共稼ぎ夫婦の家事分担のイライラ解決策「家事分散」って?

今回は、共稼ぎ夫婦の家事分担の実態とその解決策についてのお話しです。

夫婦間で意見が合わなくて、イライラ度の高くなることといえば、”家事分担”ではないでしょうか?

なかには”お金の遣い方”、さらにお金の遣い方と直結する”子どもの教育”などを挙げる人もいますが、やはり”家事分担”を挙げる人が圧倒的に多いようです。

特にこの家事分担については、共働き世帯の増加によりあらゆる議論がなされていますが、その解決策をご紹介します。

夫の70%以上が家事分担の割合をたった3割以下と回答

ロボット掃除機ルンバのアイロボットジャパン合同会社の調査によると(全国の20代~40代の子どもがいる既婚男性600名が対象)、実に70%以上の男性が自身の家事分担の割合を”3割以下”であると回答していました。

家事

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

依然として家事については妻主体であることが分かります。

グラフ

夫が家事を5割担当してくれたら納得!? それとも諦めて違う方法を考える?

家事 夫

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

さらに詳しく、家事分担の実態を見ていきましょう。

 

家事分担の不満をつくっているのは”妻”!?

夫が担当している家事はいくつありますか?という問いに対しての調査結果を見てみましょう。

グラフ

この調査結果を見てみると、ゴミ出し、食器洗い、風呂掃除という比較的単純な家事を担当する家庭が50%を超えていますね。

ゴミ出し

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

23.4%ではありますが、食事の支度をしている男性が存在することには拍手を贈りたいほどなのですが……。

料理 夫

cba / PIXTA(ピクスタ)

「”自身がこなす家事の分担量と妻が期待する家事の分担量”に関して、”夫婦間でギャップがあると思うか”?」という質問に対しては、実に67.0%もの男性が”ある”と回答しているんです。

グラフ

この数字を見ると、妻の抱く家事分担量の期待値は一応伝わっているように感じます。

しかし、このギャップの溝はなかなか埋まらず、家事は女性主体になりがち。

それは、夫の帰宅時間や勤務形態により妻の期待する家事をこなすことはまず不可能であったり、

「やり方が雑!」「洗剤の量が多い!」「ゴミの分別の仕方が違う!」など、

食器洗い

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

夫たちは妻から叱られた数々の経験があるため、本当はできる家事も妻が無意識にやらせていない可能性だってあります。

確かに筆者も、頼んでいた家事を夫に担当してもらい、その仕上がりが自分の期待値より低いことがあり、「もうやらなくていい!」と言ってしまった経験があります。

夫の家事への期待値をちょっとだけ下げることで家事分担のギャップは少しだけ埋まるかもしれません。

つまり、7割の仕上がりでもいいから「○○をしてくれた」ことに焦点を当ててみるのです。

 

分担ではなく「家事分散」のススメ!

家事分担ではっきり線引きをするとパートナーの家事のでき具合にイライラ。

家事分担の線引きを曖昧にすると、夫はきっと家事をしなくなり、やはりイライラ。

結局、家事分担にイライラはつきものであることは皆さん薄々感じているとは思いますが、調査によると、夫婦の家事分担量を見直すにあたり実施しようと考えていることがある男性の割合は64.4%

なかでも、”時短家電の購入や家事代行サービスなど夫婦以外に家事を託すことを検討している割合”が25%存在することに、今後の家事分担のヒントがあると思いませんか?

グラフ

つまり、夫と妻で分担するのではなく、パートナー以外の誰かに家事を託すのです。

家事代行サービス

mits / PIXTA(ピクスタ)

“家事分担”ではなく“家事分散”という考え方はいかがでしょうか。

グラフ

例えばロボット掃除機は”掃除機をかけなくては”というプレッシャーから解放してくれますし、乾燥機付き洗濯機があれば洗濯物を干す時間を他のことに使うことができます。

掃除ロボット

Komaer / PIXTA(ピクスタ)

家事代行も、”お部屋のここだけを掃除してほしい”というスポット依頼が可能であったり、サービスはどんどん多様化しています。

家事分担のイライラから解放されるには、”過度な期待をしないこと”、”家事を分散してみること”にヒントがあるかもしれません。

ご家庭でも一度検討されてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※ 夫が思う家事における妻の働きは時給平均1,461円 家族の時間をつくるのに取り入れたい家電1位はロボット掃除機-PR TIMES