1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てた家
  5. 工務店施工実例
  6. 倉庫リノベーションで憧れの“男前”ハウスに!

倉庫リノベーションで憧れの“男前”ハウスに!

設計・施工/サトウ工務店(所在地:新潟)

撮影/横田公人

黒い塗装の梁や柱が大空間を引き締め、夫がDIYした家具と相まってインダストリアルな世界が広がるO邸。
思わず「これが元倉庫!?」と、見る者を驚かせます。
「中古住宅をリノベーションしようと物件を探したところ、偶然、倉庫物件を見つけて……」と語る夫。
早速、依頼先を探すと、サトウ工務店のカッコいい事例を見つけたので、すぐコンタクトを取り、依頼をしたそうです。
倉庫をリノベーションして男前な空間に住むOさんの暮らしぶりをご紹介します。

左の写真はビフォー。
アフター(上の写真)では、約48畳のLDKにして、天井に構造用合板、壁に調湿性のあるモイスを採用。床に張ったボルドーパインの無垢材は、幅240㎜のワイドサイズを選んでワイルドな印象にまとめています。
「床はあえて無塗装に。水滴がこぼれても、それが味わいになります」と夫。

施主の世界観とつくり手のノウハウで実現

依頼されたサトウ工務店の佐藤高志さんは、構造を生かしつつ建物の性能を高めるために、鉄骨の裏側にも断熱材を重ねて断熱性を上げ、入り口や窓も高断熱のものに変更しました。
2階は構造の利点を生かして大空間のLDKに変更し、南側の壁一面を窓につくり変えて採光も確保。
さらに、倉庫時代にはなかった2階のキッチンやトイレ、1階の浴室は、オリジナルデザインで新設し、快適に暮らせるように調えました。

また、2階は柱や梁を塗り直したが、1階の天井や柱は、ペンキのはがれやサビを生かし、構造用合板やむき出しの配管と合わせてワイルドな雰囲気に。
「あえてつくり込まないことで、OさんがDIYしながら、暮らしを楽しめる家にできたと思います」と佐藤さん。
その横で夫は、「今はベッドを製作中。その次は収納棚かな?」と、白い歯をのぞかせていました。

むき出しの配管や構造用合板が倉庫の面影にラフ感をプラス

1
2

1.がビフォア、2.がアフター。
鉄骨の柱・天井・階段が、武骨な印象の1階ホール。素足で階段を上り下りすることを考えて、踏み面には厚みのある板を重ねて張っています。
階段の奥は収納スペースに使う予定で、「収納棚はこれからDIY を」と夫。玄関の靴箱は造作してもらったそう。

個室を一列に配した1階ホール。各部屋の入り口には、夫こだわりの船舶照明を取り付けました。

3
4

3.個室は扉を付けていないが、「必要になったら取り付ける」と、夫は大らか。子ども室は、階段下の収納スペースが完成するまでは収納代わりにしています。
4.主寝室は南側に腰高窓を新設。既存の休憩室とつながる掃き出し窓も断熱サッシに。

5
6

5.「O 邸なら、構造用合板に押されたスタンプもデザインに生きると思い、トイレの扉や天井もスタンプが見えるように」と佐藤さん。
6.ガルバリウム鋼板を使った斬新なデザインの浴室。

既存のコンクリート土間を生かしたポーチ兼DIYスペース

こちらはポーチ兼DIYスペース。既存のコンクリート土間を生かしたつくったそう。
もともとここに昇降機があったそうですが、悩んだ末に撤去して、コンクリートでふたをした語る夫。このリアルな新旧のミックス感が、より男前な空間を創出しています。
「ここにあるパレットを使って、ベッドに仕上げる予定です。このテーブル(写真奥)もDIY で組み立てました」(夫)。

7
8

7.がビフォア、8.がアフター。
屋根と外壁は既存だが、ファサードはレッドシダーをランダムに張ってラフな雰囲気に。
出入り口は左側に寄せて土間空間とし、そこから玄関に入る動線になっています。

Checkpoint

暮らしやすさも高まるカッコいいスイッチ

LDKの開放感やデザインを保ちつつ、夜も階段を安全に上り下りできるように新設したのが、階段の照明スイッチ。
「取り付け用の壁をつくると閉塞感が出るので、床から立ち上げた金属管に配線し、メタルのスイッチボックスを設置。素材の硬質感やむき出しの配管がインダストリアルな雰囲気を高める」と語る佐藤さん。

新潟・見附市 Oさんの家 家族構成/夫29歳 妻29歳 長男2歳

DATA

敷地面積/393.94㎡(119.38坪)
延床面積

165.87㎡(50.26坪)
1階/87.48㎡(26.51坪)
2階/78.39㎡(23.75坪)
リノベーション面積/156.78㎡


用途地域/第1種住居地域
建ぺい率/60%
容積率/200%
構造/鉄骨造
本体工事費
竣工/リノベーション竣工/2017年6月 築年数/約45年

INSTRUMENTS

キッチン/オリジナル
窓・サッシ/LIXIL
LDの照明器具/TOOLBOXほか

施工実例別
キーワード
リノベーション
土間
無垢

工務店プロフィール

社名:サトウ工務店

所在地:新潟

建築エリア:新潟県

一棟一棟を大切にオンリーワンの家づくりを心がけています!

サトウ工務店は、設計から施工まで一貫して行い、立地やそこに暮らす家族の個性を生かした唯一の住まいを提供する。構造や断熱といった住宅の基本性能にもこだわり、耐震等級3をクリアした住宅を基本に、全棟で長期優良住宅の認定を取得している。構造に加え、内外装で使われる素材は、天然木や調湿性に優れたモイスなど自然素材を積極的に採用。素材が持つ魅力もデザインに生かし、建主に合った個性が光る住まいを、一邸ごとに丁寧につくり上げる。

サトウ工務店

設計ノウハウを盛り込んでリフォームした事務所内は開放的でモダン。発想力と技術力の高さがうかがえる。

  • ●社名/サトウ工務店
  • ●代表/佐藤高志
  • ●住所/〒955-0165 新潟県三条市高屋敷65-1
  • ●電話/0256・46・2176
  • ●年間建築棟数/新築7棟
  • ●設立/1995年4月

佐藤高志

1968年新潟県生まれ。大学卒業後、会社勤務を経て、2002年に家業のサトウ工務店に入社。一級建築士の資格を持ち、魅力のある空間を適正な価格で演出するのが得意。

この工務店のホームページを見る

  • B!