インテリア・雑貨

キタノアカリキタノアカリ

カインズ「パーカーが乾きやすいハンガー」は生乾きを防止して型崩れしにくいって本当?

カインズで販売されている「パーカーが乾きやすいハンガー」をご存じですか?

パーカーを干すときの悩みといえば、「フード裏の首のところが乾きにくい」「フードが変形したまま乾いてしまう」ことではないでしょうか?

このパーカー専用ハンガーで、これらの悩みを一気に解消してみませんか?

フード付きの洋服は、干し方が難しい

パーカーなどのフード付きの洋服は、カジュアルな装いができるトップスとして、おしゃれなアイテムとしても人気ですよね。

パーカー

YNS / PIXTA(ピクスタ)

我が家でも、家族そろって、パーカーを好んで着用しています。

しかしその難点として、普通の洋服に比べると、複雑な形状から乾かしづらいということ。

特に首の後ろの部分に空気を通さないと、生乾きの原因にもなりますし、フードの形をキープしなければ、着る時におかしな跡がついたままなんてことも。

冬場は厚手素材の衣類も多いので、通常より乾きづらいこともあるでしょう。

そこで、これらの悩みを一気に解消してくれるのが、カインズの「パーカーが乾きやすいハンガー」です。

 

カインズの「パーカーが乾きやすいハンガー」の価格と仕様

パーカーが乾きやすいハンガー

カインズ「パーカーが乾きやすいハンガー」2本組(価格/398円)

  • サイズ (約)幅423~594×厚さ17×高さ178~370mm
  • 原料樹脂 ポリプロピレン
  • カラー ホワイトとライトグレーのツートンカラー。

パーカーが乾きやすいハンガー

ハンガーの開き方

フードアームを掴みながら、ハンガーを開きます。

使わないときはアーム部分にハンガーを重ねて、コンパクトに保管できます。

 

パーカー専用ハンガーのココがすごい!

パーカーが乾きやすいハンガー

普通のハンガーでパーカーを乾かそうとすると、首元とパーカーが重なって空気が通りません。

我が家では、このようにハンガーを2本使い、首元に空気を取り込もうと必死でした。

フードの中までは空気が触れないので、乾くまでに時間がかかるし、生乾きが心配でした。

パーカーが乾きやすいハンガー

一方カインズの「パーカーが乾きやすいハンガー」は、ハンガーの上部にアームがついているので、そこへフードをひっかけます。

するとフードの中に空洞ができて、空気に触れる面積が大きくなるので、「乾きが早くなる」という仕組みです。

パーカーが乾きやすいハンガー

ハンガーの調整もできるので、小学校くらいのお子さんの洋服から、大きめサイズの大人の洋服まで、服のサイズを選ぶことなく使用できるのが嬉しいですね。

パーカーが乾きやすいハンガー

肩にあたる部分も少し幅をもたせ、丸みを帯びているので、肩崩れしにくい構造になっています。

パーカーが乾きやすいハンガー

肝心の首の後ろの部分ですが、ハンガーを2本使うときよりも、空気に触れやすくなりました。

パーカーが乾きやすいハンガー

これまでフード付きの洋服だけ、乾くのに時間がかかってしまい、取り残されていましたが、他の洋服と同じタイミングで洋服を取り込むことができて大満足。

同じように「厚手のパーカーが乾きにくくて困っている」という方に、ぜひ活用していただきたいアイテムです。

カインズの「パーカーが乾きやすいハンガー」気になる方は、ぜひお試しください。

※本記事に掲載している商品や価格は、2019年1月現在の内容です。

  • B!