ストールやマフラーは「掛ける」「丸める」「たたむ」でスッキリ収納!

クローゼット整理収納スタイリストの黒田みかです。

「クローゼットが変われば未来が変わる、ファッション整理は一番身近な環境改善策」をコンセプトに、クローゼット収納整理でババ臭ファッション脱却!のお手伝いをさせていただいています。

今回は、この時期活躍するマフラーやストールを簡単にすっきりと収納する方法を、3つのステップに沿ってご紹介します。

1・マフラーやストールが片付けられない原因

クローゼット

そもそも、あなたの家のマフラーやストールの置き場所(収納場所)と収納方法は最適ですか?

ストールをちょい置きする場所、上着をしまう場所はどこですか?

脱ぎっぱなし

この時期、コートやマフラー、ストール類をつい脱ぎっぱなし、置きっぱなし……なんてこと、よくありますよね。

適切な場所にマフラー、ストール類の収納場所を確保しなければスムーズに片付きません。

マフラー、ストール類を着けたり外したりする場所や動線を考えて収納システムをつくりるのがコツです。

 

2・マフラーやストールの収納法は3タイプある

マフラーやストールの収納方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

1.掛ける

・大きめのフックや特大のS字フックに掛ける
・ハンガーなどに掛ける
・専用のグッズに掛ける

掛ける

 

2.たたむ

・たたんで棚に入れる
・たたんで引き出しに入れる
・たたんでカゴやボックスなどに入れる
たたむ

 

3.丸める

・丸めて棚に入れる
・丸めて引き出しに入れる
・丸めてカゴやボックスなどに入れる

丸める

 

3・自分に合った収納法を見つけるには?

ストール

mazekocha / PIXTA(ピクスタ)

どの収納法が良いか迷う場合は、片付けるための移動歩数や動作数が少ない方法、または自分が心地良い方法を選びましょう。

現在の収納場所や収納方法では片付かない場合は違う方法を取り入れてみましょう。

掛ける場所や引き出しのスペースを確保するのが難しいなら、カゴや、簡易フック、ハンガーなどのグッズを活用するのがおすすめです。

また持っているすべてのマフラーやストールを無理に収納するよりは、使用頻度の高いもの2、3枚をどこにどの方法で収納すると良いかをまず考えてみてください。

この機会にマフラーやストールの所有数も見直してみましょう。マフラーやストールは顔に近い部分に使う防寒具です。

似合わない、使っていてテンションが上がらない、なぜかあまり使用しないマフラーやストールは思い切って処分し、自分に似合う、テンションが上がるストールだけに厳選して収納しましょう。