不動産

keisoumakeisouma

急な転勤が決まったら「持ち家」はどうする?売る or 貸すどちらがアリ?

全国や海外に支店が多い企業なら、転勤の可能性もあるはず。

では、急な転勤などを経験した人々は、それまで住んでいた自宅についてどのように対処したのでしょうか?

特に持ち家の場合は、「賃貸にする」「売却する」「空き家のまま」のどれにするか悩むところです。

今回は、東急住宅リースが転勤経験のある既婚男性ビジネスパーソン500名と、夫の転勤に伴い一緒に引越しをした経験のある既婚女性「転妻(てんつま)」500名の計1,000名を対象に実施した「ビジネスパーソンの転勤事情に関する調査」の結果をご紹介しましょう!

持ち家があると「転勤の苦労」が増える?

調査ではまず、直近の転勤の際、家族も一緒に引越しをした人549人(男性164人、女性385人)に「転勤の際、苦労したこと」を尋ねました。

すると、持ち家組と賃貸組では回答にかなり差があることが判明しました。

引越し

Hemul / PIXTA(ピクスタ)

まず、賃貸組の結果は以下のようになりました。

引越し

たっきー / PIXTA(ピクスタ)

1位……引越しの荷造り(73.8%)

2位……引越しの手続き(63.9%)

3位……新居探し(53.8%)

4位……不用品の処分(29.2%)

5位……引越し業者の選定 (23.0%)

 

一方、持ち家組は以下のような結果でした。

戸建て

HAKU / PIXTA(ピクスタ)

1位……引越しの荷造り(51.7%)

1位……住宅の対処(51.7%)

3位……引越しの手続き(43.1%)

4位……新居探し(35.3%)

5位……不用品の処分(23.3%)

引越し打合せ

Rina / PIXTA(ピクスタ)

どちらも1位の「引越しの荷造り」は予想できる結果として、持ち家組の同率1位は「住宅の対処」

転勤が多い場合は、落ち着くまでは賃貸にしたほうが理に叶っているかもしれません。

また、転勤が永続的なものか、短期間のものなのかで、自宅をどう対処するかの方法も違ってきそうですね。

 

転勤になったら「今住んでいる家」をどうする?

では、持ち家組は、転勤時の苦労の1つである持ち家の対処をどのように行ったのでしょうか?

家族一緒に引越しをした持ち家の回答者116人に「転勤の際、持ち家についてどのように対処したか」と訪ねると、1位は「賃貸物件として第三者に貸した」(37.1%)

カギ

dimarik / PIXTA(ピクスタ)

続いて「空き家の状態で保有した」(27.6%)、「売却した」(22.4%)「親戚など身内に貸した」(10.3%)の順でした。

全体的に見て、家を所有し続けた人が全体の65%と大多数を占めています

回答者にそれぞれの対処法を選んだ理由を聞くと、まず最多だった「賃貸物件として第三者に貸した」と答えた人は、

賃貸借契約書

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

 

「資産として手放したくなかったのと、老後の住まいとしてもっておきたかったから」(女性・40代)

 

「少しでも収入を得て、転勤先の借家の家賃にするため」(男性・50代)

 

「住んでいない家は傷むし貸したほうが合理的だと思ったから」(女性・50代)

という声が挙がりました。

「空き家の状態で保有した」という人は、

空き家

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

 

「短期間の転勤だったから」(女性・50代)

 

「戻ってくることが決まっていたから」(男性・50代)

という理由からでした。

また、「売却した」と答えた人は、

売却

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

 

「管理が出来ないから」(女性・40代)

 

「新築を購入したから」(男性・50代)

 

「戻ってくることを考えていなかったから」(男性・50代)

という理由を挙げています。

 

持ち家を「第三者に貸した」人の満足感が最も高い!

持ち家を第三者に貸した人が最も多い結果になりましたが、知らない人に自宅を貸すのは不安なことでもあります。

マイホーム

Mills / PIXTA(ピクスタ)

 

「家をめちゃくちゃにされたらどうしよう!?」「すぐ出て行かれたら面倒!」などと、不安になることも多いでしょう。

そこで、「自身が行った持ち家の対処法についての満足度」を尋ねると、最も満足度が高かったのは「賃貸物件として第三者に貸した」で(72.1%)。次に「売却した」(57.7%)、「空き家の状態で保有した」(56.3%)という結果に。

戸建て

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

「第三者に貸した」という人が満足した理由は、1位が圧倒的に「家賃収入が得られた」(74.2%)

同率2位に「きれいに使ってもらえた」「家の老朽化を防げた」「元の勤務地に戻った時にまた住めた」が各29%で続きました。

 

 

辞令

CORA / PIXTA(ピクスタ)

以上、転勤に伴う持ち家の対処についての調査結果をご紹介しました。

転勤が決まったらまず考えなければならないのが引越し、そして現在住んでいる家を対処する方法。

いろいろ難しいことも多いようですが、調査の結果、転勤の間は自宅を賃貸すると収入が得られることから最も満足度が高いことが判明。

そのお金を貯めて、転勤から戻った際に家をリモデルするのもいいかもしれません。

「転勤が決まった! どうしよう……」と悩んでいる方、ぜひ参考にしてくださいね!

 

【参考】

※ ビジネスパーソンの転勤事情に関する調査 ー 東急住宅リース

  • B!