インテリア・雑貨

キタノアカリキタノアカリ

カインズ「Skitto スキット」の100均では得られない魅力を徹底分析!

年末といえば大掃除。いちから収納を見直す時期でもあります。

入居時に使い始めた収納ケースの使いづらさ。疑問を持ちながらも、そのまま使い続けていませんか?

気になるカインズの整理収納小物ケース「Skitto スキット」に着目して、その魅力と使い勝手を徹底的に分析してみます!

カインズ「Skitto スキット」は全部で11種類!

「Skitto スキット」とは、カインズのオリジナルブランド商品です。

キッチンの引き出し収納はもちろん、洗面所下の収納など、細かなグッズを整理するのにお役立ちの、便利な小物ケースです。

サイズ感を実践的に確かめるべく、全種類をそろえてえみました。

スキット

 

ケースの高さは2種類

高さが15.2cmの深型と、朝型の7.7cmがあります。整理したい収納スペースに合わせて組み合わせて使えます。

スキット

 

幅も2種類から選べる

スリムサイズの7cm幅と、幅広の14cm幅から選べます。

「7cmモジュール」なので、埋めたいスペースが7cmの倍数ならば、組み合わせ次第で“シンデレラフィット”も望めます。

 

他にもピッタリ収納を目指せる「スライド仕切り」が登場

一般的なBOX小物収納ケースの他にも、間仕切りとして使える「スライド仕切り」が用意されています。

スペースに応じて伸び縮みして使えるので、とことんスッキリの収納をを追求する方にオススメです。

 

100均では得られない!「Skitto スキット」の魅力はココ!

収納用品で一般的なのは、ケースを幾重にも重ねて保管できるような、側面が斜めになったものが多いです。

実はこれ、売り場にたくさん置けるので、販売効率が良くなるという理由もあるようですよ。

「販売効率」よりもユーザーの「収納効率」を大切にしたと考えられたスキットを、我が家のパントリーで使っていた、100均の収納BOXと比較してみました。

スキット

 

使いやすさにこだわったカタチ

100均の収納BOXと並べてみました。

右の100均ケースは上部にフチがあって、側面が斜めになっている分、くっつけて並べた時に、無駄な空間が生まれますよね。

これ、ちょっとすっきりしなくて気になっていたのです。でもカインズのスキットなら、きっちりぴっちり置けちゃいます。

インナーケースとしても大活躍してくれそうな予感。

色も人気のホワイト。ツヤなしのマット調で、部屋のインテリアを邪魔しませんよ。

スキット

内面底がカーブになってるので、角にゴミが溜まっても、ふき取りがラクチンなのが嬉しいです。

スキット

 

積み重ねできるからストック収納にも最適

スキットはスタッキングが可能です。

3段くらいならぐらつかず、重ね置き収納ができそうですよ。洗面所下などの、ストック型収納に最適なアイテムではないでしょうか?

 

「見せる収納」「隠す収納」どちらにも対応

パントリーに置くのなら、内容物がはっきり見えるほうが嬉しいけれど、ブックシェルフなど人目に付く場所では、ちょっと隠して収納したい。

スキットはそんな両方に対応できる優れもの。表と裏の使い分けが出来る収納ケースです。

 

一番のお気に入りポイントは「ジョイントパーツ」

スキット

小物収納ケースに求めていること。

それはスッキリとした「見た目」や「収納力」もそうですが、ケースのズレも許せません。

そこを解消してくれるのがこの「ジョイントパーツ」

ケース1個につき1個付いてきて、ケースどうしを連結して使えます。ほら見て!

スキット

「ジョイントパーツ」で連結させれば、こんなに連結させてもバラけません!

スキット

このジョイントは「ネームプレート」としても使えます。サイズもぴったりな「ネームシール」もセットなんですよ。

至れり尽くせりの、賢い収納ケースだと思いませんか?

スキット

すっかり「スキット」に惚れ込んでしまいました!

今使っている収納ケースに、ちょっと不満がある……という方は、カインズの「Skitto スキット」を使って、新年から「スッキリ収納」をスタートさせてみませんか?

  • B!