家づくり

秋山悠紀秋山悠紀

漏電、トラッキング現象。電気火災は2月が要注意!? その危険性とは

阪神・淡路大震災が起きてから、今年で24年。あの震災では、大規模な火災が数多く発生しました。

その多くが、電気器具によって起きた電気火災であり、電力供給を遮断するブレーカーを落としていれば防げる可能性があることがわかっています。

生活のお困りごとを解決する総合プラットフォーム「生活110番」を展開するシェアリングテクノロジー株式会社(以下、シェアテク)は、全国から寄せられた電気設備の相談に関するデータ2,814件をもとに実態を調査。

調査結果から、この時期に気を付けたい電気火災についてご紹介します。

阪神・淡路大震災でも起こった「通電火災」って?

阪神・淡路大震災で注目されたのが、電気が復旧した際に発生する「通電火災」です。

大震災 火災

とうじ / PIXTA(ピクスタ)

当時の神戸市で発生した建物火災の中で、原因が判明している55件のうち、6割を占める35件はこの電気火災でした。

そして、35件中の33件が通電火災だとされています。

地震が起きると発生することの多い停電。

停電

YNS / PIXTA(ピクスタ)

停電したまま、ブレーカーを落とさずに避難してしまうと、電力が復旧した際に付いたままだったストーブなどの電化製品に電力が供給されてしまいます。

そして勝手に電源が入った電化製品が付近の可燃物を熱することで火の手が上がり、火災が発生するのです。

また、地震によって破損した電気コードに電流が流れることで漏電の一種に近い状態となり、火災につながるケースも。

地震が発生した際には、通電火災を防ぐため必ずブレーカーを落としておくようにしましょう。

近年販売されている、地震に反応して自動的に落ちるタイプのブレーカーは、通電火災の防止に効果的です。

また避難先から戻ってきたら、電化製品の電源やケーブルの破損などを、ブレーカーを上げる前に確認することが大切です。

 

「ブレーカー」のトラブルで火災が起きるケースも

通電火災にもつながる漏電。

シェアテクに寄せられた漏電に関する相談の内訳を見てみると、圧倒的に「ブレーカーが上がらない」という内容の相談が多いことがわかります。

ブレーカー

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

その他にも、「ブレーカーの故障」や「ブレーカーの交換」など、ブレーカーにまつわる相談は少なくありません。

グラフ

家庭にあるブレーカーには漏電を防止する役割をもつ「漏電ブレーカー」もあります。

しかし、この漏電ブレーカーも上がらない場合は、家のどこかで漏電が起こっている証拠です。

その一方で、ブレーカー自体が故障を起こしている可能性もゼロではありません。

もしブレーカーが作動しないと漏電が止められず、火災や感電事故の原因になってしまうことも。

ブレーカーの寿命は約10年とされているため、10年以上使用している場合は交換の検討も必要です。

漏電ブレーカーにはテストボタンがあるので、月に1度はこのボタンを押し、ブレーカーが正常に落ちるかどうか確認をしてみるのもオススメ。

ブレーカー

Satoshi KOHNO / PIXTA(ピクスタ)

なお、ボタンを押すと屋内の電流が遮断されるため、パソコンなどの精密機器の電源は事前に切ることが大切です。

 

コンセントによる「トラッキング現象」や電気ストーブも要注意!

家庭で起こる電気火災の原因の一つには、漏電の一種である「トラッキング現象」があります。

トラッキング現象

ケンイチ / PIXTA(ピクスタ)

トラッキング現象とは、長い間差し込んだままのコンセントに湿気を含んだほこりが溜まり、それが原因で発生する発火現象のこと。

これは漏電ブレーカーが反応できません。

ほこりと湿気さえあればどんな時期でも発生する危険性があるので、コンセントにほこりが溜まらないよう、定期的な清掃を心がけたいですね。

 

ますます冷え込みが厳しくなるのが2月。

電気ストーブの使用や空気の乾燥などによって、火災が発生しやすくなります。

今の時期に電気ストーブを活用する方は、付近に可燃物を置かないなど、対策を必ず行うようにしましょう。

電気ストーブ

cozy / PIXTA(ピクスタ)

電気火災は条件が揃えば簡単に起こってしまいますが、対策をすることで未然に防ぐこともできます。

ブレーカーの動作確認やコンセント付近の清掃などで、防災意識を高めていくことが大切です。

 

【参考】

※ 【調査】1月17日は防災とボランティアの日、漏電と火災の危険性を再確認

  • B!