子どもの習い事を親が選ぶ最重要ポイントは本人のやる気!では悩みは?

親にとって、子どもの習い事に関することは大きな悩みごとの一つ。

春の新学期に向けて、子どもに新たな習い事をさせたいと思っている方は少なくないでしょう。

子どもが興味を持つことをさせるべきか、将来役立つことをさせるべきか、スケジュール調整はできるのかなど、悩ましいポイントはたくさんあります。

今回は子どもの習い事についての親の意識や悩みについてリサーチしてみました。

理系の習い事に興味を持っている親は多い

進学塾の栄光ゼミナールでは、2018年6月6日~6月20日に小学1~6年生の子どもを持つ保護者467人を対象に小学生の習い事に関するアンケート調査を実施。

今回は、その調査結果をもとに、子どもの習い事についての親の意識を見てみましょう。

調査ではまず、水泳、英語・英会話、ピアノ、体操、サッカー、そろばん、ダンス、空手・剣道などの武道、バレエ、書道、理科実験、プログラミング、塾以外の学習系教室の13の習い事のうち、小学生の半数以上が経験しているものを調べました。

グラフ

すると、「水泳」(83.2%)、「英語・英会話」(60.8%)、「ピアノ」(53.7%)が上位3位という結果に。

水泳

akiko / PIXTA(ピクスタ)

また、習ったことはないが「機会があればやってみたい(やってみたかった)」習い事で多かったものは、「プログラミング」(59.8%)、「理科実験」(57.0%)、「書道」(54.0%)でした。

プログラミング

ocsa / PIXTA(ピクスタ)

水泳、英語、ピアノは、今ではお馴染みとなっている“三大習い事”といえますね。

また、プログラミングや理科実験など、理系の習い事に興味がある人が多いことがわかります。

 

習い事を選ぶ時に親が最も重視することは?

小学生の間に習った(習っている)習い事を選ぶ際に重視したことについては、81.8%が「子どもがやりたがっているかどうか」と回答し、最も多い結果に。

習い事

よっしー / PIXTA(ピクスタ)

また、「子どもの将来に役立ちそうかどうか」「曜日や時間帯の都合が合う」も、それぞれ過半数以上の回答が得られました。

グラフ

さらに、子どもが小学生の間で一番長く続いている(続いていた)習い事について、その理由を聞いたところ、「子どもが続けたいという気持ちがあるから」と回答した保護者が最も多く、66.3%でした。

グラフ

新しく始めるにせよ、長く続けるにせよ、子ども本人の気持ちを最優先している保護者が多いことがわかります。

 

家庭内で方針やルールを決めることが大事

最後に、習い事についての方針や悩みを聞いてみました。

習い事を選ぶ際には「種類が多様化していて、どれも魅力的に感じてしまう」「苦手の向上をはかるか、得意を伸ばして苦手をカバーするか悩みます」といった理由から、何を選んだらいいのかわからない保護者は少なくないようです。

ピアノレッスン

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

一方で、
「自分で『やりたい!』と思う気持ちが芽生えてからでも遅くないと思う。好きこそものの上手なれだと思う」
「運動系で一つ、学習系で一つ、本人希望で一つというのを方針としています。増えすぎないように、新しいことをやる場合は、 どれかやめます」
といった回答も。

英会話

ocsa / PIXTA(ピクスタ)

周りが始めていたりたくさんの情報を耳にしたりすることで、悩みがちな習い事ですが、それぞれの家庭でしっかりと方針を決めることが重要だとわかります。

習い事を続けたり辞めたりする上での悩みについては、「継続させるための親のフォローが大変」「運動系の習い事は辞め時が難しく、親子で揉めました」といった回答が得られました。

サッカー

Anjie / PIXTA(ピクスタ)

また、「習い事と中学受験の勉強を両立するのが難しい」という声も。

中学受験

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

習い事を継続して頑張ることは、貴重な社会経験となるだけでなく、勉強にも生かせます。

また、子どもの習い事は親にとって、金銭面以外の負担になることもありますが、家庭内で方針やルールを決めたり話し合いで乗り越えたりすることによって、子どもの成長だけでなく、親子のコミュニケーションや愛情表現にもなるでしょう。

子どもの習い事に悩んでいる方は、ぜひ今回の調査結果を参考にしてみてください。

 

【参考】

※ 栄光ゼミナール 小学生の習い事に関する実態調査