家計

笹倉 奈緒美笹倉 奈緒美

ファイナンシャルプランナー(FP)は独学でも合格できる?出題難易度は?

ファイナンシャルプランナー(FP)という資格をご存じでしょうか?

金融系の資格として 人気が高いもののひとつです。

一見、難しそうな資格に思えますが、独学で合格することは可能なのでしょうか?

そこで、ファイナンシャルプランナー(FP)の試験の出題内容、また仕事としてどのようなニーズがあるのか、といったことについてファイナンシャルプランナー(FP)3級を持ち、2級試験に挑戦中の筆者がご紹介します。

ファイナンシャルプランナー(FP)ってどんな資格?

相談

nishiya_hisa / PIXTA(ピクスタ)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、「家計に関するかかりつけ医」とよくいわれます。

家計や保険面などお金にまつわることで、困った時に気軽に相談できる存在が、ファイナンシャルプランナー(FP)です。

金融機関で働いている方、金融系のライターさん、個人で事務所を開きたい方、お金について勉強したい方と、受検者の職業は幅広いです。

3級から最上級の1級までの級があり、特に金融系の会社に勤めている方は、窓口での相談員として重宝されるため、1級まで取るようにという指導はあります。

2級からは履歴書に書けるほどの高いレベルなので、2級まで頑張って取る方は多いです。

「お金のことについて少しだけ勉強したい」という方であれば、3級だけでも十分でしょう。

 

取得するにはどうすればいいの?

資格試験

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ファイナンシャルプランナー(FP)の受験は、5月・9月・翌年1月と3回チャンスはありますが、1級だけは、9月の1回のみです。

初めて取得する場合は、3級からの挑戦になります。

試験は学科と実技に分かれていて、実技試験は計算問題がほとんどです。

申込先は金融財政事情研究会(金財)か日本FP協会のいずれかに申し込みとなります。

難易度は同格ですが、実技科目の範囲が狭い日本FP協会で受験される方が多いです。

申し込みについては、各協会のサイトから申込書をダウンロードの上郵送するか、サイト上の所定画面から申し込みを行います。

2級以降の受験については、規定の実務経験があることや、3級試験に合格していることが必要となります。

すべての級で計算問題が出るため、電卓の使用は認められているので、必須アイテムです。

3級試験は、学科・実技ともにマークシート方式ですが、2級試験は、学科はマークシートで実技は記述式、1級試験にいたっては、記述問題のみです。

 

独学でも大丈夫?試験問題の内容は?

雑誌

試験問題の内容としては、

  1. ライフプランニングと資金計画(家計見直し、国保、年金など)
  2. リスクマネジメント(生命保険・損害保険など)
  3. 金融資産運用(株式など)
  4. タックスプランニング(税金関連)
  5. 不動産(登記簿など建物関連)
  6. 相続・事業承継(相続関連)

からバランスよく出題されます。

ファイナンシャルプランナー試験の級別の出題難易度を、図にしてみました。

出題難易度

1級試験になると、すべての級で出題された問題に、プラスアルファで応用問題がたくさん出題されます。

勉強は、3級ならば市販の参考書と問題集で独学しても十分合格できますが、2級以降になると、通信教育やスクーリングで勉強する方が多いです。

問題集

合格基準は、学科・実技それぞれ60%以上取れば合格といわれています。

学科と実技でどちらか不合格になっても、翌々年まで不合格分のみを受験することができる点です。

しかし、法改正で税率や法律が変わっていることがあるので、なるべく同じ年度内で合格することが大切です。

 

まとめ

資格試験

CORA / PIXTA(ピクスタ)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、他の士業と組み合わせて取る方や、企業内での資格として取る方は多いです。

最近は、お金についての勉強をしたいという方はもちろん、資格をいかして独立したいと考える方の受検も増えています。

特に2級合格者が取れる「AFP」、1級合格者では「CFP」を取っておくと、一定期間研修を受けてから資格を与えられるため、転職や個人開業する時に、ファイナンシャルアドバイザーとしての信頼度が高まります。

この資格は、金財もしくは日本FP協会のいずれかで合格していれば、取得可能です。

しかし、ファイナンシャルプランナー(FP)は「あくまでも相談役」という立場なので、具体的な数字の提示、各士業でしかできないことの業務は禁止されています。

筆者自身、現在3級には合格していて、2級受検にチャレンジしたのですが、わずかな得点差で不合格であることがわかりました。

ですが、実生活で保険や住宅ローンの見直し、確定申告の計算などで役に立っているので、2級受検を2019年5月分にてチャレンジする予定です。

ファイナンシャルプランナー(FP)は、お金関係に詳しくなるし、仕事にも使える資格です。

皆さんが、「我が家に一人いればうれしいかかりつけ医」になるのも、いいかもしれません。

【参考】
※ FP資格を目指す – 日本FP協会
※ FPに関するQ&A – 一般社団法人金融財政事情研究会
※ AFP資格とは – 日本FP協会
※  CFP資格とは- 日本FP協会

  • B!