ニトリの格安「ダッチオーブン」を使ってみた!その使い心地は?

車持ちのキャンパー(キャンプするひと)にはお馴染み、ダッチオーブン。

いわゆる鉄(鋳鉄)鍋で超重たいので、歩いて山登りする際は、お供に持っていけません。

もちろん家でも使えるため、前々から欲しかったのですが、どれも数千円から、いいものになると1万円超えのお値段なのです。

しかし!

ニトリから格安のダッチオーブンが発売されていると聞き、買いに行ってきました。

冬は長時間、鍋を石油ストーブにかけられるため、煮込み料理に重宝しそうですよ。

万能鍋のダッチオーブンで家キャンプがはかどる!

火

ダッチオーブンといえば、キャンプ用品メーカーのコールマン、キャプテンスタッグ、ロゴスなどが有名どころです。

ダッチオーブンは、煮る・油で揚げる・焼く・蒸す・炊く・燻製(スモーク)などができる、万能鍋!

欠点は、重いのと、手入れが悪いと錆びる、思いのほか高額ってところ。

ニトリ製は19cmと24cmのふたつで、お値段は税抜き1,380円と2,306円です!

ダッチオーブン

これこれ!

手軽に買えちゃうため、キャンプのみならず、家で使わなくてはもったいないですね。

なお、家使いでは、ガスコンロのほかにIHも使える!(ちなみにIHが使えるものは他社にもあります)

お値段以上の機能はそのままに、価格をぐっ、ぐぐぐっと下げたニトリの格安ダッチオーブン(以下、ダチオと略します)は、ダッチオーブン界(?)に価格革命をもたらしたと、個人的には思いますよ。

それでは、実際に使ってみましょう!

 

使用前にする「シーズニング」ってなに?

ダチオは、錆びないように表面に油やシリコン樹脂が塗られているそうです。

そこで、使用の前にシーズニング(油ならし)というやつをしなければいけない。

簡単に書くと、表面の保護コーティングを剥がす作業です。

1. 熱湯で洗う

シーズニング

洗剤を使うのは、基本シーズニングだけ

シリコン樹脂塗装された鋳鉄製品はシーズニングの必要がないようですが、ニトリのダチオは食用油でコーティングされているそうなので、必要。

給湯器のお湯でもいいし、ダチオでお湯を沸かしてもいいのですが、台所用の中性洗剤をつけてお湯で洗います。

 

2. 火にかける

シーズニング

水滴を蒸発させるのが目的です

本体の水気を拭き取っただけでは十分じゃないため、コンロの火で乾かします。

ニトリのダチオ添付のマニュアルには書かれていませんでしたが、強火で空焚きし、油を焼き取る方法もあるそう。

この場合も、洗剤で洗います。しかし、冷水で急激に冷やすと本体が割れる恐れがあるため、温度が下がってから行うことが大切です。

 

3. クズ野菜を炒める

シーズニング

野菜の残りを使えばいいのですが、クズ野菜がないため、新品の玉ねぎを1/2個を使いました

表面の水滴が蒸発したら、少し冷まします。

再び加熱して、クズ野菜を炒めます。これは、油臭さを取り除くためです。

一度洗って火にかけただけでは、油臭かったので。

内側を油がついた野菜で撫でまわすと、油が本体表面に染み込んでいきます。

最後に、炒めた野菜は捨てます。

以上で準備完了!

 

「ダチオ」で煮込み料理を作ってみた!

煮込み用材料

ざっくりとした、煮込み用材料!

ニトリのダチオの箱にあるような、鳥の丸焼き的なものを作りたかったのですが、どこのスーパーにも丸ごと一羽の鶏肉が売られておらず!(田舎のスーパーでは需要なし? むしろ、生きているニワトリは近所にわんさかいます……)

男のズボラ料理といえば、煮込み料理ですね。材料を鍋に入れるだけでオッケー。

ということで、玉ねぎやらトマトやら豚肉の塊やら、材料をダチオにぶち込みました。

男のずぼら料理

若干、窮屈そう。調味料は、岩塩とオリーブオイルを入れました

水は入れず、重いフタを閉めてストーブの天板の上へ。

2時間ほったらかしにしてできたのが、次の写真です!

男のずぼら料理

野菜の水分だけで、ご覧のとおり

ヒマラヤのピンクソルト(岩塩)と安いオリーブオイルで味付けしただけでしたが、美味いポトフ(のようなもの)ができていました。

さらに赤ワインを注いで煮込むことに。

豚肉の赤ワイン煮込み

豚肉の赤ワイン煮込み、完成

半日ほったらかしにして、勝手にできあがっていたのが上の写真です。

サワークリームをかけて、完成。

これ、別にダチオを使わなくても作れる料理でした!

ですが、重いフタと肉厚の鋳鉄の保温効果で、吹きこぼれにくく、短時間でも食材に火が通るそうです。

 

家に着くまでが遠足

おこげ取り

ダチオの面倒くさい点(ほんのひと手間、ですけどね!)は、後片付けかもしれません。

こびり付いた食材のかけらや焦げを、熱湯をかけてブラシでこすって落とします。

洗剤は、せっかく馴染んできた油が落ちてしまうため、不使用。

「家に帰るまでが遠足」のように、ダチオはこのあと火にかけて水分を飛ばし、熱が冷めたらオリーブオイルを全体に薄く塗るまでがパッケージとなっております。

表面に塗る油はサラダ油でもいいそうですけど、オリーブオイルのほうが酸化しづらく、次の手入れまでの間が長いそう。

使った後のお手入れを忘れる(いい加減にやってしまう)と、錆びます。

鉄製のフライパンのお手入れと同じですね。

 

ダチオを使った料理のレシピ、とてもたくさんあるようです。

ニトリのダチオ、愛(う)いやつ。冬はストーブがあるので、料理が捗ります。

お粗末&ごちそうさまでした。

 

【参考】

※ 和平フレイズ株式会社 鉄製品について