家計

keisoumakeisouma

「キャッシュレス決済」と「現金払い」はほぼ半数!あなたはどっち?

今回はキャッシュレス決済と現金払いの最新事情についてご紹介します。

クレジットカードやスマホ決済などキャッシュレス化が進む近年ですが、絶対に現金払いしかしない!という人もまだまだ多いようです。

あなたは日常生活上で「カード」と「現金」をどのように使い分けていますか?

今回は、クレジットカード総合情報サイト「クレカッティ」が100人を対象に実施した「キャッシュレスに対するアンケート調査」の結果をご紹介しましょう!

あなたはキャッシュレス派 or 現金派?

アンケートではまず、「あなたは次の2つ(「キャッシュレス決済」または「現金払い」)のうち、どの支払方法を選ぶことが多いですか?」と質問(カード払いにはクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー含む)。

スマホ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

 

アンケート

すると、47人が「キャッシュレス決済」と答えたのに対し、53人は「現金払い」と回答

今も現金払いが半数以上と、根強く残っていることが判明しました。

次に、「キャッシュレス決済と答えた方に質問です。以下3つ(クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー)のうち、どの支払方法をよく使いますか?」と尋ねると、最も多かったのは「クレジットカード」で30人

次に「電子マネー」(15人)、「デビットカード/プリペイドカード」(2人)という結果に。

プリペイドカード

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

デビットカードやプリペイドカードを選んだ人が意外に少ないのが驚きですが、まだまだ日本にはこの形態のキャッシュレス決済に対応できる場所が少ないのかもしれません。

 

現金派の人はキャッシュレス決済が嫌い!?

では、現金派の人はキャッシュレス決済についてどう考えているのでしょうか?

「現金払いと答えた方に質問です。今後はキャッシュレス決済をメインにしたいと考えていますか?」と尋ねると、「はい」と答えた人はなんとたったの15人!

現金

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

 

アンケート

大多数の38人は「いいえ」と答え、硬派ともいえる「現金主義者」が多いようです!

では、現金派がキャッシュレス決済に移行したくない理由とはいったい何でしょうか?

「いいえと答えた方に質問です。現金にこだわる理由を以下3つの中から近いものを選んでください」と尋ねると、1位は「現金の方が何となく安心」(33人)

クレジットカード

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

 

以下、2位は「災害時に使えなくなるのが怖い」(16人)3位が「キャッシュレス決済がよく分からない」(4人)という結果でした!

 

キャッシュレス化が進む諸外国!アメリカの現状は?

クレカッティの調査リポートによると、日本でキャッシュレス化が進まない理由として、以下の3点が挙げられます。

  1. 現金を持ち歩いていても安全
  2. ATMの普及率が高い
  3. 現金払いのみのお店が多い
現金払い

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

同リポートによると、中国では偽札の横行を防ぐためにキャッシュレス化が進んでいるほか、北欧スウェーデンではキャッシュレス化を進めるために交通機関や金融機関でキャッシュの取り扱いをストップするという強硬策に出ているとか。

中國

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

では、筆者の住む世界一の経済大国アメリカの現状はどうでしょうか?

アメリカではキャッシュレス決済が広く普及しています。

アメリカ

Frog / PIXTA(ピクスタ)

クレジットカードを持つことは半ば必須ですが、「使いすぎは危険」という意見が一般的。

確かに、クレジットカードを利用するのはいわば「借金」しているのと同じ。使っているうちに、金銭感覚が麻痺してしまう恐れもあります。

 

アメリカで非常に良く普及しているのは、使ったお金が銀行口座から直接引き落とされるデビットカード。

デビットカード

Rawpixel / PIXTA(ピクスタ)

使いすぎる危険がなく、利用高が銀行残高を超えると使用できないシステムになっています。

また日本と同じように、現金以外は扱わない店も意外に多く、レストランやホテルで現金を使ってチップを支払う状況も多いため、完全にキャッシュレスになるのは難しいのが現状です。

ドル札 レストラン

Rawpixel / PIXTA(ピクスタ)

以上、現金払いとキャッシュレス決済に関する調査結果についてお伝えしました。

現金とカードのバランスを取りながら、自分なりに賢く使い分けたいものですね!

 

【参考】

※ クレジットカード総合情報サイト「クレカッティ」がキャッシュレスに対する国内の意識を徹底調査

  • B!