収納術

黒田 みか黒田 みか

マフラーやストールは収納場所を決めればスッキリ!プロが片付く方法を解説

クロゼットのマフラーやストール

この時期活躍するマフラーやストール、脱いだら玄関やリビングに置きっぱなしにしていませんか?

クローゼット整理収納スタイリストの黒田みかさんは、適切な収納場所を決め、「掛ける」「丸める」「畳む」の収納方法をマスターすればスッキリ片付くと言います。

さっそくその極意を教えてもらいました。

マフラーやストールの置き場所、収納方法をシステム化する

上着やマフラーを脱ぎっぱなしにしている
そもそも、あなたの家のマフラーやストールの置き場所(収納場所)と収納方法は最適ですか?ストールをちょい置きする場所、上着をしまう場所はどこですか?

この時期、コートやマフラー、ストール類をつい脱ぎっぱなし、置きっぱなし…なんてこと、よくありますよね。

適切な場所に収納場所を確保しなければスムーズに片付きません。マフラー、ストール類を着けたり外したりする場所や便利な動線を考えて収納システムをつくりるのがコツです。

 

マフラーやストールの収納法は「掛ける」「丸める」「畳む」3つ

マフラーやストールの収納方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

掛ける

  • 大きめのフックや特大のS字フックに掛ける
  • ハンガーなどに掛ける
  • 専用のグッズに掛ける

マフラーやストールを掛ける収納

 

畳む

  • 畳んで棚に入れる
  • 畳んで引き出しに入れる
  • 畳んでカゴやボックス、衣類ケースなどに入れる

マフラーやストールを畳むで整理

丸める

  • 丸めて棚に入れる
  • 丸めて引き出しに入れる
  • 丸めてカゴやボックス、衣類ケースなどに入れる

マフラーやストールを丸めてしまう

すべてを収納するのではなく所有数の見直しも必要!

どの収納法がよいか迷う場合は、片付けるための移動歩数や動作数が少ない方法、または自分が心地よい方法を選びましょう。

現在の収納場所や収納方法では片付かない場合は違う方法を取り入れてみましょう。

掛ける場所や引き出しのスペースを確保するのが難しいなら、カゴや、簡易フック、ハンガーなどのグッズを活用するのがおすすめです。

また持っているすべてのマフラーやストールを無理に収納するよりは、使用頻度の高いもの2、3枚をどこにどの方法で収納するとよいかをまず考えてみてください。

この機会にマフラーやストールの所有数も見直してみましょう。マフラーやストールは顔に近い部分に使う防寒具です。

似合わない、使っていてテンションが上がらない、なぜかあまり使用しないマフラーやストールは思い切って処分し、自分に似合う、テンションが上がるストールだけに厳選して収納しましょう。

●教えてくれた人/黒田みかさん
クロゼット整理収納スタイリスト(整理収納アドバイザー&パーソナルコーディネーター)「クロゼットが変れば未来も変わる。ファッション整理は一番身近な環境改善」がコンセプト