連載
新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます

建築条件外しの結末【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

3か月ぶりに土地仲介の営業Sさんと会い、ダメモトで建築費300万円値引きの交渉に伺ったところ、Sさんの方から建築条件外しの話を出され、動揺した鳥夫婦です。

反町隆史似の支店長

上ずる気持ちを必死で抑えつつ待っていると、Sさんが、あのイケメン俳優・反町隆史さま似の、無邪気で明るく若々しい男性を連れて戻ってきました。

「鳥夫婦さん、こちらが、うちの支店長の、反町です」

Sさんが紹介するやいなや、

「どうもおお~! 支店長の反町ですう~!!

R社さんの土地の件ですよねええ~!!

うーんっ、でももう、しょうがないでショッ!

僕がまたR社長と飲めばいいんでしょお~~?

もうっ、いっつも僕、こういうトラブル案件の対応をやらされて……、

アッ! トラブルだなんて言っちゃった! すみませ~~ん(笑)

まあでも、僕がまたR社長と飲んで、”ねえ条件外してよ!”(両手を上にあげる仕草付き)って頼んでくればいいんでしょお~!?

もうっ、ハイハイ! わかりましたよ!!」

 

え……?

 

支店長で偉い人のはずなのにこのテンションというのにも驚きましたが、土地代アップの話は……??

もしかして土地代アップ無しで建築条件を外してもらえる可能性があるの???

相変わらず鳥夫婦がニヤニヤしかできないうちに、支店長は無邪気なまま、また奥へと去っていってしまいました。

 

期待に色めき立つ鳥夫婦

反町支店長のマシンガントークに圧倒された鳥夫婦。

支店長が去って一気に静かになったフロアで、

「まあ……支店長とR社長は、もうマブダチと言っていいほどの仲なので……(苦笑)。ここは支店長にお任せしましょう。R社との話が決まり次第、すぐ連絡差し上げますので」

とSさんは言われました。

(ちなみに、Sさんの意味深な苦笑に、「もしかして支店長とR社長は特別な関係!?」という妄想が発動しました)

鳥夫婦は湧き上がる期待と興奮を抑え、あくまでも平素の態度のまま、

「お手数ですが、よろしくお願いします。もし建築条件を外してもらえるなら、ぜひ土地は買いたいと思っていますので」

とお願いして帰ってきました。

Y社のビルを出ても、鳥夫が「まだ態度に出すな!」と言うので黙々と歩き、かなり離れてから、

「ねえねえ、どうしよう!? もしかして土地代アップ無しで建築条件を外してもらえるのかなあ!?!?」

「いや、まだわからないよ! 期待するのは危険だよ!」

「だってあの言い方だとさあ!!」

とピーチクパーチク色めき立つ鳥夫婦。

興奮と期待で、その日は帰宅後もずっと話し合っていました。

 

そして翌日の夜遅く……。

鳥夫の携帯に、Sさんから電話がかかってきました!!

 

建築条件外しの結末やいかに!?

Sさんからの夜遅い電話。

神妙な面持ちで電話に出る鳥夫。

隣でじっと見守る鳥。

しばらく会話した後、耳に当てていた携帯を離し、胸の前で電話を切った鳥夫が、鳥の方を向き直し、こう言いました。

「配管費用の50万円だけでいいって……」

「えっ、建築条件を外すためのアップは? 配管費用の50万だけ払えば良いってこと?」

「うん……そうみたい……」

「本当に……?」

「うん……本当……。もう……これでいいよね……? ここを買って……いいよね……?」

「うん……もちろん……そうだよ……」

徐々に喜びの実感が湧いてきました。

「ねえ? 本当に? 本当に新宿に注文住宅を建てられるの!?」

「そうだよ、今度こそ、やっと注文住宅を建てられるんだよ」

「本当に? 本当に? やった! 嬉しい! 私、すごい嬉しいよ!!」

 

……3か月間、耐えて耐えて、ここまで来ました。

おかげさまで、これから晴れて「新宿に注文住宅を建てる」日々が始まることになります!!