ニトリではカーペットに!ペットボトルリサイクルをどこまで知ってる?

2018年頃から、スターバックスやマクドナルドといった大手外食チェーンで「プラスチック製のストロー」を廃止する意向を表明したことが大きな話題となりました。

今、世界中で問題になっているペットボトルなどのプラスチックのリサイクル対策ですが、家庭でやるのはとても大変なこと。

「プラスチックの種類まではよくわからないけど、燃えるゴミと燃えないゴミだけは分別している」というくらいの人が大半でしょう。

今回は、ペットボトルなどのプラスチックのリサイクルについてお話します。

プラスチック製ストロー廃止の背景にある、海洋プラスチック問題

2005年2月16日、先進国に温室効果ガスの削減を義務付ける「京都議定書」が発効されました。

それ以来、環境問題やリサイクルといったエコロジーへの意識が高まり、国や企業ではさまざまな取り組みが行われてきました。

先述の外食チェーンにおけるプラスチック製ストローの廃止が急激に広まってきたのは、「京都議定書」より10年以上たった2018年頃。

それは、背景にあるのが「海洋プラスチック問題」だからです。

海洋プラスティック

彩恵 / PIXTA(ピクスタ)

世界中の海には、毎年800万トン以上のプラスチックゴミが流れ出ているといわれています。

海に流れ出たプラスチックゴミは、細かく砕け、微小なプラスチック粒子である「マイクロプラスチック」へと変化。

海洋プラスティック

sunny / PIXTA(ピクスタ)

有害物質が付着しやすくなったこのマイクロプラスチックは、海洋生物へと影響を及ぼし、まわりまわって人間の健康にも被害をもたらしてしまいまうのです。

海へ流れるプラスチックゴミがこのまま増え続ければ、2050年までには魚の量よりも多くなることが予想されているんだとか。

しかし、日本におけるプラスチック容器のリサイクル率は46.6%(2016年実績)と、意外にも低い数字。

これ以上、海にプラスチックゴミが流れ出て生態系に悪影響を及ぼさないよう、日本人こそ、早急にプラスチックのリサイクルに取り組む必要があるのが現状です。

 

意外と知らない、ペットボトルの再商品化

一方、同じプラスチックでもペットボトルのリサイクル率は84.8%(2017年実績)。

海にゴミとして流れてしまうペットボトルは、ほとんどがポイ捨てなどによるものであり、家庭ゴミから出ているものはしっかりとリサイクルされているといわれています。

ペットボトルリサイクル

家庭から出るペットボトルのゴミは、本体、キャップ、ラベルと分別する必要がありますが、分別した後、どのような過程でリサイクルされるのかといったことまでは意外と知られていません。

市町村のペットボトル収集所に集まったペットボトルは、異物除去や粉砕といった工程を経て、事業者によって再商品化されることになります。

ペットボトルリサイクル

「カスケードリサイクル」という方法では、シートや繊維になり、食品用トレイ、下敷き、マウスパッド、フロアーマット、水切りごみ袋、スーツ、台所用洗剤ボトルや食品用パウチといった商品に利用されます。

「水平リサイクル」という方法では、飲料用ペットボトルとして再び同じ使い方がされます。ペットボトルからペットボトルへ、100%リサイクルすることができるんです!

ペットボトル

Rhetorica / PIXTA(ピクスタ)

このようにリサイクルの流れを知ると、家庭におけるペットボトルの分別も、いかに大事なのかがよくわかりますよね。

 

ニトリでは500mlペットボトル約100本を使ったカーペットを展開

ペットボトルの再商品化は、最近ではさらに進化していることが話題になっています。

ニトリでは、ペットボトルを原料にした再生ポリエステル綿を使用したカーペットやラグを製造していくことが今年のはじめに発表されました。

mvpda / PIXTA(ピクスタ)  ※写真はイメージです

ペットボトルを粒状に粉砕加工したPETペレットを原料にしたもので、500mlペットボトル約100本で6畳カーペットを1枚製造できるそう。

今後2019年度末までに、さらに取り扱いを拡大していくとしています。

また、アメリカで人気を博しているのが、サンフランシスコ発のブランド「ロシーズ Rothy’s」が手掛ける、ペットボトルを利用したリサイクルシューズ。

rachel / PIXTA(ピクスタ)  ※写真はイメージです

おしゃれさや履きやすさだけでなく、ペットボトルをリサイクルして作られた再生樹脂の繊維で作られているという点が、アメリカのキャリアウーマンから支持されているのだとか。

 

いかがでしたか?

深刻化するプラスチックによる海洋汚染は地球規模の問題。

しかし、ペットボトルをしっかり分別したり、リサイクル商品を使ったりと、ちょっとしたエコ意識を持つことで、改善できると思います。

皆さんも新年度をきっかけに、プラスチックやペットボトルを取り巻く問題に目を向けつつ、身近にできるリサイクルやエコ活動を始めてみてはいかがですか。