介護施設にもAI化の波が!「介護ロボット」ってなにするの?

現在、大学や企業では介護ロボットの開発が進められ、実際に介護施設などで利用されている事例も増えてきています。

まだ始まったばかりの分野ですが、ここでは気になる「介護ロボット事情」をご紹介します。

介護職員不足をロボットで解決?

現在、日本には約120万人の介護職員がいます。

それに対して要介護者は約500万人。2025年には700万人にもなるといわれています。

介護施設

Mills / PIXTA(ピクスタ)

職員のほうも同年には現在の倍にあたる253万人の介護職員が必要とされ、約38万人が不足するとされています。

明らかな人材不足を背景に、政府も設けロボットの普及に努めています。

現在、全国の施設の約3割で何らかのロボットが導入されています。

ただ、ロボットは万能ではなく、人材不足を補うというのは少し無理があるように思われます。

人が苦手なところを補うことで、人は本来の介護の質を高めていく、といった目的のために活用すべきでしょう。

入居者の心の癒しや話し相手にまでロボットが利用されていますが、介護職員の仕事が人と向き合うことから遠ざからないよう注意する必要があります。

 

介護ロボットの活動分野は6つ

では、実際にどのようなロボットが介護の現場で活躍しているのでしょうか。

介護利用におけるロボットの活用分野としては、以下の6分野があります。

  • 移乗介助
  • 移動支援
  • 排泄支援
  • 見守り・コミュニケーション
  • 入浴支援
  • 介護業務支援

移乗介助や移動支援、入浴介助では介護者の負担が大きくなりがちで、腰痛などを理由に介護職を離れる職員も少なくありません。

入浴介助

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

ロボット導入により介護者の身体的負担を軽減することが可能となります。

 

失禁や離床時に知らせる見守りロボットも対応!

見守り用ロボットは、施設で行っている夜間の巡回などを代わりに行ってくれ、必要なときのみ職員が対応することができるようになります。

介護施設

蒼 / PIXTA(ピクスタ)

定期巡回のたびに起こされていた施設入居者が不必要に起こされず、朝までぐっすり眠ることができるようになります。

また、定時でしかオムツ替えされずにいた入居者も排泄した時点で知らせてくれるロボットがあることで清潔保持に役立ちます。

 

人や物を無理なく持ち上げる筋力補助ロボット

マッスルスーツ

マッスルスーツ/株式会社イノフィス提供

例えば、東京理科大学工学部の小林宏教授が開発した「マッスルスーツ」というロボットがあります。

これは、人が装着して使うロボットです。

着用者の背筋力をサポートし、筋力があまりなくても重量物の上げ下ろしを助けてくれます。

動力はモータではなく、非常に強い力で収縮する、空気圧式の人工筋肉を使用します。

介護者の負担の大きいベッドから車椅子への移乗に役立つロボットです。

 

認知症診断が家庭で簡単にできるロボット

認知症は予防や早期発見によって進行を食い止めることができるといわれています。

認知症検査

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

しかし、病院へ行くのを嫌がり、診断が遅れることは少なくありません。

そうした問題の解決策として、長崎大の小林透教授(情報工学)の研究グルーは人工知能(AI)を使って、認知症検査を行うロボットを開発しました。

ロボットは高齢者役に質問を出し、答えてもらうことで約10分で診断が終了。

結果はスマートフォンなどの端末に送信されます。

スマホ

kou / PIXTA(ピクスタ)

診断には認知症検査の「改訂長谷川式簡易知能評価スケール」が採用されています。

 

今後の課題は費用と職員の意識

ロボットの利用を控える要因として、やはり費用が考えられます。

価格としては、比較的低価格なコミュニケーショロボットが数万円から数十万円、移乗支援ロボットが数十万円から数百万円と高額です。

費用

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

そのため政府は補助金制度を平成27年度に実施しましたが、申し込みが多すぎたようで、それ以後は実施されていません。

現在は自治体で補助金制度を設けているのみです。

今後は価格がいかに購入しやすいレベルにまで落とせるかがポイントとなるでしょう。

介護ロボットの課題としては、価格をはじめ操作を覚えるまでに時間がかかること、費用対効果などがあります。

年配の介護職員も多いため、介護ロボットの導入によってむしろ負担が増えてしまうのではという声も聞かれます。

介護職員

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

導入したはいいが、思うように効果が出ないとか、使いこなせず倉

庫に眠ったままといったことにならないよう、職員全員の意思統一と導入後のフォローや計画的な活用を考えておくことが大切です。

 

【参考】

※ 株式会社イノフィス マッスルスーツとは?