家電

秋山悠紀秋山悠紀

念願のガスファンヒーターを購入!部屋が暖まるまでのスピード、使い心地は?

最近、一段と寒さが厳しくなってきました。

一昨年の住宅購入以来、洗濯物の乾燥にはガス乾燥機を駆使するなど、電気よりもガスを多用している筆者宅。

そして今年の冬、ずっと欲しかったガスファンヒーターを購入しました!

念願だったガスファンヒーターは使い心地がとにかく最高なんです。

ガスファンヒーターを使ってみての率直な感想や便利な機能を3つのポイントに分けて詳しくご紹介します。

1.取付工事、サイズ感も不満なし!

筆者宅が購入したガスファンヒーターは、リンナイの「SRC-364E」。

本体価格は、契約しているプロパンガス会社からの購入で2万円弱。最新モデルではなかったため、比較的安価で買うことができました。

リンナイの「SRC-364E」

サイズは高さ440×幅440×奥行150(脚部207)mm。

筆者宅では、ダイニングテーブル用の椅子の下にすっぽり収まるくらい。奥行きも全然ないので、だいぶミニマムに感じられます。

ガス栓

取り付け工事は、ガス栓とファンヒーターを専属のコードで繋げ、動作確認をするなどして、ほんの15分程度ですぐに終了。

工事の手間と時間があまりかからないのは、意外と嬉しいポイントでした。

 

2.とにかく早い!暖まったらすぐ保温してガスを節約!

「SRC-364E」は、暖房の目安が木造の場合は11畳(18平米)、コンクリート造の場合は15畳(25平米)。

筆者宅は15畳のLDKの真ん中あたりに置いて使用していますが、部屋のどこにいても隅々まで暖かく感じられます。

画面には現在の室温が常に表示され、上下ボタンで設定室温やおはようタイマー、おやすみタイマーを調節。

そしてスイッチを押したらすぐに点火して作動を始め、だいたい5分もあれば部屋全体が暖まっている印象です。

このスピード感がとにかく最高!

燃焼時の臭いもまったくなく、また作動音はかすかな「フオォォォォン」という音がしているだけで気になりません。

設定室温まで暖まったら、あとは保温状態になってくれます。

そして設定室温より低くなったら再び点火して作動。無駄なガスを使わない設計になっています。

また、長時間操作することなく運転させているとブザー音が鳴って自動で消火する機能もあるので、消し忘れの防止にも。

さらにエコ機能をオンにしておけば、少ないガスで作動させることも可能。

エコ機能オン状態でも、十分すぎるくらい部屋をスピーディーに暖めてくれています。

 

3.お手入れ、ランニングコストは?

お掃除が必要なのは、裏のエアフィルター。フィルターにホコリがたまるとランプが点滅し、掃除のタイミングを教えてくれます。

ホコリを取り除くだけなので、お手入れもラクラクです!

裏のエアフィルター

唯一気になるのはランニングコスト。

ちなみに料理で使うガス、お風呂、ガス乾燥機、ガスファンヒーターなど家族3人であらゆるガスを使っている筆者宅ですが、ガスファンヒーターを購入した12月のガス代は1万円弱でした。

また、筆者宅が契約しているプロパンガス会社では、ガスファンヒーターを使用している冬の間はガス代が5%オフになるというキャンペーンも。

エコ機能、消し忘れ防止などに加えてこの5%オフにより、だいぶガス代が抑えられている感があります。

ガスファンヒーターの導入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • B!