インテリア・雑貨

栗尾 モカ栗尾 モカ

2/5は春節!シンガポールのIKEAで「開運アイテム」を発見!

今年のチャイニーズ・ニューイヤー(春節)は2月5日(火)。

現在住んでいるシンガポールは、華人が7割強を占める国。

風水や縁担ぎをとても大事にする彼らは、新しい年の訪れを盛大にお祝いしながら福を呼び寄せます。

開運マニアの自分としては、今年は春節の流れに乗っていこう!(笑)と、チャイナタウンを中心にショップクルーズをしています。

今回は、その模様をご紹介させていただきます。

シンガポールでは今年は豚年!チャイナタウンに巨大オブジェが!

チャイナタウンの中心、New Bridge Roadの巨大オブジェ。

日本ではイノシシ年の2019年ですが、シンガポールでは今年は豚年。ラッキーアイテムは、豚ちゃんです。

New Bridge Roadの巨大オブジェ

そんな中、IKEAにも春節の開運シリーズが売られているのを見つけました。

シンガポールのIKEAは、観光の中心であるシティエリアから少し離れたMRT(電車)のクイーンズタウン駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

IKEAに入り、まず最初に目に入ったのは赤いランタン。

IKEAの赤いランタン

赤い灯りがぼんやり灯る雰囲気、いいですね。

お店の軒先や、各家庭にも飾られるランタンは、7.9ドル(約630円)。

赤は、華人にとってラッキーカラー。

幸福の象徴でかつ邪気を払う色とされ、インテリアはもちろん、赤い服を着たり、お世話になった方には、アンパオ(紅袋)という赤い袋にお金を入れて渡しますが、「相手に福をあげる」という意味があるそう。

ちなみに黄色は「金」を表すので「赤×黄色」という最強のカラーコーディネーションもよく目にします。

 

「開運竹」と呼ばれるラッキー・バンブーが大人気!

春節に部屋に飾る植物がぎっしりとディスプレイされています。

植物がディスプレイ

大晦日には福を願って打ち上げられる、花火柄のランプシェードは12.9ドル(約1,032円)、早春の風物詩、PUSSY WILLOW(ネコヤナギ)は 一株8.9ドル(約710円)。

そして、華人が部屋に好んで飾るラッキー・バンブーは1株1.9ドル(約150円)。

竹のように見えますが、幸福の木として知られるドラセナの仲間です。

「開運竹」と呼ばれ、部屋に飾ると運がぐんぐんと開けるといわれています。

 

シンガポールの旧正月料理「ユーシェン」を堪能!

そして、日本ではなかなかお目にかかれない「ユーシェン」を発見!

ユーシェン

「ユーシェン」とは、シンガポール発祥の旧正月の定番料理。

新鮮なお刺身と千切りにした野菜を大皿に盛り付け、テーブルを囲む全員が立ち上がり、「ローヘイ(撈起)!」と唱えながら長い箸で具材を高くすくい上げます。

ちょっとびっくりする光景ですが、毎年シンガポールでは勢いよく海鮮サラダを空中に持ち上げる人々の様子がみられます。

「ローヘイ」とは広東語で漁師が網を引き揚げる動作を表しているそう。

高く上げれば上げるほど縁起が良いそうで、多少こぼれても気にせず、勢いよく幸運を呼び込むのがコツです。

こちらは、サーモン・ユーシェン 13.8ドル(約1,100円)。

こんな感じに彩りよく盛り付けて、皆で囲んでいただきます。

 

さらに、「バクワ」と呼ばれるバーベキュー・ポークも。

バーベキュー・ポーク

バーベキュー・ポーク 20.8ドル(約1,660円)

甘辛い味付けの干し肉はビールのおつまみにぴったり。

普段から人気のバクワですが、春節では家族で囲んだ食卓に登場したり、贈り物にしたりします。

 

さらにさらに……、マンダリン・オレンジの試食販売がありました!

マンダリン・オレンジ

マンダリン・オレンジ(1ケース)9.8ドル(約780円)

「Happy New Year!」店員さんがにっこり。甘い蜜柑でした!

春節の期間には、マンダリンオレンジ(桔子)を贈り合う習慣があります。

中国語の「桔」の発音が「吉」に似ていることから「幸運」を運ぶものとして好まれ、蜜柑(みかん)の「柑」の発音やオレンジ色が「金」に通じることから「金運」をもたらすとされています。

友人に蜜柑を渡すと、友人からは別に用意されていた蜜柑をもらいます(笑)。

なぜ蜜柑の交換を?︎と驚いたのですが、「幸運」と「金運」を意味する蜜柑を交換することによって、「運気を回す」という意味なのだとか!

面白いですね。

この時期、運気を上げるために友人や家族との「蜜柑交換」はマストであります。

IKEAの開運アイテム

以上、IKEAの開運アイテムシンガポール編でした。

部屋を掃除して、この開運アイテムを飾ってみたところ、気持ちがさっぱりしました。

以前、建築家の方に取材でお会いした時に「シンガポールの街の大部分に風水が取り入れられていて、都市計画自体、運気を上げたいという思いがいろいろな場所にこめられています」と話してくださいました。

今後も、シンガポールの開運事情をお伝えできればと思います。

  • B!