お宅拝見

taeko

「人工の丘」のある庭でつながる二世帯住宅

神奈川県横浜市に二世帯住宅を新築したHさん一家。

長年マンション住まいだったご両親が庭のある暮らしを叶えるため実家のリフォームを計画していたところ、息子家族から同居の申し出を受け、二世帯住宅への建て替えを決めたのでした。

建築家の岸本和彦さんに伝えた要望は、「互いの視線が合わないようにしたい」「音に気を使う上下の住み分けは避けたい」「リビングは庭に近い位置がいい」と、一見相いれないもの。

それらを叶えるべく岸本さんが提案したのが、「人工の丘」のある庭を介するプランです。

そんな二世帯をつないで仕切る「人工の丘」のある庭をご紹介いたしましょう。

丘の頂上とふもとに2世帯の縁側が向かい合う

Hさんの家

Hさん宅を道路から見ると左右2棟をブリッジがつなぎ、その下をくぐるように石段のある上り坂が続いています。

「奥はどうなっているんだろう?」と足を進めて振り返ると、目の前にはこんもりとなだらかな芝生の丘!

Hさんの家

この丘は基礎工事で出る残土を活用してつくられていて、頂上に子世帯の縁側、ふもとには親世帯の縁側が突き出しています。

床のレベルも外壁の色も異なり、丘を挟んで2軒の家が建っているかのよう。

高さと向きを変えているため正面に向かい合わず、お互いの視線は気になりません。

Hさんの家

こちらが丘を見上げる親世帯の1階。

L字型の開口部を全開すると室内と庭が一体になる気持ちのいい空間です。

 

サンルームと屋上テラスで室内外が一体に

親世帯の屋上テラスから一段高い場所にあるのが、2世帯をつなぐブリッジです。

Hさんの家

内部はサンルームになっていて、子世帯の夫(息子)が趣味で集めた多肉植物や観葉植物がぎっしり!

植物好きの母の血を引いて結婚前からコレクションしていたもので、このサンルームも設計の要望のひとつだったそう。

Hさんの家

 

子世帯の2階寝室からブリッジを見たところ。

窓の外の左手に見えるのは、親世帯の屋上テラスです。

Hさんの家

庭に面した子世帯のリビングは、縁側と同じ高さのL字型のベンチに囲まれた落ち着けるスペースです。

丘と開口部の高さを揃えるため基礎を高くし、玄関から1.5m上がった位置にLDKを設けています。

Hさんの家

庭の緑が眺められるアイランドキッチンは、大勢で囲めるサイズになっています。

Hさんの家

 

表情が違う2つの庭が楽しめる!

この配置とランドスケープがもたらしたのが、しっとりした半日陰の北の庭と、陽光あふれる南の庭という対照的な2つの庭。

北側の庭はプライバシーを守る役割も果たしています。

ガーデンデザインを手がけたのは、造園家の徳光充子さん。

Hさんの家

北側に道路がある敷地の場合、北側に建物、南側に庭を配置すると、せっかくの庭の緑も通りから見えませんが、親世帯と視線をずらすため子世帯側を半階持ち上げたことで、両者をつなぐブリッジの下に道路と庭をつなぐ通り道が生まれました。

「両者をつなぐ風穴を介して、道行く人が『ちら見』したくなる庭にしたかった」と岸本さんが話せば、「2棟の間をすり抜ける気持ちのいい空気感が出せたらと思って施工しました」と徳光さん。

2つの世帯を見守る庭は、時とともに自然の丘のようなたたずまいに変わっていくことでしょう。

もっと詳しく見たい方は、ぜひ「住まいの設計2018年12月号」を参考にしてみてくださいね。

設計/岸本和彦(acaa)

撮影/伊藤美香子

住まい12月号表紙

住まいの設計2018年12月号

豊富な実例ときめ細やかな情報で快適・便利な住スタイルを提案。家作りの夢が広がる!住まいのお役立ちマガジン

【巻頭特集】「だから選びました! ハウスメーカーで建てたこだわりの詰まった家」 【第二特集】「毎日緑に触れられる幸せ… ガーデンハウスで暮らそう!」

Amazone詳細ページへ

  • B!