不動産

秋山悠紀秋山悠紀

2月から発生!?「引越し難民」にならないためにできること

2018年春頃に話題になった「引越し難民」という言葉をご存じでしょうか。

働き方改革により引越し業者の人手不足や、その人手不足に伴う料金の高騰といった理由によって、引っ越したい日に引っ越すことができなくなる人が急増し、社会問題となりました。

株式会社エイチーム引越し侍は、提携する引越し会社へのアンケート調査結果を公開。

2019年の繁忙期の引越しについて、業者の見解が明らかになりました。

昨年の「引越し難民」で引越し業者が受けた影響は?

まず、引越し業者に昨年の引越し繁忙期を振り返ってもらったところ、「受注しきれなかった案件があった」「例年よりも見積もり金額を上げた」といった回答が、合わせて60%と半数以上を占めました。

引越し業者

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

現場でも、多くの引越し業者が引越し難民の影響を実感していたようです。

グラフ

具体的な影響を聞いてみると、「お客様の依頼を受けきれる日と溢れてしまう日とあったが、単価は上げた」「細長く繁忙期が続いたイメージがある」「一般のお客様より法人のお客様の案件で、例年よりも見積り金額を上げた」といった声が聞かれました。

しかし、多くの業者で引越し難民の実感があったものの、日にちや料金、時間、地域などの条件によっては、引越しができる可能性があるということもわかりました。

 

今年の引越し難民は2月頃から発生する?

次に、2019年繁忙期の引越し難民の予想についてアンケートをとりました。その結果は以下の通り。

グラフ

「去年より多くの引越し難民が発生する」「去年と同程度の引越し難民が発生する」と答えた業者は合わせて約60%という結果となりました。

一方で、「引越し難民は発生しない」「引越し難民は発生するが、去年より少ない」と答えた引越し業者は合わせて約25%でした。

少なくとも、今年は引越し難民が、昨年より減る可能性は非常に低そうです。

引越し

最後に、引越し難民が発生する時期を予想してもらうと、全体の約65%が2019年3月からと回答。

やはり、4月からの新学期や新生活が始まる直前の3月という繁忙期から、引越し難民が発生しそうです。

グラフ

一方で、「引越し難民は2月頃から発生する」と考えている引越し業者も約3割という結果に。

今までは、引越しの繁忙期は3月~4月と言われていました。しかし現場で働く引越し業者は、それよりも前の2月頃から繁忙期が始まると考えているようです。

 

引越し難民にならないためにできること

それでは、引越し難民にならないためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか。

一番の対策は、繁忙期に引越しをしないこと。

2月までの繁忙期が始まる前か、5月以降の繁忙期が終わった後に引越しをすることがオススメです。

引越し

しかし、進学や就職などでどうしても繁忙期に引越しをしなければいけない人もいるでしょう。

その場合は、家財を一時保管できるトランクルームの活用や、早めに引越しの見積りと予約を済ませておく、さらにできるだけ多くの引越し業者に見積りを依頼するといった対処法があります。

引越しをしなければいけない時期の直前になってから慌てて業者を探していては、引越し難民になってしまう可能性がある、ということを肝に銘じておきたいところです。

今年、引越しを考えている人は、引越し難民にならないようにぜひ対策を検討してみてくださいね。

 

【参考】

※ 2019年、引越し動向予測を大調査!―引越し侍が引越し会社への調査結果と対処法をご紹介!

  • B!