暮らしのコツ

しかま のりこしかま のりこ

「ヒートショック予備軍」が最も多い県は千葉と宮崎!では最少の県は?

冬に熱い風呂に入ったことが原因でヒートショックを起こす人は、毎年たくさんいます。

しかし、入浴中にヒートショックを起こしてしまうケースは都道府県によって差がある可能性があるみたいなんです。

つまり「ヒートショック予備軍」がたくさんいる県があるのです。

それは、住宅機器メーカーのリンナイが行ったインターネット調査でも、明らかになっています。

そこで日本全国の入浴事情の調査の結果とともに、入浴とヒートショックについてお話ししたいと思います。

日本一の長風呂県は、温暖な千葉県

住宅機器メーカー、リンナイは47都道府県20〜60代の男女計2,350人を対象にインターネット調査を実施し、都道府県別の入浴事情を調べました。

調査には東京都市大学で風呂を医学的に研究する早坂信哉医師が監修した「ヒートショック危険度チェックシート」も活用し、ヒートショック予備軍が多い県なども判明しております。

グラフ

入浴時間に関する調査結果は、全体の平均入浴時間が「12.6分」となり、早坂医師(前述)が提唱する安全な入浴時間「10分」を上回る結果に。

いかに日本人のお風呂好きかが分かりますよね。

お風呂

simeneko / PIXTA(ピクスタ)

また都道府県別でみると、長風呂が日本一の県は「15.5分」で、比較的気候の温暖な千葉県となっています。

グラフ

一方、入浴時間の短い県は、暑い沖縄と温暖な愛媛が「9.5分」でトップ、次いで高知「9.9分」、鳥取「10.0分」と続きます。

寒い地方での長風呂を予想していましたが、温暖な千葉県が長風呂のトップということは、意外な結果ですね。

長風呂

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

 

熱い風呂が好きな県の1位は愛媛県

次は、冬場にはいる浴槽の温度設定についての調査結果です。

グラフ

40℃が28.3%と最も多く、40~42℃が全体の7割ということがわかりました。

風呂の温度

すり~る / PIXTA(ピクスタ)

また、ヒートショックを起こしやすいといわれている41℃以上のお風呂に入浴している人は57.9%と、全体の半数以上いることが判明、日本人の熱風呂好きが実証されました。

グラフ

都道府県別で見ると、「日本一熱風呂の県」は愛媛県が平均41.6℃、次いで広島県、栃木県、鳥取県と続きます。

道後温泉

Hina / PIXTA(ピクスタ)

寒い地方での熱風呂を予想していましたが、温暖な愛媛県が熱風呂のトップとなるという、またまた意外な結果でした。

 

「ヒートショック予備軍」が多いのは千葉県と宮崎県

また、この調査では、早坂医師監修「ヒートショック危険度チェックシート」を使い、「生活習慣病や持病の有無」「浴室の暖房設備」「入浴時の習慣」など10項目の質問から、ヒートショックになりやすい「ヒートショック予備軍」のランキングを作成しています。

図表

その結果、ヒートショック予備軍の割合が最も多いのは「千葉県」と「宮崎県」で、約4人に1人がヒートショックの危険度が高いという、衝撃的な結果になりました。

ヒートショック

aijiro / PIXTA(ピクスタ)

一方、ヒートショック予備軍が最も少なかったのは「長野県」で、その数値は0%という、大変優秀な結果となっています。

ヒートショックは、単純に寒い地方だけの問題ではないことがわかりますね。

また、長野県は、寒さ対策のための家の断熱も進んでいます

断熱材

YNS / PIXTA(ピクスタ)

そのため、暖房が効率よく家の中が温かいため身体が冷えないなどの、長風呂・熱風呂を必要としないのかもしれません。

 

いかがでしたか?

寒い地方での長風呂、熱風呂を予想していましたが、比較的温暖な県が多いという意外な結果でした。

温暖な県は、寒さ対策のための家の断熱が進んでいないことが多く、身体が冷えることによって、温かいお風呂に、長く入りたいという心理になるのかもしれません。

(しかまのりこ)

 

【参考】
※ <熱と暮らし通信>日本人の入浴習慣について全国47都道府県別徹底調査 ヒートショック予備軍が最も多い県は千葉県・宮崎県 日本一長風呂県は千葉県、日本一熱風呂県は愛媛県