お宅拝見

シマムラ アサミシマムラ アサミ

38平米だけど快適!狭さをアイデアでカバーした都心・駅近の家【リライフプラス】

ともに仕事が忙しく、都心で駅近という条件が必須だったという千葉さん夫妻。

夫妻揃って持ち物が少なく、40平米未満の家に妹と暮らしていた妻の経験から、立地を重視して38平米、築18年のマンションを購入。

コンパクトなワンルームをうまく生かしてくれそうなクラシフォンにリノベーションを依頼し、工事費300万円(税込み、設計料別)で狭さを感じさせない住まいを実現させました。

狭さはアイデアで克服! 工夫あふれるLDK

キッチン中心のLDK

人を招くのが好きな千葉さんはキッチン中心の家をオーダー。プランニングはまずキッチンの配置から始めました。

「できるだけデッドスペースをつくらず、視線を対角線上に通して広く見せる。空間を最大限活用するため、ミリ単位の調整を重ねました。」と話すのは、設計を手掛けたクラシフォンの瀧内未来さん。

可変性のあるテーブル

キッチンの主役は、変幻自在な造作テーブル。キッチンの側面に取り付けた折り畳み式の天板を起こせば、最大8人まで着席できるそう。

また、ダイニングテーブルの足には、高さを変えられるガス圧昇降式を採用。ペダルを踏むだけでバーテーブルにも早変わりします。

高さの変わるテーブル

ダイニングテーブルの下には、キッチンの側面に取り付けた延長用の天板も。

タテの空間を有効活用することで、LDKは狭さや窮屈さとは無縁。

また、ちょっとしたスキマにも収納棚をつくるなどして、空間を余すところなく活用しています。

狭さを感じさせないEdy

シンク裏のデッドスペースにも棚を設けて収納にしました。「この棚のおかげで、テーブルの上が片付きます」と千葉さん。

ダイニングの照明は「後藤照明」で見つけたものです。

タイル張りのキッチン

キッチンと玄関の間の壁はタイルで仕上げています。

玄関からリビングに視線が抜けるよう、壁の量にも工夫を凝らしました。

キッチンは作業効率を考え、テーブル、シンク、コンロを一列に並べました。

動かせない排水管があったため、ミリ単位での配置がなされ、一番端の冷蔵庫は壁を削って収めたそうです。

 

寝室まわりはスペースを有効活用

コンパクトな寝室

寝室はベッドに合わせて幅を決め、夫の身長から床の高さを割り出しました。

開口部には、夫が壁と同じ色で塗装したアンティークの扉を設置。床のクッションフロアはシャビ―なテイストのものに。

そしてそのベッド裏には、将来の書斎スペースも!

今は来客時に物をしまったり、着替えをしたりと、多目的に使っています。

当初は寝室を北側に寄せ、ソファスペースを広く取る予定でしたが、このように変更して正解だったと夫妻は言います。

収納アイデア

そして寝室の床下には、二方向からアクセス可能な収納を確保。キッチン側には棚を設け、食器棚として使っています。

撤去した下駄箱の扉を再利用することで、自然な一体感を演出。また、寝室の壁にはニッチをつくり、ブックスタンドに。

床面積がコンパクトで家具が置きにくい空間では、わずかな収納スペースが重宝します。

ベッドまわりの工夫

寝室前には謎の白いボックス!こちらは寝室に上がるための階段です。

テーブルやベンチにもなるという3WAYで、最上段のボックスを移動すれば、テーブルに早変わり。

そこにストライプ柄のカバーをかけ、半円パラソルを開けば、あっという間に非日常の空間に。家にいながらリゾート気分を味わえます。

 

既存の設備や建具を上手に活用

玄関とトイレ

もともとキッチンがあった場所にはシューズクロゼットを新設。

ガラスの扉は既存のもので、あえて中を見せることでショップのようなディスプレイ効果が得られました。

シューズクロゼット右手の目隠し壁には小窓を設置しています。

サニタリーは大理石の床や壁で豪華な印象。

窓付きバスルーム

すでにリノベ済の物件だったため、便器とシャワーヘッド以外は、既存の設備をほぼそのまま利用しています。

3面に窓がある物件なので、浴室も十分な明るさを確保できています。

明るいLDK

こちらは浴室方向からみたリビング。壁や建具は白やガラス、床は明るい色を選ぶことで広く見せています。

ソファは1シーターと2シーターを組み合わせ、背を両脇に向けてアーム代わりにしているそう。

週末にはパラソルの花が咲き、テーブルはバーカウンターに変身し、ゲストの笑い声が響く。

狭さをネックととらえずポジティブな発想で住まいを楽しむ極意を、この家は教えてくれました。

このリノベーションをもっと詳しく見たい方は、ぜひ「リライフプラスvol.19」も参考にしてみてくださいね。

 

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計・施工 kurachiffon(クラシフォン)

撮影/山田耕司

  • B!