私たちの家づくり

鳥

パワポで自作した要望書【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

建築士さんと初顔合わせをした鳥夫婦ですが、この日、パワポで自作した「要望書」なるものを持参しておりました。

そのなかからポイントのみ抜粋してご紹介します。

考慮していただきたい”苦手なもの”

鳥

鳥夫の苦手なもの。

  • 睡眠時の光・音に神経質
  • 花粉症・ハウスダストアレルギー
  • カビが生理的に苦手
  • 臭い(油・タバコ・香料)に敏感

鳥の苦手なもの。

  • 臭い(油・タバコ・香料)に非常に敏感
  • ゴキブリが怖い

上記をカバーできるような設計をしてもらいたい、ということですね。

 

家に求めるもの

鳥

鳥夫が家に求めるもの。

  • 屋上(ルーフバルコニー)
  • 住宅の質、特に土台部分をしっかりしたい
  • 湿度が低いこと(カビ対策)

鳥が家に求めるもの。

  • 広さ/開放感
  • 情緒/幸せ感
  • 整理整頓しやすい
  • 蟻/ゴキブリ/シロアリがいない
  • デザイン/センス(建売っぽいデザインは避けたいという程度)
  • いずれ動物を飼いたい

鳥夫は機能的項目で、鳥のは情緒的項目が多いですね。

しっかり男女の差が出ています。

 

優先順位

鳥

鳥夫婦の希望を統合してまとめると、ざっくり以下のような優先順位でした。

——-これだけは譲れない——-
1.屋上(ルーフバルコニー)
2.延床面積100平米以上
——-譲りたくない————–
3.窓(開放感)
4.躯体や住宅性能
・躯体の資材の質
・高断熱/高気密
・耐震
——-できたらいいな———-
5.その他
・窓の数
・自然素材の床材
・機能的な住宅設備機器
——————————-

みなさんの優先順位とかなり違いますかね?

家造りは価値観が強く出るのが面白いですよね。

鳥も、他人様の好みやこだわりを知るのが好きです。

「へー、そう感じるんだあ。うちと全然違う! 面白い!」ってワクワクします。

 

なぜこの優先順位なのか?

さて、鳥夫婦の場合、どうして上記の優先順位なのか、ちょっと語らせてくださいね。

1.屋上(ルーフバルコニー)

鳥夫が幼い頃に住んでいた家にはルーバルがあり、とても楽しかった思い出があるそうです。

要望の少ない鳥夫が、唯一、絶対欲しいと言ったのがこのルーバルでした。

庭はほぼないし、夕暮れ時の西新宿・夜の西新宿を見ながら物思いにふけりたい鳥としても、屋上を持つことには大賛成でした。

鳥

2.延床面積100平米以上
3.窓(開放感)

鳥は、初婚の元旦那さんとは、古くて狭い2DKアパートに住んでいました。

収納が足りなくて散らかるし、閉塞感でイライラしてばかりの辛い思い出があります……。

そのため、元旦那と別居せねばならなくなったとき、一人暮らしには余裕のある2Kを選んでみました。

間取り

メインの生活場は6畳の部屋。

それなのに、この部屋の他にも、もう1部屋ある。

キッチンも2畳分あり独立でしたので、感覚としては3部屋あるようでした。

この余裕が、思いのほか鳥の心に良い影響を及ぼしました。

角部屋で大きな肘掛窓があり、とても開放感のある部屋でした。

今思い返しても、あの2Kアパートが一番好きです。

あの部屋での日々は、季節も街も自分も良く感じられて、時間が豊かに流れていました。

元旦那との結婚生活で傷つき見失ってしまった心が、あの部屋で暮らすうちに徐々に取り戻されていきました。

そして3年後、その部屋には鳥夫が泊まるようになりました。

新築のキレイなマンションに住んでいたのに、当然のようにうちに来る鳥夫。

鳥夫の部屋は1Kで掃出窓が1つあるだけで、高級感はあるけど閉塞感があり、不安感が刺激される部屋でした。

鳥の2Kは昭和感満載の古いアパートでしたが、断然居心地が良かったのでしょうね。

この経験から鳥は、

  • 延床面積100平米以上(本当はもっと広い家が希望ですが……)
  • 窓は多く(予算的に窓の数を絞ったとしても、必ず開放感のある雰囲気にする)

という2条件について、非常に強いこだわりを持っていました。

「これが叶わないなら、もうマイホームなんていらない!」

というぐらいの、とてもとても強い要望でした。

人気連載

READ MORE