不適切動画、詐欺アプリ…。子どものスマホリテラシー教育、どうしてる?

最近、話題となっている不適切動画や詐欺アプリ、情報漏洩。このようなことを避けるため、子どものスマホリテラシーやネットリテラシーは上手に醸成させたいものですね。

親世代とは異なり、物心がついた時からスマホが身近にある今の子どもたち。

子どもに使いすぎを注意したいものの、自分自身もスマホがなくてはならない存在となっている親世代も多いでしょう。

株式会社NTTドコモは「学生のスマートフォン(以下、スマホ)事情」をテーマに、日本全国の高校生・大学生300名を対象にした調査を実施。

デジタルネイティブな高校生や大学生の、リアルな実情が見えてきました。

いまどきの高校生はYoutuberを知らないとアウト?

学校の友人と会話をすることが多い話題は?

「スマホで見たSNS・動画・アプリなどの話」が約8割(78%)にのぼりました!

これは、「TVで見た番組の話」(58%)、「雑誌で見た記事や漫画の話」(30%)を大きく上回る結果。

学生の間では、すでにTVや雑誌の存在感は影を潜め、スマホで見るコンテンツが共通の話題となっていることがわかります。

 

友達との会話にあがることがより多い話題は?

YoutubeやSNSをTVドラマやファッション誌と比較してもらった結果は以下の通り。

学生たちにとってスマホは娯楽だけでなく、あらゆる物事の情報源となっているようです。

さらに、高校生にTVタレントとYoutuberで、どちらが友達との会話にあがる方が多いかを聞くと、「TVタレント」(33%)よりも「Youtuber」(37%)の割合が多くなりました。

また、Youtuber、Vtuber(バーチャル・ユーチューバー)、TikToker(「TikTok」ユーザー)をはじめとした人気動画クリエイターについての知識がなければ「友人との会話についていけないと思う」と答えた高校生も31%と約3人に1人にのぼりました。

高校生活においてTVや漫画の話題で持ちきりだった親世代と、今の高校生はまったく異なることがわかります。

 

デジタルネイティブ世代でも気になる、スマホの料金

そこで、あらためて「学校の友人とコミュニケーションをおこなう上で、スマホは必須アイテムだと思いますか?」と聞いたところ、高校生・大学生の約7割が(67%)が「そう思う」と回答。

デジタルネイティブな高校生・大学生の生活にとって、スマホは「あったら便利なもの」ではなく「なくてはならないもの」であることがわかります。

さらに「友人とスマホで動画を見ながら会話をすることがある」と答えた学生は実に半数以上となる53%にのぼっています。

また、「友人とスマホで動画を撮影・投稿して楽しむことがある」人も約4割(39%)という結果でした。

一方で、一日中動画を見たりネットを使ったりすれば気になるのが、スマホの料金。

高校生は特に、親が契約しているとは言え、使いすぎによって取り上げられたり禁止されたりすることもあるでしょう。

それは学生たち自身も理解しているようで、「学校の友人とコミュニケーションを十分に楽しもうとすると、スマホの料金が高くなりやすい」と答えた学生は約4人に1人(24%)でした。

また、現在のプランではスマホのデータ通信料が足りないと考えている高校生や大学生も少なくありません。

スマホ

kou / PIXTA(ピクスタ)

また、「スマホの料金プランは、学校の友人とのコミュニケーションに影響すると思う」と答えた学生も3割(30%)となっています。

スマホを通じたコミュニケーションを楽しもうとするほど、料金が気になるというジレンマをかかえる学生は少なくないようです。

 

無料Wi-Fi、詐欺アプリ…万全ではない子どもたちのリスク管理

フリーwifi

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

今や当たり前になりつつある、交通機関やカフェなどで利用できるフリーWi-Fi(無料Wi-Fi)。

スムーズに動画を視聴でき、またデータ通信料を節約することができるので、お金がない学生たちの強い味方です。

今回の調査でも、「無料Wi-Fiの利用経験」がある学生の割合は、90%にものぼりました。

また、利用頻度も「週に1回以上」と答えた人が63%に。

「週に4回以上」と答えた割合も、全体の約4人に1人(24%)にのぼっており、常日頃から無料Wi-Fiを利用している学生が多いことがわかります。

しかし意外と知られていないのが、こうした無料Wi-Fiのセキュリティ面。

個人情報やクレジットカード情報の漏洩、ウイルス感染などにつながる可能性があるので、万全な対策を取りたいところ。

カフェでスマホ

den-sen / PIXTA(ピクスタ)

今回、このような「無料Wi-Fiのセキュリティリスクを知っていたか」を学生たちに聞いたところ、24%と4人に1人が「知らなかった」と回答。

リスクを理解することなく、無料Wi-Fiを使用してしまっている学生は少なくないことがわかります。

 

今一度、親子で確認したいスマホの使い方

さらに近年では「詐欺アプリ」を通じたスマホユーザーの詐欺被害が増えており、高額なサービス料金を請求されるケースもあります。

詐欺アプリの存在についても、今回の調査では約3割と認知度は低く、また知っていても「具体的な対策はできていない」という学生が7割近くにのぼりました。

今回の調査では、高校生や大学生といったデジタルネイティブ世代は、スマホに慣れ親しんでいるが故に、かえってリスクに無頓着になってしまっている面が浮き彫りとなりました。

携帯キャリア各社がスマホ料金の値下げを予定している2019年。

スマホがさらに使いやすくなる今だからこそ、親子でその使い方を確認してみるいい機会かもしれません。

 

【参考】

※ 高校生の会話ネタで多いのは「TVタレント」よりも「YouTuber」! 「スマホありき」の学生生活を送るデジタルネイティブたち