インテリア・雑貨

fukofuko

ダイソー&セリアで狭いキッチンの水回りを快適に!おすすめ3つ

「狭いキッチンの水回りのイライラを解消したい!」

このように思っている方は多くいると思います。

築古団地住まいのわが家のキッチンも、コンロ台を除くと横幅は120㎝。シンク部分の大きさはだいたい横60×奥行40㎝。

料理をしていると、あっという間にシンクの中がいっぱいになってしまいます。

そんなわが家の狭いキッチンの水回りを快適にしてくれたダイソー&セリアの100均アイテムを3つご紹介したいと思います。

1. ダイソー「シンク三角シェルフ」食器以外のごちゃつきを解消!

毎回ごちゃつくシンクを見ながら、なぜこうなってしまうのかを考えてみたところ「シンクを溢れさせている原因は食器や調理器具だけではない」ということに気が付きました。

具体的には主に以下の2つです。

  • 洗った野菜
  • 洗った資源ごみ(発砲スチロールトレー、空き缶、ペットボトル)

そんな時に役立ってくれるのがこちらです。

ダイソー「シンク三角シェルフ」

100均商品ながら、左右から中央にかけて緩やか~なカーブを描く繊細な設計。

ダイソー「シンク三角シェルフ」

このカーブが絶妙でシンクの角で抜群の水切れを発揮してくれます。

小さいので、狭いキッチンでも邪魔にならずサッと洗えて管理の手間もかからないのも嬉しいところ。

おかげで必要なときにサッと使うことができます。

 

2. ダイソー「水切りゴミ袋」これで三角コーナーいらず!

小さなシンクには生ごみ用の三角コーナーを置く充分なスペースがありません。

わが家も何度か試しに使ってみましたが、結局、洗い物とぶつかってひっくり返るなどイライラすることが多く処分する……を繰り返していました。

そんな折、知人の料理研究家の先生に、調理中の生ごみの処理はどうしているのか尋ねたところ「自立して水切りするタイプのゴミ袋だと三角コーナーが不要で便利だよ」と教えてもらいました。

某メーカーのものを使ってみると、確かに水切れもよく清潔。

何より三角コーナーのないシンクは掃除がしやすく気持ちがいいのです。

ただ、その某メーカーのものはわが家の小さいシンクには大きすぎるなぁ……と感じていたところ、ダイソーでこちらの商品を発見。

 ダイソー「水切りゴミ袋」

ご覧の通り、底面がメッシュになっていて生ごみの水分をしっかり切ってくれる構造です。

 ダイソー「水切りゴミ袋」

コンパクトサイズは100均ならでは。

わが家ではキッチンが立て込んできたときは、これを先ほどの三角シェルフのせて使うこともあります。

 ダイソー「水切りゴミ袋」

おかげで三角コーナーいらずのシンクを保つことができました。

 

3.セリア「排水口カバーフラットタイプ」スムーズな水の流れをキープ!

排水口カバーもいろいろなタイプがありますが、狭いシンクの場合のオススメは開口部が大きいタイプです。

水の勢いが速いので、シンクに落ちた小さなゴミも一気に流し清潔なシンク内をキープしてくれます。

以前使っていたのは、古い賃貸でよく見かける切れ込みが入ったこのタイプ。

排水口カバー

 

そしてこちら。セリア「排水口カバーフラットタイプ」です。

セリア「排水口カバーフラットタイプ」

明かに水流の形が違うのがおわかりいただけると思います。

小さなシンクでは洗い物の途中、廃水がシンクの底全体に溜まりやすいですが、これを使えば清潔です。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したアイテムを使えば、わずか300円で狭いキッチンを快適に!

狭いキッチンこそ小さな道具が力を発揮してくれます。

ぜひ、みなさんもお試しください。

  • B!