暮らしのコツ

keisoumakeisouma

70%以上が「正月太り」になった原因は? 1年で最も運動をしない月は1月!

早いもので、もう2月。

正月はとっくに過ぎたのに「年末年始に増えた体重が減らない!」と嘆く方は、たくさんいると思います。

そこで今回は、運動をサポートするアプリ『SPOBY』を展開するCUVEYESが20代~50代の全国の働く男女500名を対象に実施した「ビジネスパーソンの運動に関する調査」の結果についてご紹介します!

年末年始は最も太りやすい時期!

年末年始は家の中でのんびりしたいですよね。

でも、食べてはこたつでごろごろテレビを観る……という毎日を繰り返すうちに、どんどん体重計の目盛りは上がっていくようです!

「年末年始に太った経験はありますか?」と尋ねると、「何度もある」と答えた人が最多で30.0%!

体重計

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

グラフ

「何度かある」(22.6%)、「ある」(20.0%)を入れると、なんと72.6%の人が「正月太り」を経験したことがあるようです。

ゴロゴロ

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

「無い」「ほとんど無い」という羨ましい人は少数派で27.4%でした。

大晦日とお正月は連日食卓にご馳走が並ぶうえ、家族・親族が集まるときなので、なかなか自分だけ「食べない」とも言いにくい雰囲気ですよね。

 

1年で「最も運動を怠る月」トップ3は?

次に、「1年間の内で最も運動を怠る時期をお答えください(単一回答)」と尋ねると、なんと1位は断トツで「1月」(29.8%)!

カレンダー

manoimage / PIXTA(ピクスタ)

グラフ

2位は「12月」(17.5%)、3位は「運動を怠る月はない」(15.5%)、そして4位は「2月」(14.6%)という結果に。

最も寒い12月、1月、2月の3か月間に、なんと61.9%の人々が「運動を怠っている」ことが判明しました!

 

逆に最も人々が「運動を怠らない」月と判明したのは、9月で0%!

運動

8×10 / PIXTA(ピクスタ)

続いて4月と10月(1.0%)、7月(1.3%)となっています。

ちなみに8月も10.7%と運動を怠る人が多い月であることが判明。

寒すぎても、暑すぎても運動はしにくくなるようです。

 

人々が年末年始に運動を怠る理由とは?

では、年末年始に運動を怠ってしまう理由とはいったいなんでしょうか?

まず1月は、

「お正月気分が抜けないから」(京都府/25歳男性

 

「お正月で仕事も休みだし、寒いから」(三重県/29歳女性)

 

「年末年始で美味しいものをたくさん食べるから」(愛知県/35歳男性)

と、「休み」「寒い」「ご馳走を食べる」という三拍子が揃って体重増加へまっしぐら……という結果になってしまうようです!

おせち料理

june. / PIXTA(ピクスタ)

次に12月は、

「仕事が休みになる年末年始は生活のリズムが狂うのと、家事が忙しく、普段している運動がいつもの時間に出来ない」(岡山県/57歳女性)

 

「寒いし、イベントややることが多くバタバタしているため、運動どころではない」(大阪府/41歳女性)

 

「忘年会などの飲み会が多いため」(新潟県/27歳男性)

という結果に。

忘年会

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

特に年末が押し迫ると年内の仕事を片付けたり、大掃除やお正月料理の準備をしたりで、運動どころの騒ぎではないようです!

 

寝正月

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

以上、お正月太りと運動不足についての調査結果をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

12月、1月、2月は1年で最も寒く、そして忙しい月といえそう。

でも、春になってコートを脱ぐまでにはなんとか体重を元に戻しておきたいものですよね!

冬は寒いので外でエクササイズをするのが難しい季節ですが、ヨガや筋トレなら室内でもできます。

ヨガ

tomos / PIXTA(ピクスタ)

筆者はなるべくエレベーターではなく階段を使ったり、料理や仕事中でもストレッチをしたりして、忙しいときでもなるべく体を動かすように心がけています。

階段

なべ / PIXTA(ピクスタ)

この季節思いがけず体重が増えてしまったら、食事や運動ですぐ調整して元に戻すよう努力をしてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※ ビジネスパーソンの運動と体型に関する実状。 半数近くが5年前より「太った」と回答! “正月太り”を経験したことがある人は7割を超える! 5人に1人以上が“正月太り”したパートナーに幻滅した経験あり。

 

  • B!