家事

秋山悠紀秋山悠紀

玄関のニオイが気になるのは断然女性!どう掃除すればいい?

家の中において、その家の“顔”ともいえるのが玄関です。

だから、玄関は常にきれいにしておきたいものです。

ちょっと掃除を怠ると、たくさんの靴があったり外と家の中間であったりするため、臭いや清潔さも気になりますよね。

国内1,300社以上が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネットが、玄関の掃除や整理に関する意識調査を実施。

玄関掃除の頻度や、玄関の悩み、気になること、玄関で使う消臭・芳香剤の香りなどについてまとめました。

どのくらいの頻度で玄関を掃除している?

はじめに、自宅に来客があるとき、家の中で丁寧に掃除しておきたい場所について聞いたところ、1位は「客間・リビング」、そして2位が「玄関」となりました。

「玄関」は男女別に見ると、女性の8割が回答

玄関

PHOTO NAOKI / PIXTA(ピクスタ)

やはり来客が最初に足を踏み入れる「玄関」は、特に行き届いた掃除をしておきたい場所のようです。

グラフ

注目したいのは、3位の「トイレ」。

トイレ

kenji / PIXTA(ピクスタ)

男女差が最も大きく、女性が男性を大きく上回りました。

お客様にきれいなトイレを使ってほしいという気遣いだけでなく、“トイレが汚い家だと思われたくない”という女性の心情が伝わります。

 

玄関掃除の頻度は?

次に、玄関掃除の頻度を調査。

玄関の掃除

全体で最も高かったのは「週に1回くらい」の29.2%

次いで、「週に2〜4回くらい」16.9%、「月に1回くらい」12.7%の順でした。

どのくらいの掃除具合かにもよりますが、玄関はそれほど掃除頻度が高くないことうかがえます。

また、【表1】の結果とも合わせて考えると、来客時にあわてて掃除する人も少なくないのかもしれません。

グラフ

そして、この玄関の掃除頻度を職業別に見てみると、「(ほぼ)毎日」が全職業中最も高かったのが「自営業」、次いで「会社役員・経営者」、「専業主婦(主夫)」の順でした(「その他」は除く)。

商店

ニングル / PIXTA(ピクスタ)

面白いのは、玄関を毎日掃除している「会社役員・経営者」が「専業主婦(主夫)」よりも多いということ。

“週1回以上”計で比べても、「会社役員・経営者」は、「定年退職」、「専業主婦(主夫)」に次いで高くなっています。

組織の上に立つようなタイプは、“家の顔”である玄関も大事にしているのかもしれません。

また、自営業や会社経営者は仕事によっては職場と自宅を兼ねている場合も。

プライベートだけでなく、仕事の来客も出迎える玄関は、他の一般家庭とは異なりとても大事な存在になっているとも言えそうです。

 

汚れやほこりだけじゃない玄関掃除の悩みとは?

次に、自宅の玄関で気になることや悩みについて聞きました。

最も多かったのは「汚れやほこりがある」

次いで、「玄関が脱いだ靴で乱雑・いっぱいになっている」「玄関が狭い」「余計なモノや不用品が置いてある」の順でした。

汚い玄関

polkadot / PIXTA(ピクスタ)

玄関が狭いゆえに、脱いだ靴や物によっては、なかなか片付かないと悩んでいる人が多いことがうかがえます。

グラフ

その後に、「靴・げた箱の臭いがする」「家の中の臭いがする」と、臭いに関する項目が続きました。

「靴・げた箱の臭いがする」は最も男女差が大きく、女性の割合が高くなりました。

靴のニオイ

あんみつ姫 / PIXTA(ピクスタ)

やはり女性のほうが玄関の臭いに敏感のようですね。

職業別でも、女性が多いと思われる「専業主婦(主夫)」は、他の職業に比べ、臭いに関する項目が高くなる傾向が見られました。

グラフ

そんな玄関掃除において重点を置くことは何でしょうか。

グラフ

調査の結果、1位が「玄関内側の、石畳・床タイル部分の掃除・清掃」、2位が「靴の整理・片付け」でした。

そして、4位には「余計なモノや不用品の整理・片付け」が入り、玄関の悩みを聞いた結果とちょうど対応するような順位になりました。

玄関の掃除

ベースベース / PIXTA(ピクスタ)

まずきれいにしたいのは、土足で入り、砂やほこりを持ち込みやすいたたきの部分(土足スペース)という人が多いことがわかります。

そして、脱ぎ散らかされた靴の整理も玄関掃除の必須項目であるといえます。

下駄箱

nma / PIXTA(ピクスタ)

 

玄関は掃除ロボットや掃除機が使いにくい!

さらに、玄関掃除に使う掃除用具を聞くと1位が「ほうき」、2位が「ちりとり」と“原始的”なアイテムが上位に並びました。

ほうき ちりとり

ベースベース / PIXTA(ピクスタ)

グラフ

リビングや寝室などとは異なり、玄関は衛生的に掃除ロボットを使えずに玄関掃除を行っている人が多数派のようです。

「ほうき」と「ちりとり」の数値はかなり違うので、ほうきで玄関の外に砂やほこりを掃き出すだけで、ちりとりは使わない人も多いのでしょう。

3位の「掃除機」は、マンションなど外に掃き出しができない場合、たたき部分のちりや砂ぼこりを吸い取るために使っているのかもしれません。

掃除機

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

しかし、土足で入るたたきと室内とで掃除機を共用することに抵抗がある人も少なくないために、3人に1人という結果となったと想像されます。

多くの人にとって、玄関は家の中でも丁寧に掃除したい場所であるにもかかわらず、なかなか頻繁に掃除を行えていない現状がわかった今回の調査結果。

玄関はその家の機運を高める場所でもあります。

消臭・芳香剤を上手に活用しつつ、靴の収納スペースを確保し、土足スペース専用のコンパクトな掃除機や掃除ロボットを購入するのも、玄関掃除がしやすくなる方法の一つかもしれませんね。

【参考】

※ FromプラネットVol.102<玄関の掃除、整理に関する意識調査>

  • B!