【日刊Sumai】編集部・丸の取材、ときどきプライベート日記 vol.54

素敵なお宅があると聞けば北海道から九州まで、どこへでも!

フットワークの軽い『住まいの設計』編集長・丸(56)の取材こぼれ話や、男前なプライベートをチラ見せ!

「リノベーション体験ツアー」に参加してきました!

床

先日、長野県下諏訪町で行われた「リノベーション体験ツアー」に参加してきましたよ。

壁、天井のペイント、古材の床張りなど、2泊3日間みっちしリノベの基礎を勉強させてもらいました。

いつもは出来上がったものにしのごの言うお仕事ですが、実際にやってみると施工する人の大変さがよくわかりますね。

で、ペンキ&埃まみれになって仕上がった空間がこちら。床の古材の並べ方がポイントなのです。

 

古材を「レスキュー」?

リビセン

このリノベーションを指導してくださったのは、長野県上諏訪のリビルディングセンタージャパン(通称・リビセン)のスタッフ。

リビセンでは、使われなくなった住宅から古材を仕入れて再利用しているのです。

この活動を「レスキュー」というのですが、「思い出の詰まった家の建材、部材が再利用されてうれしい」「古材好きで使う人もうれしい」「リビセンもいい塩梅」。

言うところの「三方良し」ですね。

写真はリビセンの店内。古い建具をコラージュした?内窓が設えられています。

カッコいいんですよ。古いもののチカラとセンスがドンピシャで。

 

『住まいの設計2019年2月号』絶賛発売中です!

『住まいの設計2019年2月号』が発売になりました。

猫ちゃんがするっと出てきてくれたところを激写しています。

家好き芸人 アンガールズ田中さんの「建築家の自邸探訪」も好評連載中。

間取り図大好き!というお笑い芸人の飯尾和樹さんのインタビューもとっても面白いですよ。ぜひご覧くださいね!