暮らしのコツ

秋山悠紀秋山悠紀

保育園に入りにくい駅、入りやすい駅はどこ?各駅の0歳児人口も明らかに

毎年1月~2月は、4月からの認可保育園入園の合否通知が届く時期ですよね。

11月~12月に入園の申し込みをしてから、はや3か月弱。合格通知が手元に届くまでは、ドキドキの時間を過ごしてきた方も少なくないでしょう。

近年、政府は保育園の数を増やし、なんとか待機児童を減らそうとしているものの、特に首都圏においてはまだまだ待機児童が減っていない街もあるのが現状。

子どもが生まれた際には、保育園に入れやすいことを最優先にして引っ越す人も少なくありません。

そんな中、分譲マンション購入・売却検討者23万人を有する分譲マンションのセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」は、保育園に入りにくい駅、入りやすい駅を調査しました。その調査結果を発表します!

各駅の待機児童数の潜在需要を把握して集計

保育園

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

今回の調査は、2018年4月時点で、0歳児の保育所潜在需要がどの程度になるかを推計しました。

待機児童数の潜在需要を把握するため、各行政区に対して町丁目毎の0歳児人口の調査を行い、0歳児人口の総数を最大需要と推計し、さらにそれらを駅単位で集計。

その待機児童数を、各駅における認可保育所を中心とし、区が定める基準を満たす保育サービスを提供する専用施設の0歳児定員を引いて算出しました。

調査の結果、東京都区部における、0歳児の保育園に入りにくいワースト15駅は以下の通り。表組

残念ながら保育園に入りにくい駅の第1位となってしまったのは葛西駅でした。

葛西駅は、駅近隣の0歳児人口が都区部全駅で2番目に多い821名でありながらも、認可保育園等専用施設での0歳児定員数は66名。

最大で755人もの待機児童がいる計算となり、都区部で最も保育園に入りにくい駅となりました。

新小岩駅

Caito / PIXTA(ピクスタ)

第2位の新小岩駅は、0歳児人口が840名と都区部では最も多い人数でした。

そのため、0歳児定員数は139名と比較的多いものの、その多さに対応しきれずワースト2位となりました。

第3位は北綾瀬駅です。0歳児人口は816名と都区部では3番目の多さ。

0歳児定員は172名と多くの定員を確保していますが、やはり、その最大需要をまかなうには至りませんでした。

 

保育園に入りにくい駅、上位の共通点は?

東西線

ニングル / PIXTA(ピクスタ)

葛西駅、新小岩駅、北綾瀬駅と、今回のワースト3駅には、いずれも800名を超える極めて0歳児人口が多い駅がランクインするという結果になりました。

0歳児人口が800名を超えるのは、都区部の全駅内でこの3駅のみ。第4位となった西葛西駅における0歳児人口でさえ669名と、上位3駅とは大きな差がありました。

つまり、上位3駅に極めて0歳児人口が集中していることが分かります。

中古マンション

Caito / PIXTA(ピクスタ)

この3駅の0歳児人口が多いのには、理由があります。

いずれも都心部へのアクセスが良いにもかかわらず、都区部の中では比較的マンション価格が抑えられているのです。

そのため人気が集中しており、今後も多くの需要が発生することが予想されます。

保育園児

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

人気の駅であればあるほど、人口が集中し、保育園にも入りにくくなることは当然と言えば当然。

都心部で保育園に入れたいと思うと、住まい選びが大きなカギを握ります。

今後、保活を考えている方は、今回のランキングをぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【参考】

※ [住まいサーフィン] 保育園に入りにくい駅ランキング2018公表

  • B!