私たちの家づくり

鳥

要望書(間取り編)【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

前回に引き続き、建築士さんに提出した「要望書」の続きです。

間取りの前提条件はコレだ!

●吹抜けとスキップフロアは、以下の理由で前向きではない

  • リビングの談笑・料理の臭いが、別の部屋にも届いてしまう
  • 延床面積が減る
  • 冷暖房の効率が落ちる
  • スキップフロアはコストアップ要因らしい

吹抜け・スキップフロアもダメとなると、オーソドックスな間取りしかなくなりますよね。

鳥夫は「せっかく設計事務所に設計をお願いするんだから、自分達では想像つかないような実験的な間取りを見てみたい!」などと言っていましたが、この条件じゃ難しいでしょう。

 

●作業場を広く取る(その分、居室が狭くなってもいい)

  • 作業場:キッチン、洗面脱衣所、浴室(洗い場)
  • 居室:リビング、部屋

作業場って動き回るし、作業道具も置く必要がある場所ですよね。

実物としてスペースが必要な場。

一方、居室って、椅子に座って動かない場所。

窓を大きく取るなどして「広い」と”感じる”ことさえできれば、実物のスペースは狭くても大丈夫な場所だと思いました。

もちろん狭小住宅じゃなければ、居室だって広い方がいいですけどね!

●最も滞在時間が長いパソコン部屋を、家の中で最も良い位置にする

鳥夫婦はテレビを見ないので、リビングにテレビを置きません(衆議院選挙と年末年始だけ、押入れからテレビを引っ張り出す)。

リビングは食事のときだけしかおらず、あとはもっぱらパソコンの前。

このようなライフスタイルなので、パソコン部屋が一番滞在時間が長くなること確実です。

でもパソコン部屋に限らず、いろんな場所でノートPCができるように工夫します。

西新宿の夜景を見ながら、とかね。

 

●脱衣場を広めにとり、室内干しメインの洗濯動線にする

旧居のマンションでも冬場は部屋干しになっていたので(外干しだと乾かない)、もう動線が楽な部屋干しでいいやと思いました。

鳥夫は花粉症ですし。

でもちゃんと物干し場は作っておきます(バルコニーに、取り外し可能な物干しバーをつけてもらう)。

 

●庭には特に希望がない(庭はなくても可)

庭が欲しかったら狭小地なぞ選んでない!

でも前回記事で書いた通り、ルーフバルコニーを希望しました。

ルーフバルコニーが庭代わりです。

ちなみに緑を求める心は、室内に観葉植物をたくさん置くことで満たします。

 

動線の条件はコレだ!

そして、効率性にうるさい鳥が非常に重要視したのが、動線です。

同じ作業をするなら、体力・時間・気力・コストは最小限で済むように!

同じ体力・時間・気力・コストを使うなら、最大限のアウトプットを生むように!

以下の図が、鳥が希望した動線をまとめたものです。

実線でつながっているのが隣接させてほしいと頼んだもの。

図表

これらがゴムでつながっているとイメージすると、わかりやすくないですか?

これらを3階建てにうまく納めてほしいのです。

 

ちなみに結論を言ってしまうと、上記の「バスコート」以外はすべて叶いました。

おかげさまで、もう実に実に暮らしやすい家であると自負しております!

人気連載

READ MORE