連載
新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます

なぜ建築条件を外せたか?【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

ほぼ諦めていた「建築条件外し」がとんとん拍子に実現してしまい、愛する新宿の土地を手に入れられることになり、喜びと戸惑いが冷めやらぬ鳥夫婦です。

営業Sさんは最後までやり手

鳥

さて、晴れて新宿くんと結婚できることになった鳥夫婦。

Sさんから電話を受けた一週間後にはY社へと伺い、「建築条件外し合意書」に判を押しに行きました。

Sさん「保奈美さん(40代半ばだと思われる女性設計士さん)には何か話されました?」

鳥夫婦「いいえ、まだ何も。近々謝罪の電話でもしようかと思っていたのですが……」

Sさん「あ、それは、ちょっと、待っていてもらえますかね?」

Sさんの指示通り、その後はR社に何もアクションしないようにしていました。

そして次にR社の人と接することになったのは、土地決済日。

銀行の来客室にて、R社の設計部長さんと久しぶりにお会いしました。

鳥邸

設計部長さんさんは鳥夫婦の顔を見るなり立ち上がり、

「このたびは、大変申し訳ございませんでした!」

と謝罪されました。

ビックリしてしまい、「いえいえ、とんでもありません! こちらこそ……」と慌てて鳥夫婦も頭を下げました。

この状況から、Sさんが、すべて、うまくやってくれたのだと察しました。

きっと「R社の方が良くなかった」という流れに持って行ってくれたのでしょう。

だから建築条件外しの土地代も請求されなかったのかもしれません。

鳥

本当にSさんには良くしていただきました。

竣工の暁には、Sさんに写真と御礼メールを送らせていただこうと思いました。

(しかし竣工後にメール送ったところ、宛先不明で返ってきてしまいました。残念ながら転職されていたみたい)

また、保奈美さんには会わないまま「保奈美さんにも、申し訳なかったとよろしくお伝えください」と設計部長さんに伝える形で終わりました。

 

なぜ土地代アップなしで建築条件外しができたか?

鳥

個人的な状況なのでお役に立たないと思いますが、一応、今回のありがたい結末を迎えた要因について、まとめておきます。

以下がSさんからお聞きしたもの。

  • 今回の分譲地は、諸事情あり、手続きの結果によっては分譲の話自体がなくなるリスクがあったので、そもそもR社が弱腰だった(当初の契約書にも、もし分譲不可能になっても了承するよう記載されていた)
  • 最初から「建築条件を外せ」と要求していたら、おそらく土地代アップを求められていただろうが、鳥夫婦も検討した上での要求であった
  • Y社は老舗、R社は新しい会社であり、つながりで成り立っているこの業界でY社の立場は強かった(R社はいつも非公開で仲介業者に売ってもらっている)
  • R社社長とマブダチの反町(隆史似の)支店長が、ちょうど2か月前にSさんの支店に配属されてきたのもラッキーだった

鳥

以下は鳥の思う、その他要因。

  • 複数棟を同時設計&施工することによるコストダウンが得られず、1棟分だけまた新たに客を探して設計し直し&施工するのは、R社としてもやりたくなかったのではないか
  • R社がちょうど今後の経営方針に「個人住宅の注文住宅設計に力を入れていく」と打ち出していたので、社内的に「設計力を高めよう」「設計力がないといけない」という自省の雰囲気があったのではないか
  • 老舗のY社、やり手のSさんに担当してもらえた
  • 地縁があった

ということで、ほとんど運によるところが大きいですかね……。

でもね、ジタバタ努力すると、運が(同情して)向いてくれると思うんですよ!