ワークマン女子が急増中!「ワークマンプラス」のオススメグッズ2つ

作業着で有名な「ワークマン」が母体の「ワークマンプラス」という店舗が展開され、これまでのワークマンのイメージと違う店舗運営で注目されています。

また、ワークマンプラスは女性向けのグッズもラインナップされており、これまでワークマンと無縁だった層における注目度がアップ。

今回は「ワークマンプラス」の魅力と女性向けのグッズについて紹介します。

高性能でコスパも良し、ワークマンプラスの魅力

ワークマンプラス

2018年夏以降、ワークマンではカジュアルウェアブランドとして「ワークマンプラス」という店舗名でオープンしました。

その第1号にあたるのが、ららぽーと立川立飛です。

それ以降、川崎や世田谷などに続々オープンしています(※2019年2月11日時点)。

そしてワークマンプラスは、2019年にヒットするショップ(ブランド)としても注目されています。

ワークマンプラスの魅力は、何といってもこれまでの作業着の企画生産のノウハウを生かしたアウトドアグッズの開発とリリース。

しかも、価格がほかのブランド(ショップ)よりも安めという点も魅力として挙げられます。

防寒や防水仕様のウェアに関しては、アウトドアでもスポーツシーンでも使えます。

しかも、四季を通じて快適に着用できるような設計にしているのがポイントです。

また、女性向けのウェアも販売されており、身体のラインをキレイに見せるデザインと「映える」カラーが特徴。

デザイン・性能と価格に惹かれて、思わずウェアを買ったという女性もいるそうです。

このようにワークマンプラスは、女性の心をひきつけるショップといえるでしょう。

 

女性にオススメの「ワークマンプラス」のグッズ2つ

女性にとってワークマンプラスの魅力は、高性能なウェアだけではありません。

ワークマンプラスでは、ほかにも女性のオススメグッズがあるので、紹介していきます。

使い捨てのゴム手袋

ワークマンプラス

ポリエチレン使いきり手袋 価格/499円(税抜き)

ワークマンが作業用のグッズを多数販売していたこともあり、ワークマンプラスでも作業用のグッズがラインナップ。

日常生活で活用できるグッズが数多くあります。

特に使い捨てのゴム手袋の種類が豊富であり、料理・介護・外での作業などの目的に分けて販売されています。

素材は、薄手と厚めがあり、200枚(=100双)入りで税込みでも500円以下。

手荒れの保護ができ、衛生面を配慮する作業のときにあると便利です。

 

かかとガード

ワークマンプラス

かかとつるつるサポーター 価格630円(税抜き)

ワークマンプラスでは、靴下やスパッツ類の販売も行っており、アウトドアやスポーツなどのシーンで使えます。

それらと併行し、かかとの保湿を促す美容健康グッズも販売されています。

家にいる間にかかとに保湿クリームを塗り、ガードをかぶせれば、ガチガチのかかとから解放されます。

 

いかがでしたか?

今回紹介した以外にも、女性をはじめ、あらゆる世代のニーズ(素材・価格・使い勝手)に応えたグッズが多数ラインナップされています。

買い物などのついでにワークマンプラスを見かけたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

※掲載している商品名や価格は2019年1月時点の内容です。

 

【参考】
※ プレスリリース ワークマンが高機能ウェア専門店「Workman Plus」の2、3号店を11月に出店|ワークマン