インテリア・雑貨

キタノアカリキタノアカリ

無印の「壁に付けられる家具」が落ちる悩みを解決!ボードアンカーって?

無印良品をはじめ、ニトリでも人気の「壁に付けられる家具」。

しかし、使っているうちに「落ちてしまう」という悩みはありませんか?

一般的に売られている石膏ボード用のピンは衝撃に弱く、使ううちに差し穴がゆるくなって、ピンが外れてしまうのが原因です。

でも、石膏ボードにネジを打ち込める「ボードアンカー」を使うと、その強度の悩みを解決できますよ。

取り付け簡単な「押しピン型」の金具は衝撃に弱い

壁に大きな穴を開けずに、手軽に取り付けられる「壁に付けられる家具」。

ピンを差し込むだけなので、取り外しても穴が目立たないメリットがありますが、その分、家具を支える強度が弱く、使ううちに落ちてしまうことがあります。

我が家でもいくつか愛用していますが、何度も落ちて困っていました。

こちらは60センチ四方の壁に付けられるホワイトボードなのですが、落ちてしまうのはこれで3度目。

壁に付けられる家具 

ホワイトボードや棚などは、取り付けた後も手で触れる頻度が高いため、次第にピンがゆるくなってしまうことが原因です。

そこで強度を上げるために、石膏ボードでもネジが打ち込める「ボードアンカー」を使ってみることにしました。

DIYが苦手な女性でも、簡単に取り付けられるので、その様子をご覧ください。

 

石こうボード用のボードアンカーの取り付けに必要な工具

一般的な家の壁は「石こうボード」と呼ばれる薄い板で施工されています。

一見ただの壁に見えますが、石こうボードの裏側は空洞になっていて、普通にネジを差し込んでもすぐに外れてしまうのです。

そこで、石こうボードへのネジ打ちを可能にしてくれる、優秀なアイテムをご紹介。

今回は「トリプルグリップ(ボードアンカー)」を使いました。

「石こうボード用アンカー」

カインズなどのホームセンターで購入できます(価格は300円程度)。使用する荷重ごとに商品が異なるのでご注意ください。

普段あまり見かけない形をした、こちらの「ボードアンカー」。

ボードアンカー

このアンカーが、ネジ打ちの「土台を作る」役目を果たしてくれるのです。

必要な工具は以下です。

  • ドライバー(あればインパクトドライバー)
  • ドリル
  • ゴムハンマー(あれば)

 

簡単5分!「3ステップ」で取り付け完了!

ボードアンカーを取り付ける手順をご説明します。

手順1.ドリルで下穴をあける

壁に対してドリルを垂直に。石こうの粉が手前に落ちるので、チリトリでキャッチすると掃除がラクに。

手順2.トリプルグリップ(ボードアンカー)を穴に差し込む

指で差しこむこともできますが、かなりキツめなので、部品を破損させない程度に、ハンマーで少しずつ打ち込みましょう。

手順3.取り付け金具をネジで固定する

取り付けたい金具の穴を、ボードアンカーの穴に合わせてネジを打ち込みます。

取り付け方法

手順3の大事なポイントは、ネジが頭部まで入った後に「さらにネジを5回転(目安)」させます。

この5回転で「キリキリ」と、アンカーを収縮させて石こうボードを挟み込みます(回転させすぎると破損の原因になるので、インパクトドライバーを使う場合は低速で行いましょう)

石こうボードにネジを打っても「簡単にネジが外れない仕組み」はココなのです。

難しいように見えますが、手早く5分で完成できました。

ホワイトボード

いかがでしたか?

壁に穴を開けるので使う場所を選びますが、長い間「壁に付けられる家具を愛用」している方は、落ちてしまうストレスから解放される「ボードアンカー」をぜひお試しください。

  
"