1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てたデザインハウス
  5. 工務店施工実例
  6. のびのび暮らせる間取りに吉野杉の美しさをプラス

のびのび暮らせる間取りに吉野杉の美しさをプラス

設計・施工/イムラ(所在地:大阪)

撮影/川隅知明

イムラに設計・施工をお願いした林さん夫妻は、もともと3階建ての家に住んでいました。
しかし、近いうちに子どもたちが独立して夫婦ふたりになることを見据え、新築の検討を始めたそうです。
「高齢になってもストレスなく暮らせる家がいいなと思って」
そう語る夫が依頼先を探す中で出会ったイムラは「吉野杉の家」という言葉が目に留まったという。
「展示場で吉野杉の床を見て、美しさと肌触りのよさに惹かれました。その後、吉野杉の産地見学ツアーなどに参加するうち、どんどん愛着がわいてきたんです」(夫)

そしていつまでも心地よく、住むほどに味わいが増す家を実現し、家族みんなが満足しているようです。その快適な暮らしぶりをご紹介します。

先々の暮らしやすさと自然素材の味わいを追求

広い土地が見つかると家づくりに着手。「大半の時間を過ごすLDKを快適に」という夫妻の希望に応え、朝日が入る東側に吹き抜けのダイニング、南向きに全開口サッシを設けたリビングを配置するプランが採用されました。
将来1階だけで暮らすことも想定した間取りのほか、玄関から収納を経て洗面・浴室へつながる裏動線など、ライフスタイルに合わせて柔軟に使える工夫も凝らしています。

上の写真は、リビングで過ごす林さんのご家族。リビングとダイニングにつながりを持たせる一方、それぞれの天井の高さを大きく変えることで空間にメリハリを与えました。

そんな家全体に穏やかな表情を添えるのが、壁の珪藻土、天井のエコクロスなどの自然素材。特に吉野杉は、節のない美しい床をはじめ、天井や建具、柱に至るまで、ふんだんに使っています。
「少しずつ変化していく吉野杉の色合いもいいですね」と夫。

1
2

1. 南側の大開口から入る光で部屋の隅々まで明るくなっています。夜になると一転、間接照明とダウンライトで落ち着いた趣に包まれています。蓄熱暖房機の上はオープン収納兼飾り棚として活用。
2. リビングの外にL 字型のデッキが広がり、掃き出し窓を開放すると内外が一体化。庭は手入れの手間を考慮して砂利敷きに。

明るい光と木の温もりが日々の暮らしをより豊かに

こちらが東側に配置したダイニング。
上下の大きな窓から爽やかな光が差し込んできます。
キッチンは生活感が表に出ないセミクローズタイプ。

パントリーを併設したキッチン。
ダイニング側の室内窓はデザイン性と目隠しを考慮してアンティークガラスを採用しています。

将来的に夫妻の寝室として使うことを想定している1階の和室は、LDKから独立した配置にしました。
「ベッドを置いても違和感がないように」(妻)という希望に応え、グレーの天井など和モダンなテイストに仕上げにしています。ここからも広縁越しに庭が眺められます。

勾配天井に使った高野杉がエレガントな表情に!

勾配天井に使った吉野杉がエレガントな表情を添える吹き抜け。
ダイニングと階段室を一体化して設計することで開放感を際立たせています。
細部までつくり込んだ階段手すりの木組みも印象的です。

吹き抜けに面して設けた2階ホール。一角に洗面台を設置。

2面に広く窓を設けた夫妻の寝室。
屋根の形状に合わせた勾配天井が広がりを感じさせます。
収納は2階納戸を家族共用とし、寝室内にクロゼットなどを設けていないため空間がスッキリ。

夫のこだわりの浴室は1624サイズ。
ラウンド型バスタブにつかりながら坪庭のモミジや夜空が眺められます。

高齢で体が不自由になった場合のことも想定し、1階トイレは車椅子対応の広さを確保。
便器は壁付けタイプで床掃除がしやすい仕様に。

洗面台も浮かせて設置。オープン収納を壁一面に併設。

ポーチの軒天には吉野杉を採用した外観

吹き付け仕上げの外壁に、玄関回りを彩る檜のルーバーがアクセント。
「イムラさんからご提案いただいたデザインの中でも、このルーバーは特に気に入っています」と夫も大満足。
ポーチの軒天には吉野杉を採用しています。

ゆったりとした玄関ホールも、吉野杉の天井やオリジナルの木製下駄箱など上質な木の香りに包まれています。
間接照明を入れてエレガントに演出。

Checkpoint

吉野杉の木目が美しい格子戸

玄関を入るとまず目に入る格子戸は、「イムラさんのモデルハウスでひと目惚れしました」と夫妻が採用を決めたお気に入り。
木目が美しい吉野杉を使って造作したもので、大きめのサイズと相まってインテリアとしても映えます。

軽い力で動かせるよう吊り戸にしたしました。

大阪・高槻市 林さんの家 家族構成/夫58歳 妻56歳 長女30歳 次男24歳

DATA

敷地面積/233.47㎡(70.75坪)
延床面積

150.99㎡(45.75坪)
1階/ 98.00㎡(29.70坪)
2階/ 52.99㎡(16.06坪)


用途地域/第1種低層住居専用地域
建ぺい率/50%
容積率/100%
構造/木造軸組工法
本体工事費
竣工/2016年12月

INSTRUMENTS

厨房機器/パナソニック
衛生機器/ TOTO
窓・サッシ/ LIXIL

工務店プロフィール

社名:イムラ

所在地:大阪

建築エリア:大阪府 奈良県 兵庫県 京都府 和歌山県(一部地域を除く)

吉野杉を生かした“本物の木の家”を提供します

創業90年を超える材木商としてのノウハウを生かし、吉野杉や珪藻土といった自然素材を使って、地域の風土や風習に合わせた地元職人による“本物の木の家” づくりに取り組む。また、日本初となる、奈良県川上村からの産地直送システムを構築。吉野林業の再生や川上村の地域活性化に貢献するとともに、高嶺の花だった銘木・吉野杉をリーズナブルに提供している。2015年から3年連続でグッドデザイン賞を受賞。

イムラ

吉野杉をふんだんに使った家を体感できる展示場は大阪・奈良に計5か所

  • ●社名/イムラ
  • ●代表/井村義嗣
  • ●住所/奈良本社/〒630-8013 奈良県奈良市三条大路3-2-7-1 北大阪支店/〒560-0003 大阪府豊中市東豊中町6-1-8
  • ●電話/奈良本社/0120・59・5510 北大阪支店/06・4865・8100
  • ●年間建築棟数/新築60棟
  • ●設立/1986年10月

井村義嗣

材木商の3代目として家業に従事したのち、37年前に住宅業へと転業。地産地消を基本理念に掲げて、地元の木を活用しながら、地元の風土に合った家づくりに特化している。

この工務店のホームページを見る

スタイル別
キーワード
自然の光・風
自然素材の家
  • B!