防災

笹倉 奈緒美笹倉 奈緒美

「火災保険」には最低でも入るべき!台風21号の被害に遭ってわかった!

「火災保険」に入っていると、台風被害での修繕費用に充てることができるって知っていましたか?

2018年9月4日。関西圏を台風21号が襲いました。

和歌山・大阪・神戸で屋根瓦が飛ぶ・窓ガラスが割れるなどの被害が出て、電柱も折れて、最長1週間停電した地域が出ました。

今回は、修繕完了した筆者の実家を例に、住宅に関する保険「火災保険」には最低でも入るべきという、その重要性をご紹介します。

台風21号通過時、家はどうなったか?

台風

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

台風21号は昔から恐れられている大阪湾通過コースで、学校や会社では前日に「明日は休校・休業」とし、百貨店や大型商業施設は早めに閉店、電車も午後11時までに全線止まりました。

9月4日の午前中、台風は予報通りの時刻に、筆者が住む地域を通過しました。

風音や物音がおさまってから外に出ると、カーポートの屋根1枚が飛んでいて、屋根瓦の一部も吹き飛ばされていました。

カーポート

少し離れたところに住む実家から、「屋根瓦がかなり飛んだ」と連絡がありました。

両親は高齢で、片付けの手伝いなど必要だろうと、自宅の片付けをしてから1週間ほど実家に滞在することにしました。

実家になんとか到着し、父とともに被害箇所を確認したところ、玄関正面の鬼瓦の一部や風圧をまともに受けた屋根の瓦がかなり飛んでいました。

実家

工務店さんへの連絡は、台風通過中に連絡を入れたのですが「もう20件修繕予約入っているから、順番に見に行きます」という返事をもらい、保険会社へは、代理店を通じて必要書類を送ってもらうように手配していました。

 

最低でも住宅の「火災保険」には入っておくべき理由

台風被害

pixelcat / PIXTA(ピクスタ)

今回の台風のように、家屋に被害が出た場合は、多額の修繕費用が必要となります。

住宅の「火災保険」に加入すれば、台風時に受けた被害箇所の修繕に充てることができます。

最近は地震などの天災、天災による隣家への被害訴訟が増えているので、「地震特約」という形で補償内容を充実させる「住宅総合保険」が登場し、切り替えるご家庭が増えています。

新築住宅では契約時に加入するのですが、築年数が古い家では火災保険への加入をしていないことも多いので、一度保険については確認した方が良いでしょう。

古い家

blackie0335 / PIXTA(ピクスタ)

加入後に実際に被害に遭って保険金請求をした際に、減額されることがあります。加入時にも言われる「免責事項」です。

免責事項とは、損害が出た際、保険会社が支払いを負わずに、保険加入者が自己負担する部分の金額を契約時に設定する、という事項です。

契約時に話し合いのもとで決定するのですが、免責金額を高くしておくと保険料は安くなり、免責金額を低くもしくは0円にしていると、保険料は高くなります。

 

台風21号での損保会社の対応は?

台風

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

災害の規模により、「り災証明書」が発行されますが、

  1. 損害保険会社への保険請求
  2. 災害での融資制度利用の証明
  3. 税金や国保料金などの免除・減免

などに必要とされています。

り災証明書発行には、住んでいる自治体で一定期間受付を行いますが、居住者の家の玄関と損壊した箇所の写真提出が必要です。

スマホで撮影

Graphs / PIXTA(ピクスタ)+

損害保険会社各社は、台風21号の被害状況や申請者数がひどいため、一部損壊にあたるケースの場合は、り災証明書はなしとし、

  1. 損害保険会社から送る書類
  2. 工務店からの見積書
  3. 損害箇所の写真すべて(世帯主が玄関に写り込んでいる写真1枚も含む)

とすると連絡を受けていました。

り災証明の発行は、14日間と区切っている自治体がほとんどですから、保険金申請前になるべく早めにり災証明書が必要か否かの確認はとっておきましょう。

 

工事は丸1日で完了。工事費用と保険金額との差額は…?

工務店さんでの対応件数が多かったため、順番待ちの間、被害が広がらないよう応急処置作業を行ってくれました。

日本瓦特有の応急手当てです。

屋根瓦

雨漏り箇所がひとつ出ましたが、場所を特定して対応していただきました。

天井

12月に入っても見積書があがってこないので、損害保険会社さんから督促の連絡がきて、工務店さんへ連絡を入れました。

対応家屋が多かった為、見積書作成漏れがわかり、すぐに見積書を作成してもらい、工事の段取りも始まりました。

損害保険会社さんへはすぐに必要書類を郵送し、振込は数日で行われました。

工事は2019年1月中旬、丸1日で完了しました。実際の工事費用と保険金額との差額は、小銭程度でお釣りが出る金額となりました。

 

まとめ

実家

実家は早めの連絡対応のおかげで、順番待ちはしましたが早く修理できた方でした。

しかし、被害家屋が多いことや、被害箇所がそれぞれ違うので、修繕待ちの家屋は多いです。

修繕費用に関しては、「火災保険」「火災総合保険」をかけておくことで、大きな出費を補填できるので、一度ご自身の家の保険について、確認しておくと良いと思います。

 

【参考】
※  免責と免責金額とは?-日本損害保険協会