野菜をよく食べる子は風邪をひきにくい?野菜嫌いの克服法とは?

体調管理には、より一層気を付けたい冬。

朝晩の気温はどんどん下がり、街中でマスクをする人が増えてきました。

冬の大敵である風邪は、家族の誰かがひくと、家族全員にうつってしまいます。

特に子どもは免疫力が低いため、大人に比べて罹患率も高い傾向にあるので、注意したいですよね。

そんな中、生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、3~12歳の子どもを持つ母親500名を対象に、子どもの風邪に関する調査結果を発表。

普段から野菜をきちんと摂っているかどうかが子どもの風邪に大きな影響を及ぼしていることがわかりました。

昨年風邪をひいた子どもはなんと約9割

調査結果によると、まず88%もの母親が「昨年、子どもが風邪をひいた」と回答。

また、「風邪により高熱(38度以上)を出した」と答えた割合も58%でした。風邪がいかに子どもにとって身近な病気であるかが浮き彫りに。

子どもの風邪

WLink / PIXTA(ピクスタ)

そして子どもの風邪予防や対策について聞くと、「手洗い」(86%)と「うがい」(70%)がツートップ。

うがい

G-An☆ / PIXTA(ピクスタ)

一方で、「食事の内容に気をつける」と答えた人は42%にとどまりました。

体の外側からの予防策は講じていても、体の内側からの予防策に関してはまだまだ十分になされていないことがわかります。

一方で母親たちに、子どもの家庭における野菜摂取量(※1)を聞いたところ、平均は1日あたり「114.9g」という結果に。

野菜を食べる子ども

Fine Graphics / PIXTA(ピクスタ)

今回の調査対象条件のうち、最も年齢が低い3歳児でも、1日あたりの野菜摂取量の目安は「240g」(※2)とされており、推奨値の半分以下しか野菜がとれていませんでした。

※1 昼食については、学校給食ではなく家庭における食事として回答

※2 厚生労働省が推奨する「4つの食品群の年齢別・性別・身体活動レベル別食品構成」/身体活動レベルⅡ(ふつう)より

 

野菜摂取量の多い子は風邪をひきにくく、こじらせにくい?

そこで気になるのが、子どもの風邪と野菜の摂取量の関係。

調査では次に調査対象を「家庭における子どもの1日あたりの野菜摂取量」に応じて、「100g未満」「100~199g」「200g以上」の3グループに分類。

その上で、前問の子どもの「風邪」の実態に関する質問の回答をグループごとに比較したところ、以下のような結果になりました。

アンケート

野菜摂取量が多いグループほど、圧倒的に風邪をひきにくい傾向にあることがわかります。

野菜サラダ

grace / PIXTA(ピクスタ)

また、風邪が悪化して高熱を出した割合も、野菜摂取量が多ければ多いほど低い結果に。

アンケート

こうした調査結果から、家庭での野菜摂取量が少ない子どもは風邪をひきやすいだけでなく、その風邪をこじらせて悪化させやすい傾向にあると言えます。

野菜嫌いで野菜をあまり食べない子どもほど、風邪には注意した方がいいことがわかりました。

 

風邪予防に効果的な野菜の食べ方は?

それでは、風邪予防に効果的な野菜の食べ方はあるのでしょうか。

小児科医でなごみクリニック院長の武井智昭氏によると、「免疫力を高めるには、腸内環境を整えることが大事。そして一時的に野菜の量を増やすのではなく、年間を通じて意識的に野菜をとることが重要」とのこと。

そして野菜はできるだけ、いろいろな種類のものをバランスよく食べることが大事になってきます。

トマト、カボチャなどの緑黄色野菜には抗酸化作用が高いものが多く、免疫強化に効果的。

緑黄色野菜

aiselin / PIXTA(ピクスタ)

キャベツやレタスなどには食物繊維が多く含まれており、腸内環境を良くしてくれます。

レタス

katerynabibro / PIXTA(ピクスタ)

また、にんじんなどに多く含まれる「ビタミンA」は鼻や喉の粘膜を強化して細菌が体内に侵入するリスクを軽減。

にんじん

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

パプリカやブロッコリーは、風邪対策の定番「ビタミンC」が豊富。

好きな野菜1種類を大量に食べるのではなく、いろいろな野菜を組み合せて摂ることで、風邪予防につながります。

パプリカ ブロッコリー

しまじろう / PIXTA(ピクスタ)

 

野菜嫌いを克服するにはちょっとした工夫がポイント

しかし、そうはいっても野菜嫌いの子どもは、なかなか素直に野菜を食べてくれませんよね。

子どもを野菜好きにする“ベジトレ”は、楽しく野菜を食べられるように工夫することがポイントです。

まずオススメなのが、野菜ジュースや野菜スープ。

野菜ジュース

dorry / PIXTA(ピクスタ)

野菜嫌いな子どもたちは、形を見ただけで拒否反応を示すことが多いです。

そのため、食材の見た目を変えてジュースやスープにすると、意外とすんなり食べてくれることも。

野菜スープ

my room / PIXTA(ピクスタ)

そして、食べてくれた時には親がしっかり褒めてあげると、自信がついて継続的に食べられるようになるでしょう。

また最近の子どもは、間食にスナック菓子やジュースを食べることで腸内環境が悪くなりがち。

これらを甘みのあるスムージーや野菜ジュースに変えるだけでも、野菜摂取量はアップします。

スムージ

Mills / PIXTA(ピクスタ)

その後は、野菜を刻んでカレーやハンバーグなどの好物に混ぜ込んだり、星やハートの型で形を変えたりと、少しずつステップアップしていくことで、野菜嫌いを上手に克服できるはず。

ハンバーグ

Mills / PIXTA(ピクスタ)

毎年冬になると、「子どもがすぐに風邪をひく」「ひいた風邪がなかなか治ってくれない」とお悩みの方は少なくないでしょう。

そんな方はぜひ、うがいや手洗いだけでなく、野菜摂取によって風邪を予防してみてくださいね。

 

【参考】

※ 家庭での“野菜摂取量”が少ない子どもほど、 風邪をひきやすい傾向に!?