お宅拝見

いけだちよみいけだちよみ

気分は『かもめ食堂』! 憧れのキッチンをわが家に

吉田さん夫妻は神奈川県川崎市宮前区で平成13年築、専有面積77.26平米の中古マンションを購入。リノベ-ションして暮らしています。以前は賃貸アパートに住んでいましたが、インテリア好きの夫が「家を好きなようにいじりたい」と考え始めたのが住み替えのきっかけだったとか。
リノベ会社は勤め先から近いリビタに決めました。リビタには物件探しから入居まで同じコンサルタントがワンストップでサポートしてくれるサービス「リノサポ」があり、「効率がいい」とお願いすることにしたそう。
設計・施工は、夫妻の好みに合う会社としてリビタから紹介された錬に依頼。工事費は1200万円(コンサル料、設計料含む)でした。妻はふたりとも食品関係の仕事をしていて、食べることが大好き。リノベでは「映画『かもめ食堂』のように」とリクエストするなど、キッチンにはとくに思い入れがあったようです。

ホームパーティにぴったりのキッチン!

キッチン

完成したのは、存在感たっぷりのアイランドキッチン! キッチン右側がダイニングで、夫が座っているのはダイニングテーブルのベンチの役割も果たす小上がりです。

リノベ前のキッチン

リノベ前のキッチン

既存では、LDとは離れた奥まったところにキッチンがありました。

LDK

リノベではキッチンがLDKの主役に躍り出たわけです。

キッチン

料理は夫妻そろってするので、ふたりで立てる広さになっています。壁やカウンターのタイルは、何度もサンプルを取り寄せるなどして厳選したものです。

小上がり

小上がり

ゲストをたくさん呼んでホームパーティーをするため、夫妻は大きなダイニングテーブルも要望。キッチンカウンターとダイニングテーブルの間に同じ素材の板を渡せば、ひとつの大テーブルとして使えるように工夫されました。
ベンチ代わりにもなる小上がりの下は、引き出し式の収納になっています。

リノベ前のLD

リノベ前のLD

「リビングを広くしたい」というのも夫妻のリクエストのひとつでした。

リビング

既存ではLDと隣接していた和室と洋室をなくし、広々としたLDKを実現しました。

スッキリと暮らせるのは収納のおかげ!

パントリー

パントリー

キッチンとダイニングの間、アール壁の先にはパントリーがあります。収納量の多いパントリーは、キッチンと同様に夫妻が要望していたもの。このパントリーのおかけで、スッキリとしたキッチンをキープできています。

棚はIKEAのものです。夫が床を塗装したときに余った塗料を塗ったら、まるで造作したような仕上がりになりました。

クローゼット

サニタリー

洋服やアウトドアグッズなど趣味のものが増えたとのことで、W.I.Cも要望していた夫妻。左は以前キッチンがあった場所に設けたW.I.Cです。壁の両側にハンガーパイプを、上部に枕棚を設けて収納量を高めています。
そして右は第2のW.I.Cです。洗面脱衣室の一部にハンガーパイプ、枕棚などを造作してW.I.Cにしました。

サニタリー

サニタリー

洗面室とバスルームには寝室からしかアクセスできないつくりにして、プライバシーを高めています。洗面台の向かいは洗濯機置き場なので、家事動線にもムダがありません。

キャットステップで猫も大満足!

玄関土間

以前は玄関が狭く、廊下を挟んで物入れがありましたが、そこをすべてゆったりとした土間に変更しました。

寝室

玄関ホールと寝室の壁は、Yさん夫妻と友人で塗ったものだそうです。

リノベ当時は飼っていませんでしたが、設計では猫を飼うことも前提にプランニングしてもらいました。

キャットをウォーク

寝室にはリビングへ自由に行き来できる、猫用の出入り口を設けました。壁にはキャットステップをつくって、出入り口からやってきた猫が下りやすいよう工夫されています。リビング壁の天井近くにはキャットウォークも設置されました。

トイレ

通路

ステンドグラスが入ったドアはリビング入り口、右側の引き戸がトイレの入り口です。トイレ内には換気扇付きの猫トイレスペースも設置しました。「やり残した感がまったくない。住んでいて大満足です!」と夫妻。リノベ後に迎えた2匹の猫ものびのびと暮らし、満足そうでした。

プロデュース/リビタ
設計・施工/
撮影/山田耕司
※情報は「リライフプラスvol.28」取材時のものです

  • B!