1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てたデザインハウス
  5. 工務店施工実例
  6. 住宅密集地でも明るい!二世帯同居の3階建て

住宅密集地でも明るい!二世帯同居の3階建て

設計・施工/参創ハウテック(所在地:東京)

撮影/大槻夏路

二世帯住宅を立て替えたいと思って、参創ハウテックに依頼したAさん。
参創ハウテックは、都内の狭小地での家づくりに数多くの実績があって、省エネ住宅のノウハウも豊かに持っています。
「『理科系工務店』というコンセプトが依頼の決め手になりました」と夫。
上の写真は、2階の子世帯のリビング。ここには、南のバルコニーと吹き抜けからの光が爽やかに広ががっていて、風通しもよく、夏はエアコンの使用は最小限でいいそう。

そんなAさん一家が快適な暮らす二世帯住宅ご紹介します。

わずかな南の隙間から室内に光を取り込む!

もともとAさん夫妻と夫の母は、都心部の30坪ほどの敷地に並び立つ2軒の家に別々に暮らしていました。
しかし築40年を経て老朽化が気になり始めたので、あらためて二世帯が同居する家に建て替えることを決意。
そこで参創ハウテックにお願いすることにしました。

設計は参創ハウテックと協働しているカサボン住環境設計の田村貴彦さんが担当。
密集地での採光を確保するため、真南の角を空けて、1階の親世帯ではウッドデッキ、2階と3階の子世帯ではバルコニーを通じて光を取り込むというプランが提案された。

1階には母の居住スペースのほか、浴室や納戸を配置。
2階には夫妻のLDKと寝室、3階は夫妻のワークスペースと室内物干しのコーナーというレイアウトにしています。
上の写真は子世帯のLDK。キッチンにはホームバーのイメージでカウンターを設置し、朝食の場になることもあるそう。

高い断熱・気密性能のある躯体に守られた室内は、夏は自然の風が抜け、冬は床暖房で心地よく過ごすことができます。

3層の中で距離感がほどよく保たれた二世帯住宅。そこでは、夫妻も母も、お互いのペースで快適な暮らしを楽しんでいます。

収納、カウンターを備えた多機能なキッチン

キッチンは参創ハウテックのオーダーキッチンブランド「ekrea」を使用し、リビングと違和感なくコーディネート。
リビングの延長として夫妻の居場所になっています。

調理用具やキッチン家電の収納、配置など細かい使い勝手を意識したつくりになっています。
「これなら気持ちよく調理できますね」と妻。

キッチン脇には大容量のパントリーやゴミ箱の置き場も用意されています。

1階の母のスペースにはあるキッチン。その横には寝室があるなど、コンパクトに機能がまとまっています。

2階、3階も明るい光が取り入れられるつくりに!

吹き抜けは3階につながり、光と風の通路に。
照明を吊す位置を変えられるよう、梁の中にはコードを通せるようになっています。

1
2

1. 2階の寝室の隣にある洗面室はパウダールームにもなるよう広めに確保。壁のモザイクタイルがほどよいアクセントになっています。
2. 2色のクロスを貼り分けた夫妻の寝室。天窓からの光が降り注ぐのがいいですね。

3階は夫妻のワークスペースと室内物干しのフロア。
細かく壁で仕切らず、ひとつながりの空間にして広がりを演出しています。
通風・採光の効率もよくなっています。

3
4

3. 屋根の勾配で低くなる部分を壁面収納に有効利用。
4. ワークスペースでは妻は洋裁、夫は読書やパソコンなどお互いに自分の時間を楽しんでいるそう。

5
6

5. 上下の開口部から明るさを取り込んだ玄関。母のために靴の着脱を楽にするベンチを造り付け。
右手の引き戸の内部には容量十分の玄関収納も用意しました。
6. 2種類のサイディングを張り分け、都心部の限られた敷地でも個性を発揮する外観になっています。

Checkpoint

日射シミュレーションで採光計画を検討

参創ハウテックでは太陽光を効率よく利用するため、日射のシミュレーションを実施して、日当たりを確保しています。

東京・文京区 Aさんの家 家族構成/夫50歳 妻48歳 母84歳

DATA

敷地面積/107.37㎡(32.54坪)
延床面積

152.23㎡(46.13坪)
1階/56.01㎡(16.97坪)
2階/59.20㎡(17.94坪)


用途地域/第1種中高層住居専用地域
建ぺい率/60%
容積率/200%
構造
本体工事費/木造SE構法
竣工/2014年3月

INSTRUMENTS

キッチン/ekrea
サッシ/ YKK AP
LDの照明器具/施主支給

工務店プロフィール

社名:参創ハウテック

所在地:東京

建築エリア:東京都(23区とその近郊)

住んでから、その価値が分かります。

家づくりでは、施工品質と性能を重視。独自の施工基準を定めてすべての現場に徹底させている。性能面では耐震性と断熱性について常に最上級のレベルを目指しており、最新の技術と知識を更新し続けている。特に住宅における温熱環境の向上に努め、自社で「パッシブ冷暖システム」を開発。省エネ技術の普及に取り組んでいる。2016年には「軽井沢建築社」を設立。寒冷地での性能とデザインの融合に挑んでいる。

参創ハウテック

オーダーキッチン、家具を扱う自社ブランド「ekrea(エクレア)」ショールーム。自分仕様のキッチンが実現する

  • ●社名/参創ハウテック
  • ●代表/清水康弘
  • ●住所/〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル1F
  • ●電話/0120・338・153
  • ●年間建築棟数/新築20棟
  • ●設立/1998年9月

清水康弘

1957年北海道生まれ。大学卒業後、建設資材専門商社等を経て、'98年に参創ハウテックを設立。地域工務店のレベル向上に尽力している

この工務店のホームページを見る

スタイル別
キーワード
3階建て
収納
吹き抜け
  • B!