの場合は細菌感染なのかウイルス感染なのか判断が難しい場合があります。

抗生剤が処方された場合は、用法と容量、内服日数を必ず守り、飲みきるようにする。

そして自己判断による抗生剤の内服や、中途半端な抗生剤の使用の中止はお子さんの将来にとってよくありません。

薬の処方について不明な点は、診察の際に質問されることをオススメいたします。

 

【参考】

※ 小児患者の受診に関する調査 小児科医師が考える「小児科卒業」の目安は15歳 医療従事者への簡易Web調査「TenQuick」で調査

※ 小児科医へのよくある質問-大分大学医学部

※ 「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版(ダイジェスト版)」を作成しました-厚生労働省

 

  • B!