家事

内野 チエ内野 チエ

「カシミヤ」「ウール」の手洗い&毛玉取りが簡単にできる方法3つ

セーターってきちんとお手入れしないと、すぐダメになってしまいますよね。

クリーニングに出すと出費が痛いので、ちょっと手間でも自宅でお手入れしてみませんか。

「カシミヤやウールのセーターを自宅で洗う方法」と「ハイスペックな毛玉クリーナー」をまとめてご紹介します!

1. カシミヤが型崩れなく洗える洗剤をネットで発見!

カシミヤ

高級素材のカシミヤを使ったセーターは、ウールやアクリルのものに比べるとかなり高価です。

お金を出して買った分、洗濯で型崩れして着れなくなってしまったら、ものすごくショックですよね。

ユニクロのカシミヤセーターの洗濯表示を見ると、「ドライクリーニング」を指定しています。

カシミヤのセーターを自宅で洗濯するのは、やはり無謀なのでしょうか……!?

ウールカシミア用洗濯洗剤

ネットで口コミ評価が高い、ウールカシミア用洗濯洗剤を発見。

それを使って、おそるおそる手洗いを行ってみることに。

洗い方や干し方

型崩れや縮みが起きないように、洗い方や干し方には細心の注意を払いました。

最後はブラッシングをして毛足を整え、満足のいく仕上がりに!

こちらの記事では、作業の手順やコツ、使ったアイテムなどを詳しく説明しています。

詳しくは記事をチェック!

2. セーターの手洗いは15分で簡単にできる!

イラスト

冬の寒い時期に洗濯ものを手洗いするなんて、考えるだけで億劫になります。

しかしセーターの手洗いは、実はそんなに大変ではないのです。

セーターの手洗い

冷たい水ではなくぬるま湯でOKなので、指先が冷たくなることもありませんし、セーターの洗濯はゴシゴシこすったり、ギューッと力を入れたりするのはNGなので、案外楽なんですね。

実際に、セーター3枚を洗って干すまでの時間は、たった15分でした。

多目的ネット

干すときに使ったのは、100均で売っている「多目的ネット」。

魚の干物や干し野菜が作れる、あの青いネットです。

ホームセンターやネットストアでは1,000円前後で売っていますが、100均で買えばとってもリーズナブルに手に入りますよ。

詳しくは記事をチェック!

 

3. ティファールの「毛玉クリーナー」が超優秀!

セーターは長く着ていると、どうしても毛玉ができてしまいます。

毛玉があるとだらしなく見えますし、きれいに洗っていても使用感が出て、残念な印象に。

毛玉クリーナー

そんなときは毛玉クリーナーの出番です!

毛玉を吸いとりながらカットしてくれるので、まるで新品のような仕上がりに。

100均をはじめ、いろいろなメーカーの商品が出ていますが、なかでもティファールの毛玉クリーナーは直径が52mmと大きめなので、スピーディーに毛玉が取れます。

毛玉クリーナー

生地を傷めないようにカバーが付いていて、セーターの生地の種類や毛足の長さに合わせて高さ調整もできます。

セーターはもちろん、手袋やマフラー、コートなどの冬物衣料のほか、靴下やジャージの毛玉もきれいに取れます。

詳しくは記事をチェック!

  • B!