1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てたデザインハウス
  5. 工務店施工実例
  6. 平屋造りの土間キッチンで庭のある暮らしを楽しむ

平屋造りの土間キッチンで庭のある暮らしを楽しむ

設計・施工/ますいいリビングカンパニー(所在地:埼玉)

撮影/大内克志

番井(つがい)さん夫妻は当初、「古家を買ってリノベーションを」と、ますいいリビングカンパニーに相談していましたが、今の土地が売りに出され、「緑の多いところで子育てを」との思いもあったことから新築するに決めたそう。
代表の増井真也さんから家のイメージを聞かれた妻は、「広い作業台があり、地面に近い、ナチュラルな暮らしがしたい」と回答。
それを受けて、その場でさらりとラフスケッチを描いたとか。
「今の敷地に、夫妻が希望する暮らしや家と外のつながりを落とし込むとどうなるかを考えたら、おのずと浮かんだ」と、当時を振り返る増井さん。

上の写真は、心地よい光に包まれるDK。
キッチンに立ちながら隣地に茂る緑の借景を楽しめるよう、正面の窓は大きさや位置に配慮して取り付けています。床はフレキシブルボードを張って床暖房を設置しています。
手前のリビングの引き込み戸を閉めれば、それぞれ独立した空間にも。

そんな光があふれる平屋に住む番井さんの暮らしぶりをご紹介します。

プランの工夫でナチュラルライフを実現

完成した住まいは、南側に庭を取り、1階はアイランドカウンターのある土間キッチンを中心としたLDK、2階は個室を配し、どの部屋の窓も庭に向かって開かれたラフスケッチどおりの家になりました。
上の写真は、フィックス窓や掃き出し窓で、庭との一体感を高めたDK。イメージどおりに造作されたアイランドカウンターは、奥のキッチン側に家電が収納できて使いやすい。毎年、梅干しや味噌を手づくりする妻は、「子どもとお菓子づくりを楽しみたい」と目を細めていました。

また「キッチンから直接庭に出て、そこで育てた野菜を取ってすぐに料理し、家族と食べる。そうした暮らしが実現できてうれしい」と、夫妻は理想がかなった喜びをかみしめていました。
さらに夫は、「施工中、壁や天井の下地塗りなどをしたけれど、予想以上に大変で。それもいい思い出に」と満面の笑みで語ってくれました。
今回、家づくりに参加したのを機に、今では黒板などもDIYしたそうです。

1
2

1. 2. 長男の絵で彩られた黒板の壁は、「マグネットを付けたり、チョークで描けるように」と、夫がDIYしたもの。妹の誕生日には、黒板いっぱいに長男作のお祝いイラストが広がっています。

窓辺のインテリアのように吊された唐辛子は、庭で栽培して乾燥させたもの。

ざるやトレイの収納ポール代わりに椿の枝を活用。

アイランドカウンターは妻が見つけたメキシコのタイルを、自ら貼って仕上げた力作。

外観は、玄関を配した左側の平屋を“動の小屋” として、リビングや子ども室が吹き抜けでつながる右側の2階屋を“静の小屋” として、2つの異なるボリュームを持たせてメリハリのある空間構成と外観デザインになっています。

吹き抜け越しに、2階で遊ぶ子どもの気配が1階にも伝わります!

リビングの床は、足触りのよい無垢のカラ松を採用。天井はラワン合板に柿渋を塗装し、壁は漆喰を塗って仕上げています。
自然素材に包まれた気持ちのよい空間に、「ほっとリラックスでき、子どもたちが走り回っても安心してくつろげます」と夫妻。

3
4

3. スリット窓やニッチ棚を配した美しいストーブコーナー。「火をつけると、テレビの前では得られない新たな団らんの場に」と夫。
4. 煙突が吹き抜けを通っているので2階も暖かです。

しまう物のサイズを図り、厚みのあるベイ松の無垢材を棚板に使った壁面収納。
「この厚みが、武骨な感じでいいんです」と夫。ピアノの位置も決めてつくったので、ぴったり収まっています。

子ども室とオープンにつながる2階ホールは、いずれ壁で仕切ることも可能。正面の扉は主寝室につながっています。2階はすべてパインの無垢床。

家族で漆喰を塗って仕上げた主寝室の壁には、ニッチをつくってディスプレイコーナーに。妻の母が手づくりしたリングピローなどを飾っていました。

子ども室のロフトは、将来2つに分けられる予定だそう。

5
6

5. 玄関ドアを開けると、すぐDKに。祖母にもらったミシンや壁の絵がゲストを温かく迎え入れてくれます。
6.外観は、玄関を配した左側の平屋を“動の小屋” として、リビングや子ども室が吹き抜けでつながる右側の2階屋を“静の小屋” として、2つの異なるボリュームを持たせてメリハリのある空間構成と外観デザインになっています。

Checkpoint

家庭菜園のある暮らしがより楽しめる開口部の工夫

「建主の趣味・嗜好に合った世界にひとつだけの家」をモットーとするますいいリビングカンパニーでは、「地面に近い暮らし」を実現するために、キッチンの床の高さを低めに設定し、庭との段差を抑えたつくりに。DKの庭側には、大きな掃き出し窓を取り付け、式台代わりの枕木を置いて出入りしやすくしています。

埼玉・さいたま市 番井さんの家 家族構成/夫 39歳 妻38歳 長男7歳 長女3歳

DATA

敷地面積/127.62㎡(38.67坪)
延床面積

88.85㎡(26.92坪)
1階/36.49㎡(11.06坪)
2階/52.36㎡(15.87坪)


用途地域/第1種中高層住居専用地域
建ぺい率/60%
容積率/160%
構造/木造軸組工法
本体工事費/1530万円
竣工/2016年4月

INSTRUMENTS

キッチン/オリジナル
窓・サッシ/LIXIL
LDの照明器具/コイズミほか

施工実例別
キーワード
デザインキッチン
吹き抜け
土間
平屋

工務店プロフィール

社名:ますいいリビングカンパニー

所在地:埼玉

建築エリア:関東一円

既成概念にとらわれない家づくりを!

ますいいリビングカンパニーは、工務店機能を持つ設計事務所。代表の増井真也氏を中心に建築家集団として活動し、高い提案力と設計力で、住宅・店舗の新築やリノベーションを数多く手掛ける。リーズナブルな見積もりでも無垢材などの自然素材を多用するほか、建主に応じたセルフビルドの推奨や工芸家とのコラボレーションなど、魅力ある家づくりの実現に向け、多彩な手法で追求する。

ますいいリビングカンパニー

個性的なデザインの社屋と増井代表。自ら積み上げた枕木の階段が特徴的。

  • ●社名/ますいいリビングカンパニー
  • ●代表/増井真也
  • ●住所/本社/〒332-0032 埼玉県川口市中青木3-2-5 町田分室/〒195-0062 東京都町田市大蔵町494-5
  • ●電話/本社/048・254・8021 町田分室042・737・3157
  • ●年間建築棟数/新築15棟 リフォーム10棟
  • ●設立/1995年

増井真也

1974年埼玉県生まれ。'97年早稲田大学理工学部建築学科卒業。ゼネコンに勤務し、現場管理の経験を積んだあと、ますいいリビングカンパニーを設立。設計のみの依頼にも対応している。

この工務店のホームページを見る

スタイル別
キーワード
ナチュラル
自然素材の家
  • B!